m2_ozehiuchigatakem2_fujisunrise_m








2015年07月02日

呉線沿線から瀬戸内の旅7-ワイルド朝日山登山(野性の鹿の群れ)

瀬戸内海を見下ろす朝日山にどうしても登りたかった。
調べてみると、きわめてワイルドな山。
倒れた竹があちこちで道をふさぎ、道迷いの危険性がある荒れた山。

安全のため、多少悔しくはあるけれど、敢えて車道を行くことで、実現。

朝日山登山口(車道用)へは、竹原駅から国道185号線を歩いて30分。
そこから山頂へは、さらに1時間30分の道のり。

車道とは名ばかりで、見かけた車は数えるほど。
地元の福山ナンバーが2、3台と、広島ナンバーが1台だけ。
この広島ナンバ―の青年は、明らかに観光目的で、山頂で挨拶を交わした。

それより何より、たくさん出会ったのは、野性の鹿。

1shika


















だめなんです。
あっ、鹿だー!!と思って写真を撮ろうとする瞬間には、
群れごと、逃げていくのです。だから、ちっとも撮れない。

かなり遠くへ逃げてしまった鹿が、こっちを見ているのを撮るのだから、
画質がきわめて悪い。

2shika


















草の中に、鹿が5頭?、見えますか?

大体、5、6頭が固まって一緒に行動しているようです。
鹿との遭遇は、この写真の人里を過ぎたあたりから始まりました。

3hitozato



















そこかしこで見かけたものの、人間が来るとわかると素早く逃げていく。

そうこうするうち、林道に入り、標高もだんだんと上がってきたので、
流石にここまでは来ないだろうと思ったら、突然、目の前を早足で横切ったり!

4asahitozando

























そんなこんなで、誰一人会うことのない淋しい林道のつづら折りを登り続けて、
ついに、朝日山山頂(454m)に到着!

5samcho



















6月22日(月)は曇り空でした。
瀬戸内海の絶景が目的ならば、登る日を間違えたかも。
でも、晴天だったら、暑くて往復4時間は、かなり堪えたに違いない。
そうでなくても、既に、両腕はサイクリング焼けして、焦げ茶色。

山頂からは、海と反対側に、広島空港が見えるはず。
何て言ったって、広島空港は広島市からはとんでもなく遠くて、
竹原からは、とても近いので・・・ (竹原→広島は、79kmほど離れています)

一方、海側には、かろうじて、薄っすらと、島々が見えました。
大崎上島と、契島(俗に「軍艦島」)が、見えています!

この写真では識別できないけれど、このつい2日前にサイクリングで行った
大崎上島の大西港や中国電力大崎発電所の白い縞縞の塔が見えたのは嬉しかった〜

6view





















さあ、下山開始です。
って、もちろん、同じ車道をピストンするのですが・・・

山頂の少し下に、「⇒ 下山」と書いた小さな標識を発見!

獣道ですらない、およそ道とは呼べない代物。
こんな荒れ放題の道に、標識なんか立てておかないでよ〜
心がぐら〜っと傾いて、ふと、そっちに入り込んじゃったら、怖いよ〜

7asahigezan


















帰り道でも、遭ったのは鹿だけ。

あ、ただ、ここで、ひとりだけ、犬の散歩の男性と会ったなあ。
ここには、史跡があるのですよ。
豊臣秀吉に献上するために、小早川氏が鉄を作っていた、たたら製鉄の跡が!!

これは是非見たかったのだけれど、200m ⇒ に従って入っていったら、
矢印が消え、淋しい山中で、道がわからなくなったので、怖くなって諦め。

8tataraseitetsu


















ワイルドな山。
それだけに、山をひとり占めできて、達成感はあったけれど、
やはり、麓の村に戻ったときには、正直、ほっとしたな。

今、登ったばかりの朝日山(一番奥)を振り返ります。
ずいぶんと遠くに鎮座しているように見え、よくあそこまで行ったなあと感激。

9tozandoiriguchi





















国道185号線に戻ります。
ここから、竹原駅まで、また30分の歩き。

1時間半に1本程度しか走っていないJR呉線が偶然にも通過。
広行きです。
呉に行くには、広で乗り換えるケースがほとんど?のようです。

広までは、大体? 2両編成で、広から先の呉や広島へはもっと長いような。

jrkureline



















最後までお読みいただき、ありがとうございます!
よろしければ、1日1回、下記のいずれかのバナーをクリックしていただけると、
励みになり、とっても嬉しいです☆

にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へにほんブログ村 子育てブログ 大学生以上の子へにほんブログ村 アウトドアブログ ハイキングへ  

Posted by MIKO at

2015年06月29日

呉線沿線から瀬戸内の旅5-黒滝山登山(絶景パノラマ)

乃木将軍も絶賛した瀬戸内海の絶景が得られる黒滝山に登りました。

6月21日(日)午後
忠海駅から徒歩20分ほどで黒滝山の登山道入口。
登山道へはまず、山の斜面にお墓が密集する誓念寺の墓地の中を登っていきます。

266mと標高では比べものにならないものの、門前より見上げる黒滝山は、
さながら四国の石鎚山を彷彿させます。

1kurotakisan



















午後から開始して簡単に登れて、瀬戸内海の絶景パノラマが楽しめるなんて、
こんな便利な山に登らない手はありません。
登山道に入ってからわずか30分ほどで山頂近くに着いてしまうのですから!

左から右へと、見えた順番に写真を上下に並べてみます。

左(尾道・高根島・生口島・多々羅大橋・しまなみ海道方面)

2takaneikuchitataraview
















真ん中(大三島・大久野島方面)

3viewkurotaki3


















右(大久野島・大崎上島方面・眼下に忠海の町)

4viewkurotaki



















右のさらに右(大崎上島・大崎下島・とびしま海道・安芸長浜方面)

5kurotakiview
















そして、山頂。

6summit


















真の山頂へは、石鎚神社の鳥居の右側の後ろから、
ほぼ直角に近い急な岩場を、鎖につかまって登らなければなりません。

足を掛ける場所が、ほとんどありません!
大変ですよ〜(汗)

7kurotakichain


















黒滝山には、33体の石仏や磨崖仏があります。
これが、その磨崖仏の一例。
光線がまともに当たってまぶしくて、うまく撮れませんでした。

8kurotakikannon



















この日、本当なら、黒滝山から白滝山へと縦走するつもりでした。
でも、息子に大事な使い走りを頼まれたので、早く帰ることになってしまい、
白滝山は次回のお楽しみとすることにしました。

白滝山にもたくさんの磨崖仏があるそうです。
ちなみに、白滝山は竹原市ではなく、三原市に属しています。


最後までお読みいただき、ありがとうございます!
よろしければ、1日1回、下記のいずれかのバナーをクリックしていただけると、
励みになり、とっても嬉しいです☆

にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へにほんブログ村 子育てブログ 大学生以上の子へにほんブログ村 アウトドアブログ ハイキングへ  
Posted by MIKO at