m2_ozehiuchigatakem2_fujisunrise_m








2016年05月17日

コスパ良過ぎの箱根の宿&大涌谷

アジアのお客様とのツアーは富士五湖から箱根へ。
箱根の超高級旅館に宿泊される皆様のアテンドをする自分は別の宿。
しばしば泊まる、小涌園系列のあるお宿に、今回もお世話になりました。

前菜、パスタ、ドリンク、デザートの夕食(1,600円相当)の夕食がついて、
焼きたてパン、コーヒー、紅茶、りんごジュースの朝食がついて、
温泉とサウナも満喫できて、たったの4,100円!!

トイレと洗面は共同、部屋も古いですが、文句は言えません!
国民宿舎かユースホステルのようなイメージです。

BBパンシオン_アンテパスタ夕食



















BBパンシオン_アンテパスタデザート

















4月23日から一部運行を再開した箱根ロープウェイに乗り、
桃源台と大涌谷の間をピストン。
大涌谷は相変わらずの火山活動のために、立入禁止ですが、
ロープウェイ駅の窓越しに写真を撮ることはできます。

大涌谷s

















最後までお読みいただき、ありがとうございます!
よろしければ、1日1回、下記のいずれかのバナーをクリックしていただけると、
励みになり、とっても嬉しいです☆

にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へにほんブログ村 子育てブログ 大学生以上の子へにほんブログ村 アウトドアブログ ハイキングへ  

Posted by MIKO at

2016年05月14日

富士芝桜まつり!

アジアのお客様と昨日は本栖湖の富士芝桜まつりに行ってきました〜
シバザクラでできた、ミニ富士。

富士芝桜祭_ミニ富士s























この日の富士山、大月から先ずっと文句なしの姿を見せてくれました。
この写真を撮った12時30分ごろを境に、富士五湖から見る富士山は、
下半分に少しずつガスがかかってきたので、自分たちはラッキーでした☆

富士芝桜祭_大小富士s























昼食はもちろん、ほうとう。
河口湖の「ほうとう不動」で、皆さん大満足の笑顔。

ほうとう不動にて2s

















最後までお読みいただき、ありがとうございます!
よろしければ、1日1回、下記のいずれかのバナーをクリックしていただけると、
励みになり、とっても嬉しいです☆

にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へにほんブログ村 子育てブログ 大学生以上の子へにほんブログ村 アウトドアブログ ハイキングへ  
Posted by MIKO at

2016年05月10日

小江戸川越下見(3)

小江戸川越下見の続き。蔵造りの町を歩く。
幾度となく大火や戦火の被害を受けた川越が、明治26年の大火を契機に、
そのとき焼け残った建物が蔵造り建築であったことにヒントを得て、
以後、優れた防火建築である蔵造り建築を広めることに。

新河岸川の舟運による江戸との商いで富を蓄えていた川越商人には
それを実現する財力があったようです。

市のシンボル「時の鐘」は耐震化工事で覆われていて見れませんでした。

御影石の歩道や大正ロマンただよう建築の並ぶ「大正浪漫夢通り」は、
平成の町再生によるもので、すべてが大正時代からあるわけではないそうです。

kuradukuri

















この日は5月5日、子供の日。
大正浪漫夢通りを飾る、鯉のぼり、鯉のぼり、鯉のぼり、・・・

koinobori


























最後までお読みいただき、ありがとうございます!
よろしければ、1日1回、下記のいずれかのバナーをクリックしていただけると、
励みになり、とっても嬉しいです☆

にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へにほんブログ村 子育てブログ 大学生以上の子へにほんブログ村 アウトドアブログ ハイキングへ  
Posted by MIKO at

2016年05月09日

小江戸川越下見(2)

小江戸川越下見の続き。

氷川神社 - 縁結び・安産の神様として、またパワースポットとして
人気があるようです。
人形(ひとがた)を境内の祓いの川に流して身を清めたり、
「一年安泰おみくじ」で鯛を釣ったり、たいそう賑わっていました〜

お菓子横町で、きなこ玉、きなこ棒、たんきり飴などの駄菓子と
子供の大好物の麩菓子を買いました(笑)

sakanaetc

















熊野神社の銭洗弁天では、生まれて初めて実際に「銭」を洗ってみました。
洗った「銭」は、使うのが何だかもったいない気がして・・・
きっと、お財布の別のポケットに入れたままになると思います。

下見と言いつつ、結構遊んでしまったわ。

zeniarai

























最後までお読みいただき、ありがとうございます!
よろしければ、1日1回、下記のいずれかのバナーをクリックしていただけると、
励みになり、とっても嬉しいです☆

にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へにほんブログ村 子育てブログ 大学生以上の子へにほんブログ村 アウトドアブログ ハイキングへ  
Posted by MIKO at

小江戸川越下見(1)

5月5日、子供の日は、小江戸川越の下見に。
国分寺発の西武鉄道「小江戸・川越フリークーポン」(1,100円)を利用。
発駅から本川越までの往復料金が割引とのことだけれど、
国分寺から本川越は普通でも片道370円なので、それだけでは意味がない。
主要観光箇所を結ぶイーグル巡回バス(1乗車200円)が乗り放題なので、
それに2回乗って初めて元が取れるというわけです。

小江戸川越パス















まずは川越大師の喜多院。
天台宗のお寺なので最澄(伝教大師)かと思いきや、慈恵大師とのこと。

なかなか見ごたえのあるお寺でした。
お庭がすばらしい。
部屋や展示内容の解説が興味深く、わかりやすい。
江戸城から移築された徳川家光誕生の間と春日局化粧の間が見られる。
五百羅漢像が見られる。
ただし、創建時から残る最古の建築は天海僧正による山門のみ。

家康の遺骨を久能山から日光に運ぶ途中、天海が喜多院で法要を行なったことから、
仙波東照宮が同じ敷地内にあります。

kitainetc


















最後までお読みいただき、ありがとうございます!
よろしければ、1日1回、下記のいずれかのバナーをクリックしていただけると、
励みになり、とっても嬉しいです☆

にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へにほんブログ村 子育てブログ 大学生以上の子へにほんブログ村 アウトドアブログ ハイキングへ  
Posted by MIKO at

2015年06月21日

親孝行ドライブ(地形・大洗海岸・東海村)

「こんな坂道を見ると、先に何があるのか、気になる。」と、息子。

6月12日(金)、水戸での出来事。
茨城大学キャンパスの裏から、ちょっと気になる坂を下りた瞬間、「あっ!」。
坂の下は、市街地とは別世界、いきなり低地が広がっています。

低地と市街地との間には、急峻な崖が続き、それによって、
二つの地区は、完全に分断された形になっているのです。

つまり、決して広くはない台地の上に、城を中心として市街地があり、
一方、崖下では、那珂川に沿うようにして低地農耕が行なわれているのです。

これはすごい発見でした。
地形や地勢地誌に興味のある、息子ならではの直観がもたらした発見でした。

親孝行のために息子がプレゼントしてくれたドライブですが、
息子と出かけると、いつも何かしら、新たな発見、学びがあります。

さて、水戸から大洗海岸へドライブ。

oarai2



















高い大波が打ち寄せては返す大洗サンビーチと違って、
ここ大洗海岸の方は、白亜期の地層の露岩が点在して景観美に富み、
岩に抱かれて静かです。

oarai


















太平洋を思いっきり実感した後、国営ひたち海浜公園を経て、
東海村にある、日本原子力発電株式会社(げんでん)の東海テラパークへ。
ただし、到着が入館時間にわずかな差で間に合わず、外観を見たのみ。

tokaimura_genden



















tokaimura_genden1



























最後までお読みいただき、ありがとうございます!
よろしければ、1日1回、下記のいずれかのバナーをクリックしていただけると、
励みになり、とっても嬉しいです☆

にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へにほんブログ村 子育てブログ 大学生以上の子へにほんブログ村 アウトドアブログ ハイキングへ  
Posted by MIKO at

2015年06月20日

水戸弘道館の梅の実落とし

6月12日(金)、弘道館の梅林で、落とした梅の実を集める地元の人たち。

kodokan_plum


















ほら、こんな風に、梅がぎっしり詰まったバケツが沢山!

水戸と聞いて連想するもの、ベスト3。
1. 梅   2. 水戸黄門   3. 納豆

それくらいに「梅」は、水戸の象徴的存在です。

木から落ちたばかりの、青々とした梅!!

kodokan_plum1


















再び、弘道館の建築ですが、
幕末維新の弘道館の戦いで戦火を免れた、正門(重要文化財)。

kodokan
















梅林に落ちていた梅をいくつか拾ってきました。
しばらく放っておいたので、枇杷のような色になってしまいました。

その実を、はるばる瀬戸内海まで持ってきて、オヤツに食べた私・・・

後で知ったことですが、私が弘道館を訪れた翌日が正式な実落とし行事で、
落とされた実は、偕楽園で販売されていたのですね〜

販売のためとは知らず、拾って食した自分は、ドロボー同然でした(汗)

kodokan_plum2



















最後までお読みいただき、ありがとうございます!
よろしければ、1日1回、下記のいずれかのバナーをクリックしていただけると、
励みになり、とっても嬉しいです☆

にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へにほんブログ村 子育てブログ 大学生以上の子へにほんブログ村 アウトドアブログ ハイキングへ  
Posted by MIKO at