m2_ozehiuchigatakem2_fujisunrise_m








2014年02月18日

雪山の高尾山+新リセット勉強記録(8)

関東地方の記録的な大雪が、高尾山を雪山に!
この機会を逃したら、次はいつ、こんな近くで雪山体験できるかわからない。
日曜日に寝坊してしまったので、今度は目覚ましを合わせて早めに就寝。

2014年2月17日(月)
10時頃、高尾山口に到着。装備を整え、稲荷山登山口からいざ出発。

前日の高尾山ビジターセンターのサイトに、
「16日現在の高尾山山頂の積雪は約1メートルです。
全ての自然研究路に積雪があります。体力に自信の無い方は登山をお控えください。
アイゼンなどの滑り止めと冬山の装備で安全面に十分ご配慮願います。」
と書いてあったので、内心ドキドキ。

稲荷山コース登山口

1inariyama


















階段も、木の根っこも、岩の塊りも、みんな雪に埋もれてしまって、
いつもの登山道とはまるで別もの。

稲荷山コースの尾根道の中で最も痩せた部分。
右も左も、崖のような急斜面へと切れ落ちています。

2inariyama

























幸い他の登山者によって道が踏み固められていたので、楽!!
かき氷か、シャーベットみたいに、サクサクする感じが楽しい☆

アイゼン歩行の練習ならば、入笠山よりも高尾山の方がよほど良かった。
あんな遠くまで行かなくても。

3inariyama


















稲荷山コースの山頂直下の急な階段が、ただの急坂に。

写真ではさほど急に見えないけれど、そして階段よりは確かに楽だけれど、
ここを下りることを考ると、若干の不安がよぎる。

4inariyama


















坂を上りきると、そこが山頂の広場。
正午過ぎて、やや霞んではいるけれど、富士山も丹沢も道志も見える。

5itakaofuji


















二等三角点の印は、この通りの雪で、埋もれて見えない。

6takaozan


















山頂でおやつを食べると、すぐに下山開始。

先ほど登ってきた、急階段が雪の坂になっている場所、
下りることに一抹の不安を感じた例の場所に差しかかる。

と、そのとき、行く手に私をじっと見つめるものが。
一瞬目を疑ったが、それは確かに、タヌキだった。

写真を撮ろうと、慌ててiPhoneを取り出したときには、
タヌキは歩き始めていた。

木立の中に消えていくタヌキの姿が、かろうじて撮れた。

7tanuki


















新リセット勉強記録(8)
2014年2月16日(日)

数学
『東進ブックス 数学2B一問一答』 三角不等式

地学
『中経出版 即効 地学I でるとこだけ!』 大気
化学
『東進ブックス 岡野の化学をはじめからていねいに』 化学結合
生物
『東進ブックス 田部の生物基礎をはじめからていねいに』 植生と遷移

古文
『三省堂 平家物語』


日本ブログ村ランキングの下記のカテゴリーに参加しています。

にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へにほんブログ村 アウトドアブログ ハイキングへにほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ  

Posted by MIKO at

2014年02月16日

多摩の雪景色(2)+新リセット勉強記録(7)

2月15日(土)、飛騨平湯方面行きのバスが全便運休。
先週に引き続き、またもや雪山登山の「お楽しみ」が消えてしまった。
宿の食事や温泉も楽しみだったのに・・・

その代わりに多大な時間を獲得したわけだけれど、
あんまりにもがっかりしたので、しばらくは茫然と過ごしてしまった。
仕事に、勉強に、やることはいくらでもあるのに。

一方、今日は、代替案として高尾山に行こうと思って
準備して寝たにも関わらず、大幅に寝坊してしまった。
遅くまで勉強していたのがいけなかった。

午後からの開始では無謀過ぎる。
稲荷山コース、無雪期で、徒歩往復3時間弱。
雪で余計に時間がかかることを想定すると、下山時には暗い。
今日の日の入りは、17:23。
ちなみに、ケーブルもリフトも運休。

snow20140214
























多摩の雪は深い(2月14日 夕方)。
童心に返って、しばし家の周りで雪道を楽しんだのであった。

その気になれば、電車に乗らずとも、
軽アイゼン練習の出来る里山はそこそこあるが、
こんなところでアイゼンだのストックだの装備を取り出すのも気恥かしい。
長靴で十分だ。
その中途半端さゆえに、かえって悩む。
いっそ、今からでも行けるか?

tamasnow1



















新リセット勉強記録(7)
2014年2月15日(土)

数学
『東進ブックス 数学2B一問一答』 対数

地学
『中経出版 即効 地学I でるとこだけ!』 大気
化学
『東進ブックス 岡野の化学をはじめからていねいに』 化学結合
物理
『東進ブックス 橋元の物理をはじめからていねいに』 運動方程式
生物
『東進ブックス 田部の生物基礎をはじめからていねいに』 植生

古文
『三省堂 平家物語』

地理
『山川 30日スピードマスター地理』 世界の農牧業

歴史ドラマ(オンデマンド)
大河ドラマ 『北条時宗 総集編1、2』
古代史歴史スペシャル 『大仏開眼 前半』


日本ブログ村ランキングの下記のカテゴリーに参加しています。

にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へにほんブログ村 アウトドアブログ ハイキングへにほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ  
Posted by MIKO at

2014年02月11日

入笠山 - 360度のパノラマ + 新リセット勉強記録(6)

建国記念日、軽アイゼン・デビューの第2弾、長野県は入笠山。

雪が深すぎて、正直言ってアイゼンの装着甲斐は感じられませんでした。
とにかく、とにかく、ズブズブと雪の中にはまってしまうのです。
酷いときは膝上まで雪に浸かるほど深い穴を自ら作ってしまって落ちました(笑)

こんなところは、スノーシューでパフパフ歩いた方が良いみたい☆
アイゼンは凍結した道でこそ有難味が感じられると思いました。

それはともかくとして。
南アルプス、中央アルプス、北アルプス、八ヶ岳の
360度の展望を楽しめた入笠山でした。

まずは、ロープウェイから八ヶ岳の眺め。

nyugasaropeway


















入笠山山頂。
背景は中央アルプス。

nyugasachuoalps


















中央アルプスから稜線をずーっと右へたどると、彼方に北アルプス。

nyugasakitaalps


















反対側は南アルプス。

nyugasaminamialps


















そして、真ん前にどんと構えるのが、八ヶ岳。

nyugasayatsugatake


















新リセット勉強記録(6)
2月10日(月)

数学
『合格る計算 数1A・2B』平方根の練習
古文
『三省堂 平家物語』
読書
『源頼朝』(吉川英治 講談社吉川英治文庫)

読書 2月11日(火)
『新・平家物語 1』(吉川英治 新潮文庫)

朝、登山のリュックサックに入れたはずの本が入っていなかった!
しかたなく駅のキヨスクで『新・平家物語』を購入。
ところが、これがおもしろいの何のって。

家に帰ると、朝入れたはずの本が玄関に落ちていました(汗)


日本ブログ村ランキングの下記のカテゴリーに参加しています。

にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へにほんブログ村 アウトドアブログ ハイキングへにほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ  
Posted by MIKO at

2014年02月09日

多摩の雪景色 + 新リセット勉強記録(5)

2月8日(土)夕方、多摩は我が家の横の雪景色 その1

umgebung1

















その2
umgebung2


















この日は、雪のせいで鎌倉ハイキングがなくなって、くさっていた。
そこで、家のまわりで雪道の練習でもするしかない!と思って外に出た。

と、そのとき電話が。
9日(日)の雪山登山中止のお知らせ。
ガ〜ン、・・・・・ 2日連続で週末の「お楽しみ」が消えた!

な、なんでも、中央道の除雪作業が追いつかず、目標の山に行けないとのこと。
ますます、くさった。

家に帰ると、週末にも関わらず、仕事のメールが来ていた。
勢いで、取引先への返事に、雪景色の画像を添付した。

すると先方からも画像が届いた。
ドイツは今年は雪が少ないそうで、取引先の居住地では皆無とのこと。
そこで、添付されていたのは昨年の画像だった。

飼い猫(オス)に、雪のオス猫を「友だちだよ」と紹介する場面(笑)

germany13





















週末の「お楽しみ」が2つとも消えて、淋しく、むなしい今、
次なる「お楽しみ」を求めてネットサーフィンし過ぎて、頭痛がする。


新リセット勉強記録(5)
2月6日(木)、2月7日(金)

数学
『東進ブックス 数学2B一問一答』 三角関数
化学
『東進ブックス 岡野の化学をはじめからていねいに(理論化学編)』
古文
『三省堂 平家物語』
読書
『街道を行く 三浦半島記』(司馬遼太郎 朝日文庫)
『源頼朝』(吉川英治 講談社吉川英治文庫)


日本ブログ村ランキングの下記のカテゴリーに参加しています。

にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へにほんブログ村 アウトドアブログ ハイキングへにほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ  
Posted by MIKO at

2014年01月31日

今なぜ化学か?新リセット勉強記録(4)

化学なんて、
The last thing I will ever do ...
って思っていたのに、

なんで急に思い立って?
それはこうです。

センター地学で痛い目に合った後、気を取り直して再び机に向かったところ、
やっぱりまた例の、嫌な言葉に出会ってしまった。

「大気は、高さ80km以上では電離しており、・・・」

電離、電離、電離層、・・・
今までは何のことかわからなくても棒暗記するしかないと思っていた。

塩基性岩、超塩基性岩、・・・・・ 塩基性って?!
大気の条件つき不安定??

何、それ! やっぱり、どうしてもわからない!

意味不明なこと、覚えられる?
仮に無理矢理暗記したとして、それが何の役に立つ?

センターで5点か10点余分に取ることに、何の意味がある?
(受験生の方には意味があり過ぎです! ごめんなさい!)

意味不明なこと詰め込んで、何がおもしろい?
要は地球で起きている現象に興味を持ち、それを少しでも多く理解し、
暮らしに役立てることが、本来の目的であるはず。

本末転倒の勉強をしていました。
軌道修正です。

地学の中の化学の内容がわからなければ、化学をやってみればよい。
ほんのさわりだけでも良いのだから。

原子って? あるいは電子やイオンといった日常的に聞く言葉ですら、
何のことだかわかっていない。

わからない用語に躓いて、毎年のように地学の振り出しに戻って、
悩んでいるくらいなら、化学をやってみる方が良い。
遠回りに見えるけれど、急がば廻れですね。
それに、そもそも急ぐ必要はないのだし。

ということです。

chemie



















新リセット勉強記録(4)
1月30日(木)

数学
『シグマベスト 合格る計算 数学1A・2B』 素因数分解
『東進ブックス 数学2B一問一答』 三角関数(弧度法、一般角、相互関係)
場合の数(順列)

物理
『東進ブックス 橋元の物理をはじめからていねいに(力学編)』
加速度

化学
『東進ブックス 岡野の化学をはじめからていねいに(理論化学編)』
原子の周期表

古文
『三省堂 平家物語』

読書
『講談社吉川英治文庫 源頼朝』


日本ブログ村ランキングの下記のカテゴリーに参加しています。

にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へにほんブログ村 アウトドアブログ ハイキングへにほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ  
Posted by MIKO at

2014年01月30日

化学デビュー! 新リセット勉強記録(3)

今日は息子のおつかいで早稲田大学正門に。
用事は10分で終わり、立ち寄り記念に大隈講堂を撮る。

土佐塾中学の1月入試以来十数年ぶりの訪問。
なのに、明日また来なければいけない。
息子の秘書役は忙しい。

wasedaokuma


















それでなくても母は、ふたつの仕事で忙しい。
しかし本格的に忙しくなる春シーズンまでは自由時間が持てそう。

そこで、この貴重な時間を最大限に活かしたくて居ても立ってもいられず、
先日本屋さんに行ってきました。

色々買ってきた中で、まずは化学の『はじてい』について。
正式には『岡野の化学をはじめからていねいに(理論化学編)』。

同シリーズの『橋元の物理をはじめからていねいに(力学編)』を
3分の2ほど手をつけた結果、『はじてい』ならば化学だってやれるかもと、
購入を決めました。

hajiteisciphy


















化学は文字通り「はじめて」です。
センター試験という足かせがなくなった今、
理科は何にしようか? 地学? 物理? といった悩みが消えました。

点数を気にしたり、センター試験の傾向に合わせたり、
そうゆうことがなくなれば、学ぶことの本来あるべき姿に戻って、
科目の境界にとらわれず伸び伸びとやりたいことをやれば良いのだわ、
という結論に達しました。

新リセット勉強記録(3)
1月29日(水)

数学
『シグマベスト 合格る計算 数学1A・2B』暗算、約数

物理
『東進ブックス 橋元の物理をはじめからていねいに(力学編)』2周目
『シグマベスト シグマ基本問題集 物理1』変位・速度 2周目
化学
『東進ブックス 岡野の化学をはじめからていねいに(理論化学編)』
原子の構造

地理
『山川 読んでわかる!地理(上)』気候
『山川 30日完成スピードマスター地理』2周目
日本史
『山川 ナビゲーター日本史1』鎌倉時代 2周目
『山川 30日完成スピードマスター日本史』2周目

古文
『三省堂 平家物語』
『旺文社 方丈記』

読書
『講談社吉川英治文庫 源頼朝』


日本ブログ村ランキングの下記のカテゴリーに参加しています。

にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へにほんブログ村 アウトドアブログ ハイキングへにほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ  
Posted by MIKO at

2014年01月28日

磁北線を引いてみた☆ + 新リセット勉強記録(2)  

地形図の読図机上講習に参加。
 1) 地形図から目指す土地の地形を立体的にイメージする練習
 2) 磁北線を地形図上に引いてみる作業
 3) コンパスの使用法の基礎

このうち、磁北線を引く作業について。
国土地理院の25,000分の1の地形図の左下「地形図の基準」を見る。
その7番「磁針方位は西傾約 6°40′」に注目。

コンパスの針の指す北が地図の真北から西に何度傾いているかの情報です。
この情報に基づいて、予め地形図上に磁北線を引いておかないと、コンパスを
持つ意味がないということ。

ct読図机上1




















角度がわかったところで、実際に磁北線を引いてみます。
簡単なのは分度器の使用、あるいは地形図に特化した三角関数表の利用。

この地形図は、1番に書かれているように「世界測地系」に拠っているので、
三角関数表の6°40′を右にたどって「世界測地系」の列で距離(cm)を見る。

一本引いたら、後は4cmごとに引いていくと良い。
なぜなら4cmは、25,000分の1の地図上では1kmを意味するので、実用的。

ct読図机上3



















新リセット勉強記録(2)
1月27日(月)

数学
『東進ブックス 数学1A 一問一答』

地学
『旺文社 必修サブノート地学1』
物理
『シグマベスト 基本問題集 物理1』
『東進ブックス 橋元の物理をはじめからていねいに(力学編)』

地理
『山川 読んでわかる!地理(上)』
『山川 30日完成スピードマスター地理問題集』
日本史
『山川 ナビゲーター日本史B』
『山川 30日完成スピードマスター日本史問題集』

古典
『三省堂 平家物語』

読書
『源頼朝』(吉川英治)


日本ブログ村ランキングの下記のカテゴリーに参加しています。

にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へにほんブログ村 アウトドアブログ ハイキングへにほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ
  
Posted by MIKO at