m2_ozehiuchigatakem2_fujisunrise_m








2014年01月24日

センター試験終わり、雪山入門(三ツ峠山)

「そうゆうのを冬山と言いませんよ(微笑)。冬山とは・・・」
「ああ、わかってます。槍が岳とか谷川岳とか、・・・を言うのですよね?」

「冬の山行き」に挑戦するために、昨秋、机上講座に参加し、
その帰り道、山用品店を見て歩いたときの店員さんとの会話です。

冬山とは呼ばない「雪山」入門レベルの三ツ峠山(1,785m)。
そのために購入した、アイゼン装着可能な靴、そして軽アイゼン(6爪)。

yukiyama


















センター試験の翌日、
雪山デビューとなる三ツ峠山を前にして、
センター終了まで封印してあった靴と軽アイゼンを取り出しました。

まずは靴に慣れるためのウォーキング。
アスファルトだと靴底が早く減るので自然の道で試すのが良いと聞きました。
そこで、家の近くの里山で実施。

satoyama0


















靴慣らしのための強制ウォーキングとは言え、
試験勉強とパソコンの仕事で運動不足になっていた体にほどよい刺激が!
頭もすーっとして気分転換になりました。

綿菓子の雲が浮かぶ青空に、前日のセンター数学で受けた心の傷が
不思議なくらいに癒されました。
畑に植わっている何でもない普通の白菜や大根までが目に新鮮でした。

あの位の失敗ではめげない、気持ちを切り替えて出直そうと思いました。

satoyama2


















その夜は、床に段ボールを敷き、アイゼンの調整と着脱練習。

そして、いよいよ三ツ峠山に登る日が来ました。
もちろん、ツアー、それも入門者向けの特別クラスです。
山岳ガイドさん2名、添乗員さん1名で、16名の参加者を見てくださいました。
恵まれています!

途中、中央道からも河口湖からも富士山の眺めが完璧でした。
ところが、富士山の最高の展望台と言われる肝心の三ツ峠山に登ると、
冬にしては暖かい日和だったせいか、その半分以上が隠れていました。

frommitsutogeyama


















標高差555mを2時間ほど登って山頂に着きました!
初めての軽アイゼン体験は快適でした♪
氷や雪に爪がザクッとめり込む感触が心地良かったです。

アイゼンが大地をしっかり掴んでくれるので、
落ち葉で覆われた坂よりは、はるかに安全かつ楽に下りられました。

frommitsutogeyama2


















日本ブログ村ランキングの下記のカテゴリーに参加しています。

にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へにほんブログ村 アウトドアブログ ハイキングへにほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ  

Posted by MIKO at

2013年11月09日

日本三大奇勝の妙義山に登る

「えーっ?! あんなゴツゴツした山、登れるもんなんですか〜?!」
「遭難多いって聞いてるけど、大丈夫?!?」

「妙義山に登る!」と言ったときの、人々の反応です。

日本三大奇勝のひとつで、かつ日本二百名山の妙義山。
群馬県の下仁田町・富岡市・安中市の境に聳えるギザギザの奇怪な山は、
赤城山、榛名山(榛名富士)と並んで、上毛三山に数えられています。

妙義山と聞いて誰もが思い浮かべるのは、その難易度。
確かに、表妙義の縦走路は並はずれて危険で、滑落死亡事故多発地帯。
その難易度たるや、初・中・上級の分類外の、最上級に分類されています。

そんなところに登山歴6ヶ月、初・中級レベルの自分が登るはずがありません。
あそこはロッククライミングの熟達者を除き、一般登山者には無縁な場所。

そんなギザギザ山にあって、唯一、誰でも登れるルートがあります。
「中間道」と呼ばれるものです。

11月7日、妙義神社直下の駐車場から見上げる妙義山。
午前中、弱い雨が降っていて、さながら水墨画のよう。

1myogi


















まずは妙義神社に参拝します。
古めかしい階段を上りつめたところに、それはあります。

2myogi

























壮麗な権現造の社殿。

3myogi


















権現造と言うからには、一度、横から眺めてみましょう。
拝殿と本殿が一体化され、その二つの屋根の間に、
石の間と呼ばれる一段と低い建物があります。

久能山東照宮がその発祥の地で、特に有名なのは日光東照宮。
つまりは江戸時代初期に起源を持つ、神道では比較的新しい建築様式です。

12myogi


















登山道は神社の左側から始まります。

前夜から降り続いている弱雨のせいで、道がぬかるんでいました。
急な登りや、アップダウンもあります。

第一見晴、第二見晴、共に、見晴らしゼロ。

登り始めて1時間20分ほどすると、「本読みの僧」がありました。
人間と同じくらいの大きさを想像していたので、小さくてびっくりしました。

4myogi

























12:25 登山開始後1時間45分ほどで東屋に到着。

雨がやんだので、東屋の外の岩に腰掛けてお弁当を食べました。
食べ終わった頃、徐々に見晴らしが良くなってきました。

13:00 東屋を出発

5myogi


















14:10 第四石門に到着

簡単に書いていますが、
ここへ来るまでには、注意を要する箇所がいくつもありました。
落ち葉でおおわれた路肩が崩れ落ちている狭いトラバース。
濡れて滑りやすい岩の間の下り。

長い鉄梯子も登りました。
落石で破壊した古い鉄梯子の残骸が残っている場所も通り過ぎました。
超・超・巨大な岩が覆いかぶさる真下を体を屈めてくぐり抜けました。

第四石門の間に、うっすらと大砲岩が見えています。

6myogi


















14:25 見晴台
本来ならば、岩場に紅葉の映える最高の眺めが期待できる場所ですが、
展望はゼロ。

見晴台は落ちたら絶対に助からない場所なので、柵で守られていました。
視界がゼロなので、しかたなく、直ぐ下にあった祠の写真を撮ってきました。

7myogi


















見晴台のすぐ下に、狂い咲き?のツツジ?がありました。
紅葉した葉っぱの間に、濃いピンクの花を咲かせていました。

8myogi


















14:55 中ノ岳神社に到着。下山終了。

それにしても、中ノ岳神社の社は、超巨大な岩の真下にあって、
岩の形に沿うように屋根があります。

地殻変動でこの岩がちょっとでもずれたら神社は丸つぶれです。
すごいなあ。

9myogi



























15:00 中ノ岳神社下の駐車場に着いたとき、太陽が燦々と輝き始めました。
あのギザギザ山の間を縫うように設けられた中間道を歩いたのでした。

横の広がりが大きくて、広角レンズでないと収めきれないので、
3枚の写真を、左から右へ順につなげてみます。

14myogi


















10myogi


















13myogi


















そして、真ん中あたりを、ちょっと拡大してみます。
滑落死亡事故多発の岩場がたくさんそそり立っています。

11myogi


















日本ブログ村ランキングに参加しています。
読んでみて、良かったな、参考になったな、と思われたら、
1日1票、下のいずれかのバナーをクリックして、
応援してくださいね m(_ _)m

にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へにほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へにほんブログ村 アウトドアブログ ハイキングへ  
Posted by MIKO at