m2_ozehiuchigatakem2_fujisunrise_m








2013年07月25日

尾瀬で見つけた花+裏磐梯雄国沼の花

尾瀬は一人旅で、2日間に及んだのに対して、
裏磐梯は日帰りハイキングツアー参加で、時間も自由度も限られていたため、
あまり写真が撮れていません!

いずれも調べきれていないので、
間違っていたらごめんなさい

マタタビを追加しました〜♪ (7/26)


尾瀬で見つけた花(2013年7月20日、21日)

アズマシャクナゲ                イブキトラノオ??
アズマシャクナゲイブキトラノオ









オゼタイゲキ                   カキツバタ
オゼタイゲキカキツバタ









キンコウカ                    クモマニガナ
キンコウカクモマニガナ









クルマユリ                    コオニユリ
クルマユリコオニユリ









コバギボウシ                  サケバサワヒヨドリ
コバギボウシサケバサワヒヨドリ









サワヒヨドリ                   サワラン
サワヒヨドリサワラン









ショウキラン(見晴から沼尻への途中)   チングルマの穂(綿毛)
ショウキランチングルマの穂









ドクゼリ                      ニッコウキスゲ
ドクゼリニッコウキスゲ









ノアザミ                      ノビネチドリ?
ノアザミノビネチドリ2









ノリウツギ?                    バイケイソウ
ノリウツギバイケイソウ









ヒツジグサ(花が黄色ならオゼコウホネ)   ヒメサユリ(尾瀬沼長蔵小屋前)
ヒツジグサヒメサユリ









ミズチドリ                     モミジカラマツ
ミズチドリモミジカラマツ









ヤマオダマキ                   ワタスゲ
ヤマオダマキワタスゲ









マタタビ(一之瀬休憩所手前の三平橋左)
マタマビマタタビ3









葉の一部が白くなっているのでマタタビだとわかるのですが、
そのうち何枚かの葉は、美しいピンク色なのです!!

ネコが喜ぶはず♪



裏磐梯雄国沼で見つけた花(2013年7月10日)

カキツバタ                    キツリフネソウ?
カキツバタaキツリフネソウ









サワラン                      サワラン
サワランaサワランa2









ジョウシュウアズマギク?            ニッコウキスゲ
ジョウシュウアズマギクニッコウキスゲa









ノアザミ
ノアザミaニッコウキスゲuo











ヤマケイポケットガイド『山の花』


にほんブログ村 受験ブログ 受験生の親へにほんブログ村 アウトドアブログ ハイキングへにほんブログ村 教育ブログ 在宅学習・通信教育へ  

Posted by MIKO at

2013年07月12日

会津磐梯山〜裏磐梯雄国沼のニッコウキスゲ

7月10日(水)、福島県の裏磐梯雄国沼へハイキング♪

アクセスがきわめて悪い場所なので、ハイキングツアーに参加しました。
新幹線と路線バスとタクシーを乗り継いだら高額になるし、日帰りは無理に近いので、
家の近隣から貸切バスで行けて、お弁当までつくツアーは、コスパ的に優れモノ。

朝7時、集まった人の数、何と80名!
バス2台口での催行でした。

参加者のほとんどが高齢者。
ぎりぎり自分も含めてのことですが、団塊世代の登山熱には驚かされます。

7月上旬までニッコウキスゲの群落が見られるというのが目玉でした。
もうだいぶ終わりかけでしたが、それでもまだまだ見られました〜!

1_okuninuma_nikkokisuge


















中央自動車道が渋滞して、都心へ出るだけでもすでに1時間半。
結局、裏磐梯まで6時間もかかってしまいました。

こんなことなら新宿発のツアーにすれば良かったかな。
長野方面へ行くなら八王子発の方が良いに決まっているけれど。

雄子沢パーキングの斜め向かいから、ハイキング(登山道)が始まります。

2_bandaiasahi


















のっけから登り坂。
木の根っこが張り出し、岩がゴロゴロして、足元が悪いです。

3.3kmほど、アップダウンを繰り返しながら、登っていきます。

3_trail


















3.3kmで休憩舎に到着。
そこからさらに余力を使って、金沢峠の展望台まで行きます。

峠からは雄国沼だけでなく、遠く左手前方に桧原湖も見えましたもんね!
  ↓↓
4_okuninuma


















それだけでなく、反対側の眺めも雄大でした。
方角的に、下の方に広がっているのは、会津若松ではなくて喜多方だと思います。
ラーメンで有名な、喜多方!
違うかな?

view_kanazawapass


















展望台の後、すぐ脇から始まる長い階段で、沼まで下ります。

ニッコウキスゲの群落

5_nikkokisuge


















ニッコウキスゲ

6_nikkokisuge


















自然のままの雄国沼の風景

裏磐梯にある沢山の湖沼は、1888年の会津磐梯山噴火によって出来たそうです。
噴火はいくつかの村を呑み込み、477名の犠牲者を出した・・・・・
美しい自然と過酷な自然は、隣り合わせなのです。

ところで、1888年と言うことは、戊辰戦争のときにはまったく違う景色だったわけで・・
会津の人たちが想像すらしなかった景色を、21世紀の私たちが観光している。
そう考えると不思議な気持ちになります。

7_okuninuma


















こちらは、磐梯山(表)

8_bandaisan


















下の写真は、今年の2月に会津に行ったときの磐梯山

あのときは、本当に雪が深かった!
雪の会津を長靴で歩き回ったのでした。

よろしければ、今年2月の記事(写真とレポート)も見てくださいね!

会津だより1 (白虎隊、西郷頼母、近藤勇)
会津だより2 (鶴ヶ城、会津藩校日新館、他)

9_bandaisan


















にほんブログ村 受験ブログ 受験生の親へにほんブログ村 アウトドアブログ ハイキングへにほんブログ村 教育ブログ 在宅学習・通信教育へ  
Posted by MIKO at