m2_ozehiuchigatakem2_fujisunrise_m








2014年02月24日

鎌倉六国見山源氏山大仏ハイキング

週末は長瀞アルプスに行く予定だったのが、長瀞観光協会に電話すると、
積雪1mで入山者も少なく二次災害もあり得るから登山は控えて欲しいとのこと。

そこで鎌倉ハイキングに変更。
開始地点はJR北鎌倉の円覚寺です。

鎌倉五山の第二位、円覚寺(臨済宗)
開基は北条時宗、開山は無学祖元

ちなみに先週大河ドラマ『北条時宗』総集編を見たばかり。

1engakuji


















円覚寺の背後にある六国見山(147m)を目指します。
六国とは、相模、武蔵、安房、上総、下総、伊豆のこと。

あっという間に山頂ですが、途中の道は雪が残っていてぐちゃぐちゃ。
山頂からの眺めは、なかなかなものでした。

2rokkokukenzan


















六国見山から明月院に下り、建長寺の手前で線路を横断。
次の目的地は源氏山ですが、それにはまず葛原岡を通ります。

後醍醐天皇の建武の新政に参加し、後に捕えられて、
ここ葛原岡で斬首された日野俊基をまつった葛原岡神社です。

日野俊基の辞世の句
「秋を待たで葛原岡に消える身の露のうらみや世に残るらん」

5kuzuharaoka


















葛原岡からの眺め

6kuzuharaoka


















さあ、源氏山へ。
山頂の少し手前の源氏山公園に、源頼朝の像。

ちょうど今、吉川英治の『源頼朝』2巻を読んでいます。

7genjiyamayoritomo


















公園から少し登って、源氏山山頂(93m)からの眺め。

八幡太郎源義家は、後三年の役で奥州に出陣するとき、
ここで源氏の白旗を立てて、戦勝を祈ったと言われています。

部分的にまだ雪が残っています。

8genjiyamasummit


















源氏山公園のすぐ下にある、化粧坂(けわいざか)。
鎌倉の中心と武蔵国国府(府中)を結ぶ道の接点で化粧坂切通しがある。
初めてその地名が現れるのは『吾妻鏡』。

地名の由来として様々な説があるようです。
戦場ともなったこの場所に夜な夜な立って手招きする遊女がいたという説。
都に入るために身だしなみを整えた(化粧)場所であるという説、等々。

新田義貞の鎌倉攻めでは、この化粧坂で激戦となり、
4日かけてもここを突破できず。さすが難攻不落の天然の要塞鎌倉。
諦めた新田軍は、稲村ケ崎から攻めたと言われています。

9keshozaka


















この後、残雪でぬかるんだ山道を、登ったり下りたりして、
最後に大仏の裏山を下りて、自動車道のトンネルの手前に出て、
後は長谷から鎌倉駅までウォーキングしました。


日本ブログ村ランキングの下記のカテゴリーに参加しています。

にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へにほんブログ村 アウトドアブログ ハイキングへにほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ  

Posted by MIKO at

2014年01月26日

金沢文庫から鎌倉へハイキング + 新リセット勉強記録(1)

年をとると、遠くよりはむしろ近くを知りたいと思うようになるのは
自分だけでしょうか。

若い頃は西洋にかぶれて、仕事、プライベートを問わず、
頻繁に西洋に出かけた自分が、30代後半からは東洋に目が向き、
その後、子育てを経て、今ではただひとえに日本、それも
自分の近隣の地域に心が傾いています。

近くにまだまだ知らないところが山ほどある!
暢気に座っている暇はない!
そんな逸る気持ちでもって先日三浦半島の付け根に行ってきました。

京急の金沢文庫から能見堂緑地の六国峠ハイキングコースを歩き、
釜利谷市民の森、金沢自然公園へと、ひたすら歩きます。

横浜市最高峰の大丸山(159m)山頂
ここへ着くまでには、ひょうたん池の湿地帯で沢山の木道を渡りました。

omaruyama























東京湾の浦賀水道越しに房総半島がよく見えます☆

viewomaruyama


















横浜にこんな豊富な自然があることを知ったのは収穫でした。
崖の上に続く緑の森は、開発し尽くされた平野部とはまるで別世界。

横浜自然観察の森を過ぎたあたりから鎌倉市との境目に入り、
鎌倉霊園の脇を通っていきます。

写真は、朝比奈切り通し。
鎌倉と金沢を結ぶこの道は、鎌倉武将が「いざ鎌倉」と馳せ参じただけでなく、
塩を運ぶルートとして商人も往来していたそうです。

asahinakiridoshi



















鬱蒼とした森の中をハイキングコースが続きます。

kkhiking



















出発してから約5時間後、森を抜け、故・平山郁夫画伯の邸宅前を通り、
源頼朝の墓所に。

yoritomo1


















頼朝の墓。

yoritomo2


















民家の庭に咲くロウバイに少しばかり早めの春の気配を感じた、
歩いていると汗ばむような、暖かいのどかな日でした。

robai


















新リセット勉強記録(1)
1月23日(木)、24日(金)

数学
数学検定がどんなものか、手始めに準二級(高1 数1A程度)の一次の
過去問をやってみました。
センター試験のような癖のある問題はありません。
素直で、やったことが報われる問題だと感じました。

地理
『山川 読んでわかる!地理(上)』
『山川 30日完成スピードマスター地理』


日本ブログ村ランキングの下記のカテゴリーに参加しています。

にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へにほんブログ村 アウトドアブログ ハイキングへにほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ  
Posted by MIKO at

2013年02月03日

修善寺物語(写真アルバム)

伊豆修善寺温泉、桂川沿いの小路。 桂橋と竹林。

katsuragawa


















戯曲『修禅寺物語』を書いた岡本綺堂。

okamotokido









『修善寺物語』については、拙ブログの1つ前の記事『修善寺物語』(あらすじ)
是非ご覧くださいね!!


虎渓橋の前、修禅寺の山門。

shuzenji


















源頼家が入浴中を襲われたと言い伝えられる
箱湯を模した「筥湯」が虎渓橋の袂にあります。

hakoyu





















頼家の墓。

yoriie


















北条政子が息子頼家の冥福を祈って建てた指月殿。
伊豆半島に現存する最古の木造建築だそうです。

父(北条時政)は孫、つまり、娘の子供(しかも嫡男)を暗殺したのですね。

shigetsuden


















兄頼朝の咎めを受けて自刃に追い込まれた、範頼の墓。
義経と共に、木曽義仲打倒、平家打倒において功績があったのに・・・。

noriyori


















平安初期に弘法大師がここを通りかかったとき、
川の水で病気の父親の体を洗う孝行息子を発見し、見るに見かねて
持っていた独鈷(密教の仏具)で川を掘って湯を湧かせたと言い伝えられる
独鈷の湯(とっこのゆ)。

tokkonoyu



















にほんブログ村 受験ブログ 受験生の親へにほんブログ村 旅行ブログ 歩く旅へにほんブログ村 教育ブログ 在宅学習・通信教育へ  
Posted by MIKO at