m2_ozehiuchigatakem2_fujisunrise_m








2013年06月06日

小樽だより

5月31日(土)、早朝のAirDoで羽田から札幌、そして電車で30分の小樽へ。

北海道開拓の拠点として栄えた歴史的な町、小樽。
早めにチェックインしたホテルに荷物を置いて、さっそく町歩き。

小樽運河より西の方角をのぞむ。
ノスタルジックな雰囲気の漂う運河です。

otarucanal1




















東の方角をのぞむ。
どちらの方角を見ても、山が近くに迫っているのが印象的です。

otarucanal2




















小樽には市指定の歴史的建造物がたくさんあります。
たとえば、三井物産の旧小樽支店、日本郵船の旧倉庫など。

こちらは日本銀行小樽支店

otarunichigin




















明治から大正にかけて小樽が北海道経済において中心的役割を果たしたことは、
小樽商科大学が100年以上の歴史に輝いていることからも知れます。

一橋大学の前身である東京商科大学、そして神戸商科大学と共に、
旧三大商大として並び称される名門です。

旧市街を散歩した後は、再び、JR小樽駅へ。
駅前の塀の表示。なるほど、ナホトカと姉妹都市だったのですね。

otarunahotoka

















今ではその役割を終えて衰退してしまったこの町の、
駅前から少し入ったアーケード商店街で夕食。

小樽名物あんかけそば。
なんだか長崎名物の皿うどんにそっくりです。

otaruankake




















この日の歩数: 13,828歩

翌朝は、オーセントホテルで和朝食。

otarujbf

















にほんブログ村 受験ブログ 受験生の親へにほんブログ村 旅行ブログ 歩く旅へにほんブログ村 教育ブログ 在宅学習・通信教育へ  

Posted by MIKO at