m2_ozehiuchigatakem2_fujisunrise_m








2015年07月18日

京都守護職会津藩本陣(黒谷の金戒光明寺)

金戒光明寺の旧会津藩墓地にようやくお参りできたのは、
中学生と旅行中、京都でフリーになった6月27日のことでした。

もっともこう書いている今、自分は桑名にいます。
昨夜、快速みえ「伊勢市」号に乗って、やってきました。
リアルタイムで書けず、3週間遅れの回想になってしまっている点が残念です。

それはともかくとして、おそらく一生忘れることができないであろう
強烈な印象を残した金戒光明寺。

aizuhanbochi3



























実際に来てみて、金戒光明寺が京都守護職会津藩の本陣に選ばれたわけが
わかりました。

とにかく広い (千名の軍隊が駐屯できる)
見晴らしがきく (小高い丘で自然の要塞、遠くは淀川の帆船さえも見えた)
交通の要衝に近い (御所から2km、東海道の発着点粟田口から1.5km)

konkaikomyojiview



















柏村毅という、会津出身、東京急行電鉄の取締役などを務めた方の志によって
昭和33年7月に建立された
「会津藩墓地参道 → 」と彫った沢山の石道標に導かれて、
会津藩墓地の入口に着いたときには、もう胸がいっぱいでした。

入口の石碑にはこう彫ってあります。
「会津藩殉難者墓地」

aizuhanbochi1



















「会津墓地の由来」と書いた石碑の説明文を読みながら、
ついに涙をこらえきれなくなりました。

会津藩が経験した、あのように不可解、理不尽な事の顛末が
他にあるでしょうか?

孝明天皇の謎の死によって、事は真逆の方向に急転回し、
戊辰戦争中最大の悲劇、会津戦争を生んだのでした。

aizuhanbochi2


















さらに涙を誘ったのは、下の写真に見られる供え物の数々です。
それらは主に、鶴ヶ城(会津若松城)の絵や写真でした。

aizuhanbochi4


























そのうち1枚を別途撮影してここに掲げます。
鶴ヶ城(会津若松城)
あまりにも、悲しく、悔しく、痛々しく ・・・。
当事者でない自分がどんな言葉を並べても、その無念は表しきれません。

aizuwakamatsujo




























墓地を後にして、再び境内に戻り、山門を撮影します。
山門の左手後方に、蹴上のウェスティン都ホテルが見えます。

sanmon_b




















高台で、遮るものがないので、開放感に満ちています。

konkaikomyojiwide





















御影堂(大殿)。
黒谷の金戒光明寺は、浄土宗の開祖、法念上人ゆかりの地です。
知恩院が総本山なのに対して、こちらは大本山のひとつです。

浄土宗の菩提寺にある父母の墓参りのためにやってきた桑名で、
会津の墓参りの回想記を書くことになったのは、単なる偶然に過ぎません。

しかし菩提寺の墓地に新撰組隊士だった人の墓があるのは、
何かしら運命的な奇偶を感じざるを得ません。

konkaikomyoji



















最後までお読みいただき、ありがとうございます!
よろしければ、1日1回、下記のいずれかのバナーをクリックしていただけると、
励みになり、とっても嬉しいです☆

にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へにほんブログ村 子育てブログ 大学生以上の子へにほんブログ村 アウトドアブログ ハイキングへ  

Posted by MIKO at

2015年05月13日

Last Samurai ひの新選組まつりウォーク2日目

The second day of the Shinsengumi (Last Samurai) Festival
in Hino City, Tokyo.

5月10日(日)、ひの新選組まつり2日目。
この日のウォーキングは、JR日野から京王/多摩モノレールの高幡不動まで歩く
ややロングコース。

我が家の新撰組フィギュア。

1shinsengumi

















好天気で、暑くなることが予想されたので、新選組扇子をトートバッグに
忍ばせることも忘れません。

4sensu















JR日野駅よりスタート。
まずは、井上源三郎資料館へ。

2genzaburo





















ツタヤで借りたDVDで見た、NHK大河ドラマ『新撰組!』。
そこでは、小林隆さんが、源さんの温厚な役がらを見事に演じていました。

3gensan



























パレードの始まり〜

前日のコンテストで土方歳三役を射止めた方!
HIJIKATA Toshizo

5hijikata



























こちらは、近藤勇役を射止めた方。
第二次選考での彼の演技、ステキ、素晴らしかった〜☆!
KONDO Isami

6kondo























沖田総司(左)、永倉新八(右)、いずれも女の子です!
OKITA Soshi (left), NAGAKURA Shinpachi (right)

9okita8nagakura















井上源三郎(左)は、愛想の良いイケメン。
藤堂平助(右)は、女子。
INOUE Genzaburo (left), TODO Heisuke (right)

7inoue10todo
















武田観柳斎(左) TAKEDA Kanryusai
山南敬助(右) YAMANAMI Keisuke

11takeda12yamanami















近藤勇が斬首された北区板橋の滝野川新選組や、
土方歳三が戦った宮古港海戦が縁で「全国 新選組サミットin 宮古」が開かれる、
今年開港400年を迎える岩手県宮古市からの参加など、
盛り沢山の楽しいパレードでした。

パレードが終わると、自分は、隊士の帰陣式が行なわれる高幡不動へ向けて、
ウォーキングを開始。

歳三のお姉さんの嫁ぎ先で、新選組を支援し続けた佐藤彦五郎の資料館前を通過。

13satohikosaburo


















日野市立新選組のふるさと歴史館の前を通過し、・・・

14furusato


















中央自動車道の下をくぐり、実践女子短大と日野市役所の間を抜けて、
神明1丁目信号で、日野バイパスを渡り、川辺堀之内の農村と宅地造成地の中を
歩きます。
こんなのどかな農村の風景がところどころに広がっています。

15hino


















そして、ようやく浅川に着きました。
河原へ下りて、川の流れに手をさらしてみました。
15時38分。

16時から、帰陣式が行われるので、
河原であんまりのんびりもしていられません。

16asakawa

























16時ジャスト。
高幡不動尊の境内に着きました。間に合いました〜
隊士たちがJR日野駅の方から戻ってきていて、帰陣式の開始を待っていました。

井上源三郎(左)− 例の愛想の良い青年
槍の名手、谷三十郎(右)− こちらも凛としたイケメン。

やはり、顔も、重要な選考基準のひとつなのでしょうか?

17inouetani



















大日堂(鳴り龍/成り龍の天井がある)の前に、
一番隊から十番隊まで、勢ぞろいしました。

18kijinshiki


















帰陣式終了。
「近藤勇さん」と「土方歳三さん」が、ポーズしてくれました♪

大役、お疲れさまでした〜

19kondohijikata

























お祭りに参加した「隊士」の皆さんが、五重塔を背景に、
記念写真を撮っています。

新選組は賊軍なんかじゃない。
京都守護職会津藩のお預かりとなったから、京都の治安維持と御所の警備のために、
将軍上洛の折の警護のために、命がけで働いた警察隊。

会津藩と新撰組は、勤王の佐幕。
池田屋事件での新選組の働きがなかったなら、御所は焼け落ちていたでしょう。

勝てば官軍。
官軍の都合の良いようにされて、最近まで苦汁をなめてきた会津人と新選組。
歴史の真実が少しずつ偽りのヴェールを剥がしていくことを祈りつつ、
現代の若い新撰組ファンの明るくて屈託のない姿を見ていたら涙が出てしまった。

この日のウォーキング歩数: 16,028歩

20end



























最後までお読みいただき、ありがとうございます!
よろしければ、1日1回、下記のいずれかのバナーをクリックしていただけると、
励みになり、とっても嬉しいです☆

にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へにほんブログ村 子育てブログ 大学生以上の子へにほんブログ村 アウトドアブログ ハイキングへ  
Posted by MIKO at

2015年05月12日

Last Samurai ひの新選組まつりウォーク1日目

The first day of the Shinsengumi (Last Samurai) Festival
in Hino City, Tokyo.

5月9日(土)、東京は多摩、新選組の故郷である日野市で行なわれた
ひの新選組まつりの第1日目。
ウォーキングを兼ねて行ってきました。

日野で生まれ育った土方歳三の命日に合わせて、
同じく、日野の出身である井上源三郎、母方が日野の生まれである沖田総司、
また同じく多摩に生まれ育った近藤勇など、
後に新選組の中心となった人々が剣術に勤しんでいた日野で行なわれます。

高幡不動尊の土方歳三の像の前で、新撰組の羽織を着たMIKO。
息子から、「ミーハーみたいだから、やめときなさい」と言われたけれど・・(笑)

1miko

























新撰組祭りのこのポスターは、確定申告で日野税務署に行った3月に撮影。
なぜか毎年仕事が重なって行けなかったので、今年こそは!と願っていました。

2makoto

























高幡不動の五重塔
高幡不動尊金剛寺は、真言宗のお寺。
土方歳三の菩提寺だそうです。

3takahatagoju

























まずは、新撰組隊士慰霊法要。
五重塔で行なわれます。

4hoyokaijo

























読経に続いて、焼香の時間。

5hoyo
















法要の後は、翌日のパレードに参加する隊士を選ぶ隊士コンテスト。
志願者がそれぞれ準備してきた一芸を披露。(なかなか面白いかった)
審査結果を待つ間、境内を散策。

境内はちょっとした里山です。
多摩四国八十八番のお地蔵様が並ぶ山道を巡ることができます。
途中、新緑とヤマツツジが美しい高台から、パチリ。

6takahata1



















里山では天然に自生するヤマアジサイが間もなく見頃を迎えますが、
今は、シャガがいっぱい咲いていますよ〜

7takahata2shaga



















六地蔵様も、たまにはこうやって斜めから見たら、おもしろいでしょう。

8takahata3

























さあ、審査結果が出ました。
土方歳三、近藤勇、沖田総司、井上源三郎、永倉新八など
主要メンバーに選ばれた人たちと、高幡不動の僧正様と、審査員の皆さん。

審査委員の方々の中には、井上源三郎や土方歳三などの御子孫が。

9taishi2
















主役に選ばれた皆さんを囲んで。

10taishi1
















さあ、結果も出たので、土方歳三のお墓参りに行きましょう。
浅川を渡って、歳さんの生まれ育った村へ行きます。

大好きな浅川。
税務署に何かと用事を作っちゃあ、この浅川に歩きにやってきます。
郵便ですむ用事でも、わざわざウォーキングにかこつけては、
歩いてきちゃうほど、ここが好きです☆

11asalawa

























この辺り、特に浅川を渡ると、右も左も、土方姓のお宅ばかりです。
でも、この写真は、正真正銘の土方歳三の生家の跡地にある資料館。
3月に撮ったものです。

今回は、お墓参りが目的なので、資料館には入りません。

12hijikata





















門の中に、歳さんの胸像。これも3月に撮影したもの。

13toshi





















土方歳三の複数のお墓のひとつがある、石田寺(せきでんじ)。
門の後ろの大木が、有名なカヤの木(です(樹高約26m、樹齢約400年)。

14sekidenji





















そして、お墓参りをしました。
お墓参りは、2014年の2月以来です。

15toshihaka






























お墓参りの後は、再び浅川を渡り・・・

16asakawa

























向島用水親水路に沿って歩きます。
水車が回っていました。
黄菖蒲が鮮やか。

17suishakishobu

























紫色の花は、カキツバタかな?

18kakitsubata



















そして、こちらの、とてもとても低い、地面を這うように咲いていた
鮮やかな紫色の花は?
残念ながら、名前がわかりません。

この日のウォーキング歩数: 14,555歩

19unknown



















最後までお読みいただき、ありがとうございます!
よろしければ、1日1回、下記のいずれかのバナーをクリックしていただけると、
励みになり、とっても嬉しいです☆

にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へにほんブログ村 子育てブログ 大学生以上の子へにほんブログ村 アウトドアブログ ハイキングへ  
Posted by MIKO at

2013年12月02日

新撰組 + 遊びたい + センター勉強予定

今年の2月17日、もう10ヶ月も前のことですが、
あのときは、会津に郡山、京都、堺に、明日香、奈良と旅が立て続いて忙しく、
その後、子供の就活もあって、筆が途絶えてしまったので、・・・

今ごろになってしまいましたが、
新撰組屯所のあった京都壬生の八木家の門です。

yagike


















芹沢鴨最期の部屋などを見学した後、
和菓子とお茶をいただきました。

このポスターはそのとき壁に張ってあったもの。
私が夢中で見た、NHK大河ドラマ『新撰組』のポスターです。

shinsengumiposter


















あの日は、壬生寺に行き、その後で山南さんのお墓へも行ったのでした。


そうこうするうち、
いつの間にか自分の部屋は、新撰組や幕末関係の図書でいっぱい。

ああ、本が読みたいなあ。
あと、鎌倉から室町時代にかけても、太平記とか。

でもまずはセンター試験があるのです。
本業がオフシーズンに入り、やっと勉強の時間がとれるようになったので、
試験勉強と副業以外のことは、封印しなければなりません。

って、例外的に、ちょっとだけ山に登りますが。


センター試験が終わったら、
山登りと、ハイキングと、新撰組と、読書と、大河ドラマを、
好きなだけ楽しめる〜〜

今、仕事よりも、遊ぶことで頭がいっぱい。
でも働かなくては食べていけません・・・(涙)

遊びたい、残りの人生、好きなことして遊んで暮らしたい!!
無理な願いだけれど、ときどき、そう叫んでいます。


センター試験は、ハイキングにも役立つ地学と日本史と、
何の役にも立たない数学を重点的にやることにしました。

数学は、こんなに年とってからやったのでは望み薄しですが、
せっかく手をつけたので、やれるところまでやってみるのです。

でも、しばらくやっていない間に、平方完成すら頼りない状態なので、
正直、やばいです。

二次関数、余弦定理、確率で、ちょこちょこ点を取って、
微分、ベクトル、数列で、ちょこっと点を取るのが目標です。



日本ブログ村ランキングの下記のカテゴリーに参加しています。

にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へにほんブログ村 アウトドアブログ ハイキングへにほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ  
Posted by MIKO at

2013年02月15日

会津だより2(鶴ヶ城、会津藩校日新館、他)

会津からの第2報です。

この日、絶対に外せない場所は会津藩校日新館でした。

日新館は公共交通機関を利用する者にとってアクセスが極めて悪く、
バスで行く場合、会津若松駅前発10時10分の次は13時30分しかありません。
さもなければJR磐越線で一駅の広田に行って、そこから雪道を徒歩25分。

そこで、日新館には午後をまるまる充てることにし、
午前中は鶴ヶ城に行くことにしました。
まちなか周遊バス1日券(500円)を購入。


1. 鶴ヶ城(鶴ヶ城入口下車、天守閣まで徒歩4分ほど)

当然ながら再建ですが、会津の象徴として無くてはならないもの。
見ないで済ませるわけにはいきません。

今は雪で真っ白ですが、他の季節にはまた違う姿を見せてくれることでしょう。
再訪する理由になります。

tsurugajo1


















「八重の桜」のポスター、のぼり、チラシが町のいたるところに見られます。
原発事故の風評で打撃を受けた福島県に再び人々が訪れて活気が戻るよう、
良いタイミングでの大河ドラマ制作だと高く評価します。

普段テレビを見ない私も、これ見たさにNHKのオンデマンドを契約しました。
受信料払っているのに更にまた払うのはどうなのかなあと躊躇しましたが、
パソコンで見られる点が仕事との両立の点でメリットとなるので決心しました。
特選ライブラリーが税込945円/月。

tsurugajo2



















2. 会津新撰組記念館(七日町中央下車、徒歩3分)

バスの乗り継ぎの都合できつかったことと、不定期開館であてに出来なかったため、
期待はしていなかったのですが、電話したら幸い開館していたので駆けつけました。
やや駆け足の訪問(30分弱)となりました。

幕末関係の骨董屋の2階が記念館になっています。入館料300円。

aizushinsengumi


















八重の桜の関係で鉄砲の特別展示があった分、スペースの関係で
本来の新撰組の展示は少なかったように思います。

でも八重の桜にからめた新撰組の雑誌と、クリアフォルダ3点を買えたことは収穫でした。

shinsengumi2013



















3. 会津藩校日新館(この日のハイライト!)

河東地区コミュニティバス「みなづる号」で会津若松駅から25分。
先に書いたように本数がきわめて少ないので要注意です。

13時30分発に乗っていき、現地発15時47分ので帰ってきました。

入館料600円のところ、「みなづる号」の乗車証明により500円に割引。

aizuhanko1


















佐賀の鍋島藩と並んで江戸時代に一、二を競った藩校。
藩を豊かにするには人材の育成こそが肝要との考えに基づき、
徹底したエリート教育がほどこされました。

通ったのは上級武士の嫡男です。
白虎隊の隊員もここの生徒でした。

aizuhanko2


















素読の授業
年少者はまず素読を鍛えられます。

aizuhanko3


















天文学の授業
文武両道はもちろんのこと、文系理系を問わずあらゆる科目を学ぶのです。

aizuhanko4


















礼儀作法の授業
食事の作法から、刀の受け渡し方、切腹の作法など、
立派な武士としての立ち居振る舞いを身につけることを学びます。

aizuhanko5


















大成殿
校舎の外に山鹿素行の像がありますが、この殿堂を見るだけでも、
武士の教育の根幹には儒学があったという事実を改めて肌で感じます。
大義名分論をとなえる朱子学が儒学の正統とされていた江戸時代でした。

aizuhanko6


















水練場
藩校内の日本最古のプールで、日本泳法の向井流により訓練が行われていました。

プールは雪で完全に見えなくなっていますが、
プールサイドで監視する教授の頭が、雪からのぞいています。笑

水泳、弓馬、剣術は当然のこと、兵法の理論と実践も学びます。

aizuhanko7


















これほど素晴らしい教育を授けられた選り抜きのエリート。
藩のみならず、日本の将来を背負ったかもしれない優秀な青少年の命が
飯盛山で果てたことはあまりにも悲し過ぎる・・・。

白虎隊出身者には、後に東京帝国大学の総長となった山川健次郎をはじめとして、
偉大な功績を残した人物は枚挙にいとまがありません。

逆賊の汚名を着せられた中での、異例の出世、成功です。

将来有望なわずか16、17歳の若者たちの自決に深く感銘を受けた
ローマ市民やドイツ人により建てられた碑が白虎隊墓地の前にあります。


4. 阿弥陀寺(阿弥陀寺東下車、目の前)

日新館からコミュニティバスみなづる号で会津若松駅に戻ると4時15分。
まだ少し時間があるので、まちなか周遊バス「ハイカラさん」で阿弥陀寺へ。
新撰組斎藤一の墓と戊辰戦争東軍の墓があるからです。

新撰組、斎藤一の墓。

amida_saito1


















amida_saito2


















戊辰戦争の東軍戦死者の墓。
会津藩の戦死者の遺骸は西軍の命令により放置されたままだったのを、
幾度となく行なわれた嘆願により、明治2年、阿弥陀寺に埋葬が許可されたそうです。

amida_togun


















阿弥陀寺からすぐの七日町通り、渋川問屋。
七日町にはこのような構えの建築が多く、なかなかレトロな感じが漂っています。

nanukamachi


















夕食は喜多方ラーメン。
案外お店がないので、ホテルで教えてもらって雪道を15分歩きました。

東京でいつも食べているのとまったく同じでした。
東京にはあちこちにあるのに、肝心の会津であまり見かけないのは何故か?
次は、やはり本場の喜多方まで行くべきなのか・・・。

この日の歩数: 12,124歩

kitakataramen



















にほんブログ村 受験ブログ 受験生の親へにほんブログ村 旅行ブログ 歩く旅へにほんブログ村 教育ブログ 在宅学習・通信教育へ  
Posted by MIKO at

2013年02月13日

会津だより1(白虎隊、西郷頼母、近藤勇)

今、会津若松に来ています。
日本文化研修に先立ち、2日間の一人旅を楽しんでいます☆

NHK大河ドラマ「八重の桜」の舞台となってホットな話題でにぎわう町ですが、
冬の会津は豪雪なので、どこも静か!もう最高です!

その第一報(1日目)です。
まちなか周遊バス1日券(500円)を買って「あかべい」のお世話になりました。

1. 飯盛山(飯盛山下下車、白虎隊伝承史学館の左脇のなだらかな坂を上がる)

白虎隊の少年たちが集団自決した飯盛山の厳島神社鳥居。
この少し左に、白虎隊士20名が鶴ケ城の安否を確かめるために通り抜けて飯盛山に
出たという戸ノ口堰洞穴があるのですが、雪が深くて確かめられませんでした。

でも戸ノ口堰のすさまじい水の流れと音は間近に目と耳で実感できました。

iimoriyama


















厳島神社から右の坂道を上がったところにある、さざえ堂(国の重要文化財)。
寛政8年(1796年)建造の六角堂で、昇降別々の螺旋形通路により階段がなく、
一方通行で上下するという日本唯一、世界にも例のないユニークな建築です。

中を見なければ、登らなければ、話になりません(入るには、400円必要)。
なかなかスリルがあります。ころばないよう、手すりにつかまってね。

sazaedo_outsazaedo_in
















さざえ堂の斜め前にある白虎隊士19人霊神の御堂。
中央の写真は、刺し違えて急所を外して生き残り、鶴ヶ城がまだ落城していないと
聞かされて、只ひとり蘇生した飯沼貞吉。維新後に、逓信省通信技師、陸軍大尉。

byakkotai1

























白虎隊士19名の墓。

byakkotai2


















飯盛山では、白虎隊記念館(400円)と白虎隊伝承史学館(400円)も見学しました。
まちなか周遊バス1日券を見せると割引になることに気がついていませんでした。


2. 会津武家屋敷(会津武家屋敷前下車、目の前)

会津藩家老の西郷頼母邸を中心に、忠実に再現された建造物のミュージアムです。
入場料850円→周遊バス1日券提示で750円。このときには気がついていた!

西郷頼母邸の門

saigotanomo1


















部屋数が多いのにはびっくりしましたが、どの部屋も大変よく紹介されています。

これは書院一の間で、第九代会津藩主松平容保を接客している場面。

saigotanomo2


















女子供が籠城しても足手まといになるだけだと籠城を拒否し、
西軍に命を奪われる前に集団自刃した、西郷頼母の母や妻や娘たちの最期。

saigotanomo3


















西郷頼母邸の庭。後方の山々と群れをなして飛ぶ鳥が印象的でした。
もっとも、これはミュージアムの立地であり、実際の邸宅は町中にありました。

saigotanomo4



















3. 天寧寺の新撰組局長近藤勇の墓(奴郎ヶ前下車、徒歩10分+徒歩たくさん)

お寺の入口付近に立つ看板。ここまではまだ良かったのですが・・・

kondoisami1


















ところどころにある道しるべが頼りです。

kondoisami2


















ゆるい勾配の上り坂をひたすら行きます。

kondoisami3


















再び道しるべが。・・・こんな道しるべがいくつ立っていたことか。
まだ着きません。

kondoisami4


















ずいぶんと上がって、ようやく雪に埋もれた近藤勇の墓の前に辿りつきました。

このお墓は、土方歳三が松平容保に願い出て、会津藩の手によって建立され、
戒名の「貫天院殿純忠誠義大居士」は、天寧寺の和尚さんによって授けられたそうです。
良い名前ですね。

お墓の右側に立っているのは、土方歳三の慰霊碑です。

kondoisami5


















とんでもない大変な思いをして辿り着いたときの感激もひとしおでしたが、
近藤勇の墓の近くから見渡す会津の町と背景の山々がまた素晴らしいのです!

kondoisami6


















この日の歩数: 11,818歩


にほんブログ村 受験ブログ 受験生の親へにほんブログ村 旅行ブログ 歩く旅へにほんブログ村 教育ブログ 在宅学習・通信教育へ  
Posted by MIKO at

2013年01月27日

誠の武士2人に会った、友とのウォーキング

1月21日、高校時代の親友が息子さんの結婚の話で新横浜に来たので、
4年ぶりに会いました。

ウォーキングの好きな二人なので、もっぱら歩いて過ごすことに。

日野の石田寺(せきでんじ)で、新撰組土方歳三のお墓参り。
次に、土方歳三の生家の前を通り過ぎて、浅川を渡り、高幡不動へ。

高幡不動境内の土方歳三の像

toshizo


























若い頃、上京して国立に下宿し、音楽を勉強していた友が、
今の国立を見てみたいと言うので、分倍河原に移動することに。

・・・・・・・、分倍河原の駅前で新田義貞に会ったときの、感激と言ったら!!

鎌倉幕府を滅亡に導いた天下分け目の決戦があった分倍河原です。
新田義貞の軍は行く先々に駆け付けてきた援軍で見る見る大軍にふくれ上がり、
分倍河原の後、関戸を経て、我が家の近くを通って、鎌倉へと攻め入ったのです。

通過または乗り換えることはあっても、分倍河原での下車は初めてだったので、
つくづく友だちに感謝しました。

新田義貞の像 −  今、「太平記」に夢中です。

nittayoshisada


























この後、国立で一橋大学の前を通り過ぎ、紀伊国屋で買物しているとき、
息子に携帯で連絡を取ったら、まったく偶然なことに、ちょうどその瞬間、
息子が紀伊国屋の前を通り過ぎたところでした!!!!!

まさか会えるとは思いもしませんでした。
こうして、友と息子は息子が3歳のときに会って以来の再会を果たしました!

この日の歩数: 21,488歩


にほんブログ村 受験ブログ 受験生の親へにほんブログ村 旅行ブログ 歩く旅へにほんブログ村 教育ブログ 在宅学習・通信教育へ  
Posted by MIKO at