m2_ozehiuchigatakem2_fujisunrise_m








2012年07月15日

百万石の城下町金沢へ夜行高速バスで

かなり遅れてのレポートですが、

7月09日(月) 23:40 新宿発
7月10日(火) 07:10 金沢着  22:20 金沢発
7月11日(水) 06:30 新宿着

またもや高速夜行バスで、とんぼ帰りの下見をしました。

金沢には仕事で少なくとも7、8回は行ったことがあるのですが、
初めての場所や、長いこと行っていない場所があると心配なので、
敢えて下見を決心したわけです。

早朝に金沢に着いてから、深夜に金沢を出るまで、すべて徒歩。
30,416歩を記録しました。


現在はツアー本番中で忙しいので、
下見に関するこのレポートは、ほとんど写真を羅列するだけになります。

犀川にかかる新橋より北西の方角をのぞむ。

1saigawa



















九谷光仙窯

江戸時代、藩が行っていた陶磁器製作が、廃藩置県後は、
個人でも窯を持てるようになり、その結果誕生した多くの窯の中でも
すべての工程を一貫して手作りで行っている、由緒ある窯元です。

昭和天皇・皇后や、皇太子(高校生のとき)も見学された九谷焼の窯元です。

2kutanikosen


















光仙窯から徒歩10分ほどの、妙立寺(通称:忍者寺)

数多くの隠し階段や隠し部屋、落とし穴、その他の仕掛けがあって、
複雑な構造の建物のため、忍者とは全く無関係ですが、そう呼ばれています。

加賀百万石、外様の前田家が、江戸城および隣りの福井を意識して
万一の非常時に対して厳重に備えた、いわば金沢城の出先機関です。
しかし表向きは日蓮宗の寺院。

見学は予約制。大人1人800円。

3myoryuji1


















障子を貼った明かり取り階段を外側から撮ったもの。
ちなみに、建物内部は撮影禁止です。

4myoryuji2
























忍者寺と光仙窯の間に、西茶屋街があります。

5nishichaya


















西茶屋街の資料館で、茶屋の再現(3部屋)を見られます。
入場無料。

6nishichaya2


















7nishichaya3


















再び犀川を渡って、武家屋敷地区の長町へ。
長町を流れる用水。

1200石の野村家住宅(写真の少し先の右側)が最も有名ですが、
もう何度も行っているので、中には入りませんでした。

8nagamachi


















長町の後は、香林坊を右接して、21世紀美術館へ。
ここはこれまで通りすぎただけで、入ったことがないので、じっくり見ました。

9_21century


















入って真っ先に目に飛び込むのがこのプールです。
と言っても、これは泳ぐためのプールではなく、これ自体が現代芸術です。

10_21pool1


















プールの真下に行って上を見上げると、・・・・・

11_21pool2
























次は、21世紀美術館から歩いて10分ほどの、成巽閣。

ここへは、25年ほど前には度々行きましたが、最近ではゼロ。
そこで、とても心配になったので、見ておくことにしました。

13代藩主前田斉泰が母・真龍院のために造営した隠居所です。

13_seisonkaku1


















ふたつあるお庭のひとつ。
どちらのお庭だったか忘れました。

14_seisonkaku2


















成巽閣のすぐ隣りが兼六園です。
しかし、兼六園にはもう7、8回行っているので、省きました。

代わりに、兼六園の近くにある加賀友禅伝統産業会館に行ってみました。
本番で行くかどうかはわからないけれど、勉強のために。

15_yuzen1


















扇絵師の宮崎友禅斎が京都からやってきて考案した加賀友禅染。
花鳥風月を題材とし、四季と自然の移り変わりを写実的に表現したもの。

16_yuzen2


















この後、金沢城公園の中を散歩し、大手門口から町なかに出て、
17分ほど歩くと、浅野川にたどりつきました。

友禅流しの歌の碑がありました。

17_yuzennagashi


















浅野川沿いの一帯は、泉鏡花ゆかりの場所です。

鏡花の道。

18_kyoka1


















浅野川より天神橋をのぞむ。

19_asanogawa


















泉鏡花の代表的戯曲『義血侠血』より、滝の白糸碑。

『義血侠血』については、高校生のときに、丸山(美輪)明宏の自叙伝
『紫の履歴書』の中で知って、さっそく買って読み、ひどく感動したものです。

20_takinoshiraito


















浅野川大橋より、料理屋の並ぶ主計町界隈をのぞむ。

29_asanoryori


















泉鏡花記念館。
あいにく閉館時間を過ぎていました。

それに、これは下見とは関係のない、プライベートな趣味の世界なので、
いつか自分のために旅が出来れば、そのときに改めて立ち寄りたいと思います。

30_kyokam


















最後に東茶屋街に行きました。

ここも、何度か来たことがあるのですが、
いつもは目をつむっていても団体バスの乗務員さんが連れていってくれるので、
今回は自分の足で歩いて到着することで、自信をつけることにしました。

21_higashichaya


















東茶屋街の中で、国の重要文化財の指定を受けている茶屋の志摩。

22_shima


















志摩の2階で、知り合いのイタリア語ガイドさんに会いました。
彼女はイタリア人団体を連れて、まさに仕事中でした。

23_shima2


















三味線。手作りの布の袋に入れて掛けてあるのが愛らしいですね。

24_shamisen


















造作と中庭が織りなす風流な佇まいがすてきです☆

25_shima


















昔から何故か憧れていた鼓。きっとお能のせいでしょう。

26_tsutsumi


















太鼓。

27_taiko


















最後に近江町市場前にある、金沢でNo.1の老舗旅館浅田屋に寄り、・・・

31_asadaya


















この日の締めは、もう閉まってしまった近江町市場内で、
近江丼と生ビールの夕食。

32_omidon



















武蔵辻界隈で時間をつぶした後、金沢駅へ歩き、
22:20の夜行バスに乗りました。

この日のウォーキング歩数: 30,416歩


にほんブログ村 受験ブログ 受験生の親へにほんブログ村 旅行ブログ 歩く旅へにほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ  

Posted by MIKO at