m2_ozehiuchigatakem2_fujisunrise_m








2014年02月14日

『太平記』の里、上州新田の荘

中世にちょっぴり興味が湧いてきている今、
ウォーキングのテーマに上州「新田の荘」を加えてみました。

2月12日(水)、群馬県太田市の「道の駅 太田」からスタート。
背景には赤城山、足尾山塊、男体山、日光連山の山並みが望めます。

この写真は赤城連峰。もう本当にすぐそこなのです!
去年の7月に縦走したけれど、登山入門者には結構きつかったなあ(汗)

1otaakagiyama


















まずは、新田氏ゆかりの明王院へ。

2myooin


















次は、日光例幣使街道の木崎宿の跡へ。

日光例幣使街道とは
徳川家康の没後、日光東照宮の大祭に御幣を捧げるために、
京の朝廷の勅使(例幣使)が通った道のこと。
毎年4月1日に京を発ち、4月10日に上州に入り、4月11日にこの街道に入り、
4月15日に東照宮に到着。
現在の群馬県の高崎市に始まり、伊勢崎市、太田市、
栃木県の足利市、佐野市を経て、鹿沼市、日光市へと続く。
特に、鹿沼市から日光市にかけては所謂「日光杉並木」。


木崎宿跡(群馬県太田市新田町)

3kizakishuku



















次は、反町館跡(国指定の新田荘遺跡)。
新田義貞が居住し、ここで挙兵したと伝えられています。

4sorimachi


















反町館は、後の戦国時代に3重の堀をめぐらした城郭となり、現在は照明寺。

5sorimachi2


















反町館跡を出ると、あとは最終目的地の大光院まで、
特に見るべき遺跡もない、畑ばかりの単調な道が、6km続きます。

ただ、ずっと、赤城山、足尾山塊、日光連山、男体山がお伴してくれます。
振り向けば後方には、榛名山も薄っすらと見えるのです。

新田の荘は、そんな山々に囲まれた、利根川左岸の氾濫原にあります。

写真左より、赤城連峰、足尾山塊(皇海山など)、右端が冠雪した男体山。

6akaginanntai


















最終目的地の太田金山にある大光院。
江戸時代に徳川家康が、新田氏の祖、新田義重を供養するために建立。
門に徳川家の紋が輝いています。

鎌倉幕府を滅ぼし、後醍醐天皇の建武新政の立役者となった新田義貞は、
新田氏の祖、新田義重から数えて8代目とのこと。

徳川家康が自らを新田氏の末裔として名乗った話もあるようです。
私はずっと徳川家康は三河の松平氏の出だと思っていましたが。

7daikoin


















ウォーキングを終えて家に帰る道すがら、
新田義貞の鎌倉攻めのことを思いました。

新田の荘で挙兵し、小手指で幕府軍に勝ち、分倍河原を経て、関戸で多摩川を渡り、
鎌倉街道の、現在の多摩市、町田市のあたりを大軍勢となって幕府軍と戦い抜け、
鎌倉に向かった、その長い、長い道のりと、壮絶な戦いのことを。

下の写真は、分倍河原の駅前に建つ、新田義貞の像(2013年1月に撮影)。

って、大河ドラマ『太平記』の最終巻の返却日が今日だった〜〜、
わあぁ、今日こそは絶対に見ないと!!

nittabubaigawara



















日本ブログ村ランキングの下記のカテゴリーに参加しています。

にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へにほんブログ村 アウトドアブログ ハイキングへにほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ  

Posted by MIKO at

2012年05月21日

高麗人の郷、高麗神社へ+勉強記録第67日目

5月20日(日)、埼玉県日高市にある高麗神社に行ってきました。

でも、まずは勉強記録から。
【第67日目】2012年5月20日(日)
数学 『白チャート』 積分   これだけ。 オソマツ〜

  
なぜ、高麗(こま)神社か?
それは、もとより自分は古代日本と朝鮮半島との関わりに興味があるからです。

神社のホームページで、渡来人による高麗郡設置1300年祭(2016年)に向けた
イベントが数々予定されていることを知りました。
そしてこの日はその一環として、地場産業のチャリティバザールがありました。

前から息子に「八高線はすごい、乗ってみるべき」と言われており、
八高線に乗ってみたくてしょうがなかったので、それも理由のひとつでした。

JR八高線は、高麗川から先(高崎方面)こそが、本当の魅力らしいのですが、
なかなか実現できそうにないので、まずは高麗川までで区切って、八高線デビュー!

この日、「娘」のお母さんがつき合ってくれることになりました^☆♪=
お母さんは都心から川越経由で来ます。 私は始発の八王子から。
最寄の高麗川駅で待ち合わせです。

事前準備
八王子から埼玉の秩父あたりまでを一望できる地図を印刷。
また、高麗川駅から神社までの、空から見た写真地図も用意。

kmmap


















さらに、子育てで長らく中断していた自分の興味の分野のことを
この機会にもう一度と思い、昔読んだ本を引っ張り出してきました。

興味があると言っても、上滑り程度にかじっただけなので、ほとんど忘れています。
パラパラとめくるだけでも、わくわくする内容が満載の図書です!

kodaibunka


















高麗川(こまがわ)に着きました。

jrkomagawa


















高麗川駅周辺案内図。
神社までは、徒歩20分程度です。もちろん歩きます!
最近万歩計を買った「娘」のお母さんは、普段は車が多いので、
この日、歩けることに、特別わくわくしていました。

komagawamap


















茶畑(狭山茶)が点在する、鄙びた農村を歩くのは、
都心の住宅街を歩くのと違って、実にのどかで、心地良いものです。
肌をさするそよ風が気持ち良かった〜

お母さんとの会話を楽しみながら、山の麓をめざして、足の向くまま。
しばらくして、高麗川が見えてきました。

1300年前に高句麗からの渡来人がこの川を渡ったかと思うと、
大いにロマンを掻き立てられます。

komagawa


















高麗神社の背景の山々。
今ですら、どちらかと言うと不便な、秩父の山々に寄り添うような地域を、
よく1300年も前に開拓したものです。

komajinjau


















高麗神社の最初の鳥居です。

komatorii


















境内入口の鳥居。 重厚さが増します。

komatorii2


















『続日本紀』によると、716年、東国7国に住む高麗人1799人が武蔵野に移住し、
高麗郡を置いたということです。
(東国7国とは、駿河、甲斐、相模、上総、下総、常陸、下野)

高句麗滅亡(668年)後に、大磯の海岸に上陸して開拓を進めたという、
相模一帯の渡来人などがその一派に当たります。

もっとも、高句麗滅亡以前にも、東国に渡来の波があったらしく、
実際には、複雑に折り重なる重層の過程を経てきているようです。

調布(たづくり)、布田、国領、狛江、砧、府中、高幡、八王子など、
武蔵野と相模の境界をなす一帯は、こうして、渡来人の手により開拓され、
麻布や絹織物、灌漑・治水技術、農業技術、建築などがもたらされました。

高麗神社本殿。
高麗郡の初代郡司であった高麗王若光が祀られています。
現在、高麗若光の60代目の子孫が、宮司を務めているとのことです。

komajinjahh


















神社の案内書(日本語版と英語版)とお守りを買いました。

komajinjabr


















この日は、地場産業によるバザールということで、たくさんの出店がありました。

お腹のすいていた私たちは、高麗鍋をいただきました。
地元産の、大根、人参、椎茸、こんにゃくの上に、白菜キムチが乗っていて、
美味しかったです☆

korainabebeer



















重要文化財に指定されている高麗家住宅を見るのも楽しみのひとつでした。
事前に神社に電話したところ、イベントのため普段とは雰囲気が違うと言われました。

確かに、出店やら、民族衣装着付け体験などがあって、
本来の雰囲気は味わえませんでしたが、一応見ることは出来ました。

komajutakue


















高麗家住宅の外観

komajutaku


















裏山に通じる、幽栖門

komqjutqku1


















ごめんなさい!!
イベント開催中で様子が違うことと、私のつたない観賞力と表現力では、
この住宅建築の奥ゆかしさを伝えることが出来ません!!

ブログ友達である荒野人さんのブログ「エピローグ」を是非ご覧ください!
2011年9月26日の記事 「高麗家住宅」

私が高麗家住宅のことを知ったのも、この記事のおかげです。
以来、いつか機会を作って、是非訪れたいと願っていました。

子供祭とお神輿

matsuri


















楽しみにしていた、サムルノリ(韓国伝統音楽)。
チームAVK、日本人のバンドです。

s_band1


















地面に座っての、4種の打楽器による演奏は、
動きがきわめて激しいため、写真はピンボケでした〜
よって、これしかありません。

s_band2


















高句麗の広開土王(好太王)碑の碑文の拓本。

実物は、高句麗の都であった丸都(がんと、現、中国吉林省集安市)にあります。
(山川の『詳説日本史B』教科書  第一章 日本文化のあけぼの 3.古墳とヤマト政権
東アジア諸国との交渉 より)

kokaidootakuhon

























出口、駐車場近くに、こんなものがありました。
初めて目にするものでした。

天下大将軍と地下女将軍

将軍標(しょうぐんひょう・韓国語:장군표、チャングンピョ)と呼ばれる、
朝鮮・韓国の村落に見られる境界標(道祖神)だそうです。

shoguns



















高麗神社を後にした私たちは、再びのどかな田舎道を歩いて駅に戻りました。
次なる目的地に向かって、電車に乗るためです。 (次回に続く)


にほんブログ村 受験ブログ 受験生の親へにほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へにほんブログ村 旅行ブログ 歩く旅へ  
Posted by MIKO at

2011年12月07日

平林寺に紅葉を見に行く

12月4日(日)、久しぶりの好天気に恵まれたので、
平林寺(埼玉県新座市)の紅葉を見逃してはならぬ!と早起きしました。

10時15分、出発。 最寄りのJRの駅まで50分、ウォーキングを兼ねて行きます。
青天にかすかに揺れる枯れ尾花は、絵になりますね。

susora



















高い空と澄んだ空気に、晴れ晴れとした気分になります。

walk041211_1



















遠景に新宿の高層ビル群、その更に向こうにスカイツリーが!(かなり拡大)

tocview



















JR武蔵野線の新座を目指しました。
新座で降りて20分ほど歩くと野火止用水があります。

野火止用水については、野火止用水ウォーキング(2009年12月29日の記事)

nobidome1



















野火止用水も途中から平林寺の雑木林と一体化して趣きがあります。

nobidome2


























平林寺の正門に着きました。
門の右側の「山門不幸」の立て札は、このお寺の住職が亡くなられたことを
示しているそうです。

heirin1



















平林寺の案内パンフレットと、2年前に購入した解説書、そして拝観券。
拝観券には禅の教えが書かれていて、栞としても使えます。

今回は、「平常心是道」(びょうじょうしんこれどう)
日常ありのままの心、煩悩そのままが平常心であり、それに徹して生活していくことが
道であり禅の神髄であるという、南泉禅師(8〜9世紀の中国の名僧)の言葉

前回は、「茶禅一味」(さぜんいちみ)
茶と禅は同一味であるとして、普段の生活の中でも、無心に何かをすることが、
無心の境地をみつけることが禅の心に通じるという、村田珠光の言葉

が、書かれていました。

heirinbr



















境内はとてつもなく広いのです(13万坪)。
写真↓の案内図に描かれているのは主に中心部で、実際にはその四方をぐるりと
クヌギ、コナラ、イヌシデ、エゴノキなどの落葉広葉樹からなる雑木林と、
スギ、ヒノキ、マツなどからなる針葉樹林が取り囲んでいます。

国木田独歩の『武蔵野』の面影をとどめ、
田山花袋が「武蔵野の昔の匂いを嗅ごうとするには野火止の平林寺付近が好いね・・・」
と言った詩情あふれる武蔵野がここにあります。
 (平林寺の解説書から引用)

境内一帯が天然記念物に指定されているそうです。

heirin17

























平林寺を象徴する山門。
茅葺きの重層入母屋造りで、楼上の左右には花頭窓が施してあります。
禅寺であることがわかりますね。(臨済宗妙心寺派)

平林寺の縁起によるとその歴史は南北朝の1375年に遡るそうですが、
その後、大河内松平家の霊廟となり、1663年に川越藩主の松平信綱の遺言により
野火止の地に移築されたそうです。

heirin2



















鐘楼

heirin3



















heirin4



















とにかくモミジの紅葉で有名なのです。
広い境内は、紅葉めあての人々で混雑していました。

heirin5



















heirin8



















けれども、このように人影が忽然と消えてしまう静寂な空間も沢山あります。

heirin6



















「秋の夕日に照る山もみじ」ならぬ、真昼の陽に照り映えるモミジ。

heirin7



















境内には北側に大河内松平一族の広大な墓所があります。

heirin9



















heirin10

























heirin11

























heirin12



















heirin13



















heirin14



















在原業平をしのぶ「業平塚」

heirin16



















2年前に購入した解説書には、短いですが英語による解説もあります。
外国のお客様をお連れしたい場所ですが、旅行オペレーターが積極的にツアーを
企画・提案・販売しない限り、その存在が広く海外に知られることはないですね。

来る人がいるとすれば、日本に住んでいるか、もしくは希少な個人旅行者でしょう。

川越市(川越藩主の城下町)が、川越を「小江戸」として近ごろ熱心に海外に
宣伝しているようなので、そことの抱き合わせにより、あるいは近い将来には
平林寺が海外から注目される日がやって来るかもしれません。

仕事柄どうしてもこうゆうことを考えてしまうのです。

heirinbre



















紅葉の後は、近くのうどん屋さんで鍋焼うどんを!と考えていたのですが、
内にも外にも大勢の人が待っていて、1時間ほどかかりそうなので諦めました。

前に来たときには、朝で準備中でした。つくづく縁がありません。
仕方がないので、コンビニのおにぎりを食べました。

heirinudon



















再びJR新座まで20〜25分の道のりを歩き、電車に乗りました。
電車の後はウォーキングを楽しみながら帰るので、交通費はわずか数百円。
あとは平林寺の拝観料と、おにぎり2個。

こんなに少ない出費で、ちょっとした小旅行が楽しめたのだから、
少しくらい贅沢をしてもいいかな?と、帰路、コメダ珈琲に寄りました。

名古屋の喫茶店です。
名古屋で生まれ育ったのに名古屋にいるときには知りませんでした。

komeda1



















コメダで席についたとき、ちょうど3時でした。
そこで、贅沢も贅沢、コメダ特製の「シロノワール」を注文してみました。

温かいクロワッサンパンケーキに冷たいソフトクリームが乗っていて、
好みでシロップをかけて食べるのです。これがやけにバカでかくて、590円。

ブレンドコーヒーは400円で、典型的な名古屋スタイル。
要するに、おつまみの小皿が付いているのです。
ここのはナッツでしたが、名古屋では柿ピーだったりします。

コーヒーのフレッシュが今どき銀色の容器に入っているのも名古屋的。

komeda2



















メニューに、小倉トースト(380円、懐っかし)や、みそカツサンド(750円)があり、
どえりゃー、恋しくなったがね!

おまけに、エビフリャーもあるでよー! (= エビフライ)

「シロノワール」は美味でしたが、おそらく二度と再び食べないでしょう。
最近、甘いものをあまり好まなくなったのです。
辛いものなら、いつでも、どんだけでも食べられますが。

コメダで3時半まで休憩した後、再びウォーキング。

途中、あちこち気になりましたが、4時近くなってきたし、
明るいうちに家に着きたかったので、道草はよしました。

この日の歩数、27,482歩。

家を出てから帰るまでの6時間のうち、
電車待ちと電車に乗っている間と喫茶店にいた他は、歩き通しでした。

さすがの私も、25,000歩を超えたころから疲れが出始めました。

温かかったからかもしれません。
Tシャツ1枚で、腕まくりして、それでも汗をかいて、時おり扇子で涼み、
持ってきた上着はとうとう一度も着ませんでした。


にほんブログ村 受験ブログ 大学受験(本人・親)へブログランキング大学受験
  
Posted by MIKO at

2010年01月14日

センター試験、応援!

ついに今年もまたセンター試験まで残すところあと2日となりました。
受験生とご家族、先生方や関係者の皆さんの今のお気持ちはいかがでしょうか。
私も昨年のことをなつかしく思い出しています。
当日はベストコンディションで臨まれ、良い結果を出されることをお祈りします。

先日の合格だるまに続いて、今日は勝守です。

hikawa_ma




























今年一番の冷たい強風が吹いた13日(水)、さいたま新都心から氷川神社まで
ウォーキングを楽しみました。


さいたま新都心 NTTドコモさいたまビル

shintoshin





















ジョン・レノン・ミュージアム
(さいたま新都心スーパーアリーナ内)
2000年10月にオープンしたときに子供と一緒に来たので、
今回は前を通るだけにとどめ、目的地の神社に向かいました。

Lennon_yono
















氷川神社の境内案内図
ここへたどり着くまでに、ケヤキ並木の長い長い参道を歩いてきます。

hikawa_prec












氷川神社 境内
御祭神は須佐之男命(スサノオノミコト)と奇稲田姫命(クシナダヒメ)です。

hikawa

















(1月13日の歩数: 16,276歩) 


1月12日(火)の夕食

焼きサバとホウレン草炒め
筑前煮(鶏肉、人参、蓮根、ゴボウ、椎茸、こんにゃく、いんげん)
生椎茸と白菜の赤出し
発芽玄米ご飯

din_13Jan10















1月13日(水)のおやつ

くるみのパウンドケーキ

まる2年ぶりで作ったので要領を忘れてしまって、
少しぱさぱさした出来上がりになってしまいました。

wallnuss  
Posted by MIKO at Comments(14)

2009年12月29日

野火止用水ウォーキング

今年の夏、健康のために始めたウォーキング。
運動神経の鈍い私にも出来る唯一の運動です。

昨日の記録は、15,763歩でした。
今までの最高記録は、23,171歩です。

こちらは私が愛用している万歩計。
(数字は別の日の記録です)

manpokei










ウォーキングを始めて、何がすごいって、
それは、歩くと気分爽快になって、身も心も軽く感じることです。

ところがです! まったく予期せぬオマケまで付いてきたのです!!

体重の変化
7月   64キロ
11月  57キロ (7キロ減)
12月  56キロ (さらに1キロ減)

7月 ⇒ 12月  合計8キロ減

自慢じゃないけれど、このところずっと64キロを維持していた者としては、
わずか半年間の、この変わりようにはびっくりです!

はけないと思っていたズボンがはけるようになり、
これまで丁度だったスカートは、幾分ゆるゆるになりました。

ダイエットはしておらず、食べたいものはちゃんと食べているので、
考えられるのは、ウォーキングだけです。

気分が爽やかになる上に、体まで文字通り軽くなるなんて!

道具も何もいらなくて、思いついたら体ひとつでいつでも出来る。
運動神経もいらない。・・・・・ もう、すっかりはまってしまいました!

というわけで、今日は、野火止用水沿いの小路を歩いてみました。

nobi3














野火止用水とは、東京立川の玉川上水から埼玉県新座市を通って
志木へと流れる生活用水です。

火山灰が堆積して出来た関東ローム層からなる多摩地方は土地が乾燥して
農業に適していません。そこで、江戸時代の幕府の新田開発の一環として、
多摩川の水を引いて玉川上水が開削されました。

その玉川上水の水を分けてさらに武蔵野台地を潤わす目的で開削されたのが
野火止用水です。

埼玉県新座市では、古刹平林寺(禅寺、臨済宗)の脇を流れています。
ここでは、生活用水としてだけでなく、その名が示す通り、
この用水を境として野火の広がりを止める役割をも果たしていました。

あたりは、武蔵野の面影を今日にとどめると言われている雑木林で、
野鳥の宝庫でもあります。

nobi2














ウォーキングには格好の小路です。

nobi1



















ウォーキングを終えて家に帰ると、
夜は、演奏会が終わって久々に家でくつろいでいる子供のために
夕食を作りました。 料理が苦手なので、大したものはできませんが、
子供の大好物の麻婆豆腐と、自分が好きな肉野菜炒めを作りました。

chinese  
Posted by MIKO at Comments(20)