m2_ozehiuchigatakem2_fujisunrise_m








2015年05月21日

Tateyama Alpen Route 立山アルペンルート

静岡の翌日、自分は富山県高岡市にいました。
北陸新幹線デビューの巻です♪
で、一夜明けた5月18日(月)の朝、立山黒部アルペンルートの室堂平に!

murodo






















タイとフィリピンの、44名のお客様を案内しました。

tateyamamiko

























みくりが池周遊コースはまだ完全に雪道です。
湖面もほとんど雪におおわれていて、水面はほんの少しだけ。
薄っすらと青く見える部分です。
きっとそれも凍っていたことでしょう。

mikurigaike

























無事、立山観光が終わり、富山伏木港でクルーズ船とお別れ。

voyagersea





















自分は六渡寺駅から万葉線で高岡駅に戻り、JR城端線で新高岡、そして、
富山で、北陸新幹線の「はくたか」から「かがやき」に乗り換えて、大宮へ。

さすがに疲れて、大宮からの帰り道が、途方もなく遠く感じられました。

hokurikushinkansen
















最後までお読みいただき、ありがとうございます!
よろしければ、1日1回、下記のいずれかのバナーをクリックしていただけると、
励みになり、とっても嬉しいです☆

にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へにほんブログ村 子育てブログ 大学生以上の子へにほんブログ村 アウトドアブログ ハイキングへ  

Posted by MIKO at

2015年05月19日

駿府城公園、浅間神社、三保の松原

5月15日(金)夜、サウジアラビア人との仕事が成田空港で終了すると、
その足で、静岡県の清水駅に移動、23時半にホテル着、前泊。

翌16日(土)、クルーズ客のフィリピン人団体と、
駿府城公園、静岡浅間神社、三保の松原へ。

駿府城公園の紅葉山庭園。
4つの庭で構成されていて、新緑の季節もなかなか見ごたえがあります。

2momijiyama


















これ、茶畑に見立てた、でも実際にはサツキの植え込みです。
築山はもちろん富士山。富士山を背景に茶畑が広がる、静岡らしいお庭ですね。

1momijiyama



















駿府城公園には、徳川家康が大御所として晩年を過ごした駿府城の遺構として、
東御門と巽櫓、坤櫓が復元されています。

公園内にはまた、左手に鷹の留まった徳川家康の銅像があります。

3ieyasu

























静岡浅間神社では、バス4台、約180名が、お祓いを受けました。
祝詞の後に、短いお神楽もありました。

5shizuokasengen




















三保の松原へ移動。
今にも雨が降りそうな、どんよりと曇った日だったので、イマイチ。
バス駐車場も遠くに移ったため、長い「神の道」木道を歩くことになりました。

樹齢650年?の松。

6matsu



















もちろん、富士山は見えません。
なので、清水駅の中でポスターの写真を撮りました。

7mihonomatsubara

















最後までお読みいただき、ありがとうございます!
よろしければ、1日1回、下記のいずれかのバナーをクリックしていただけると、
励みになり、とっても嬉しいです☆

にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へにほんブログ村 子育てブログ 大学生以上の子へにほんブログ村 アウトドアブログ ハイキングへ  
Posted by MIKO at

2015年02月24日

安曇野のワサビ畑と北アルプス

Wasabi farm (jap. horseradish / jap. Meerrettich) and
the Northern Alps

2月19日(木)、JR大糸線穂高駅(安曇野)の大王わさび農場

daiowasabi
















The Northern Alps viewed from Azumino / Nagano Prefecture
安曇野の穂高町より、北アルプスの眺め。

northernalps1



















最後までお読みいただき、ありがとうございます!
よろしければ、1日1回、下記のいずれかのバナーをクリックしていただけると、
励みになり、とっても嬉しいです☆

にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へにほんブログ村 子育てブログ 大学生以上の子へにほんブログ村 アウトドアブログ ハイキングへ  
Posted by MIKO at

2015年02月22日

冬の松本城

Matsumoto Castle / Nagano Prefecture in winter
Well-prepared ropes protecting the pine tree against snow.

2月19日(木)、雪国の冬の風物詩−雪吊り、そして松本城

matsumotocastlesnow



















Just a little bit of snow could be seen.
わずかに残っている雪。

matsumotocastle




















最後までお読みいただき、ありがとうございます!
よろしければ、1日1回、下記のいずれかのバナーをクリックしていただけると、
励みになり、とっても嬉しいです☆

にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へにほんブログ村 子育てブログ 大学生以上の子へにほんブログ村 アウトドアブログ ハイキングへ  
Posted by MIKO at

2015年02月06日

楽しかったツアー(4)Wonderful Tonight in Gero下呂温泉

The dealers' trip continued on to Gero Onsen.
On the platform of Gero Station, JR Takayama Line.

下呂温泉での夜が明け、JR高山線の下呂駅で、21名のオジサンたち(笑)
線路には粉雪が舞っています。

gerostation





















下呂温泉では天皇皇后両陛下も泊まられた水明館に宿泊。
この夕食の最中に自分はいきなり体温調節がおかしくり一時中座したため、
肝心の牛肉の朴葉味噌焼きを食べそこなった〜(涙)

suimeikandinner


















二次会のカラオケ。
写したつもりなのに何故か歌手?の姿がないわ。
彼らは英語やドイツ語の歌を探して歌うのですね。

これは、Eric Clapton "Wonderful Tonight"
A nice, romantic song!
そう言えば、数年前、武道館のコンサートに誘われて、
エリック・クラプトン、聞いたなあ〜

自分は、目下NHK『マッサン』とアニメ『たまゆら』の舞台である竹原で
再び話題になっている、
原田知世の『時をかける少女』とユーミンの『卒業写真』を披露。

竹原の海岸に住む息子のこともちらっと考えながら(笑)

karaoke


















最後までお読みいただき、ありがとうございます!
よろしければ、1日1回、下記のいずれかのバナーをクリックしていただけると、
励みになり、とっても嬉しいです☆

にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へにほんブログ村 子育てブログ 大学生以上の子へにほんブログ村 アウトドアブログ ハイキングへ  
Posted by MIKO at

2015年02月05日

楽しかったツアー(3)白川郷

After Kaga/Yamashiro Onsen, we made our way to Shirakawago.

加賀山代温泉から白川郷へ移動。
白銀の峰々がまぶしい。

shirakawago2


















合掌造の屋根の勾配が雪を自然に落とす。

shirakawago3





















いつの季節に来ても心を洗われるような新鮮な気分にさせてくれる
荘川の流れ。

shokawa


















最後までお読みいただき、ありがとうございます!
よろしければ、1日1回、下記のいずれかのバナーをクリックしていただけると、
励みになり、とっても嬉しいです☆

にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へにほんブログ村 子育てブログ 大学生以上の子へにほんブログ村 アウトドアブログ ハイキングへ  
Posted by MIKO at

2014年10月24日

安房峠から雨の白川郷と飛騨高山へ

観光は本当にお天気次第。
安房峠を越えて飛騨高山と白川郷に行った先日のツアーは、
あいにく行く先々で雨に降られました(涙)

それでも比較的きれいに撮れた、大好きな荘川の写真。
白川郷からです。

朝早かったのでまだ団体が押し寄せておらず、
静かな雰囲気を味わえたのが良かったです。

1shokawashirakawago


















始終、傘をさしての白川郷の散策。
民家の畑のダリアが鮮やか。

2dahliashirakawago



















合掌造

3gasshozukuri


















歩いて上った山の展望台から集落を見下ろすも、
ちょうどこのとき雨が酷くなってきて・・・

4shirakawago


















こんな雨降りではこれ以上歩きたくないとの皆の意見で、
見学箇所は和田家だけにとどめ、バス駐車場へと戻ります。

ところで、和田家の入館券売りの女性、ホント、感じが悪い!
「おはよう」も「いらっしゃいませ」も言わないのはともかくとして、
ブツっとしてニコリともしない。
パンフレットをお願いしたら、口さえ開かず、顔さえ見ず、
ぶっきらぼうに、手で、パンフレット置き場の方を指す態度が、上から目線。

観光客が来ることをかえって迷惑に思っているのでしょうか。
つっけんどんな態度。
世界遺産だ、国の重要文化財だと、思い上がっているのでしょうか?


さて、高山・白川郷間は、行きはトンネルばかりの新道を通ったので、
帰りは御母衣(みぼろ)ダムと御母衣湖、そして荘川桜のある、旧道を通るよう、
バスの乗務員さんにお願いしました。

2日間お世話になったこの乗務員さんは、まったく感動に値する方でした。
私が感動しただけでなく、お客様全体の一致した意見でした。
優しくて丁寧。車内美化のゴミのことから車内の温度調節、ルートの相談、
食事場所や休憩箇所のことなど、親切に相談にのってくださいました。

日本最大のロックフィルダム、御母衣ダム(1961年、電源開発 J Power)、
御母衣湖、そしてダムに沈む村から救われて再び花を咲かせた「荘川桜」。
すべて雨の中でしたが、車窓から変化に富んだ景色を楽しめました。

このあたり、岐阜県と富山県の県境を、出たり入ったりするのですね。
というか、荘川沿いに幾つも橋を渡って走っているので、当たり前かな?
道の駅「荘川」で休憩した後、高速に乗ります。

5shokawasakura


















日にちが前後しますが、前日に泊まった高山アソシアリゾート。
とても良いお部屋でした☆

6asosiaresort


















和洋折衷で、洋室がメインのお部屋に、
モダンなテイストの和のコーナーがありました。

もっともツアーが強行軍で、全員での夕食と、全員での展望温泉ツアー、
そしてお風呂上がりのビール一杯飲み会があったので、部屋はただ寝ただけ。

7asosiaresort


















高山アソシアリゾートの展望風呂は5Fと7Fにあって、夜と朝で男女入れ替え。
真ん中の6Fが共有スペースで、そこで待ち合わせてくつろぐことができます。
共有スペースの北アルプスを望むバルコニーには立派な足湯もあります。

お天気なら翌朝、乗鞍岳がよく見えたことでしょう。
3週間前に噴火した御嶽山も乗鞍のすぐ近くです。

8


















日にちは前後しますが、高山屋台会館を見た後、桜山八幡宮。
もちろん、旧市街も歩きました。

9sakurayamahachiman


















高山・白川郷のツアーを終えて、再び安房峠越えです。
岐阜県と長野県の境にある安房峠を越える「安房峠道路(1997年開通)」
がなかった昔は、ここを越えるのは大変なことでした。
冬は積雪で通れないし、夏場は上高地や乗鞍岳あるので、大渋滞。

安房峠を越えて、今来た乗鞍方面と、上高地方面との分岐点に!
上高地へと続く釜トンネルの直前で、左側の景色を、車窓からパチリ。

10kamatunnel



















ツアーバスでは行きの道中にいっぱい話したので、
同じ道をピストンする帰りは、マイクを置いて、自分も景色を楽しみました。

奈川渡ダム(東京電力)の近く、紅葉が始まっている渓谷を見下ろします。

11


















あいにくの天気で、しかも走行中の車窓からなので、
イマイチですが、それでも少しは10月下旬の現地の様子が伝わるでしょうか。

12


















某市の訪問団の皆さん。
東京に戻ったときには、もう真暗。

1泊2日の強行軍で、しかも雨。
皆さん、一緒によく頑張ってくださいました。

一緒に展望風呂に入ったり、お昼に一緒に飛騨ラーメンを食べたり、
楽しい思い出を胸いっぱいにして、無事、帰国の途につかれますように。

13


















このブログが気にいったら、いずれかのブログ・バナーにクリックをお願いしますね。
↓         ↓         ↓    1日1クリックだけで十分です♪
にほんブログ村 子育てブログへ にほんブログ村 アウトドアブログ ハイキングへ にほんブログ村 シニア日記ブログへ  
Posted by MIKO at