m2_ozehiuchigatakem2_fujisunrise_m








2015年01月18日

さらば、センター試験

センター試験を受けた方々、また先生方、親御さん、お疲れさまでした。

私は今回のセンター試験を受けませんでした。
と言うより、もう二度と受けないし、そして受けることも出来ません。

期待を裏切ってしまい、応援してくださった皆さんには本当に申し訳ないです。

去年のセンター試験の後、数学、まったくやっていないです。
数検を目指してみようかとも思ったけれど、それもやっていません。

math1A2007



























2007年センター試験、数学1の、二次関数の問題のノート。
何十回も解いて、解法を丸暗記、完璧な答案が書けるようになったのは、
何だったのか?

1年もやらないでいると、いきなり1行目から意味不明。
平方完成を忘れているのだから、解きようがなく、まったく話になりません。

centre1A2007

















何十回も練習して、すらすら出来るようになった平方完成。
それが、完全に頭から消えていました。

再び、平方完成を練習してみます。
何だか酷くとっつきにくいものになっていました。

math























平方完成すら出来ないようでは、関数は無理ですね。
一時は頑張って、数2の微分積分までやったのに、この分だと、おそらく
増減表の書き方もあやしくなっていることでしょう。

出来ないながらも相当頑張った数Bのベクトルにいたっては、
問題を見るのもコワいです。

今年の数学2Bは難易度が高かったと聞きます。
大勢の受験生が2Bで泣いたことでしょう。
そのために、足切りを恐れて志望校を変更する人もいるでしょう。

センター試験の数学は本当に残酷です。
妙な誘導に乗れなくて、糸口が見つからないまま時間が過ぎていく。
ちょっとした計算ミスで、マーク欄に合わない数字が出てきて、パニックする。

私は過去2回のセンター試験と数々のセンタータイプの模試で、
毎回のように数学に裏切られて、泣いて帰ってきました。

あれは、スポーツのようなものだから、瞬時の判断力と処理能力がいる。
年とった自分などには到底、夢のまた夢のセンター数学でした。

何を血迷ってか、3年近くをそれに費やしてしまった・・・
その年月を他のことに費やせたら、違った自分がいたかもしれない・・・

でも、後悔はしない。
やったこと、起こったことは、すべて正しい。
ただ、もう二度とセンター数学はやらないし、やれない。

数学をまたやるかやらないか、・・・ 100%、諦めたわけではありません。
せっかくやったこと、無駄にしたくない。また思い出したい。

ことセンター数学とさえ切り離してみれば、
数学って楽しい!と感じることが何度もありました。
そうだ! センター数学だけが、いけないんだ!

仲良しの友達は、子供が社会人になった今、公文式で英語を頑張っている。
仕事も頑張っている。家事も、趣味のお稽古も、ぜんぶ頑張っている。

私も見習わなくちゃと思いながら、どんどん日が過ぎていく。

謡いのお稽古、大小の鼓のお稽古、旅行の仕事、パソコンの仕事、
ハイキング、ウォーキング、読書、テレビ(歴史ドラマ)。

やりたいことだらけ。
再び数学をやるなら、これ以上、時間をおいてはいけない。

私のように、センター試験はやめた!と言える人はいいけれど、
若い受験生はそうはいきませんね。
これから大変なことがいっぱいあるけれど、何とか乗り越えてください。


最後までお読みいただき、ありがとうございます!
よろしければ、1日1回、下記のいずれかのバナーをクリックしていただけると、
励みになり、とっても嬉しいです☆

にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へにほんブログ村 子育てブログ 大学生以上の子へにほんブログ村 アウトドアブログ ハイキングへ  

Posted by MIKO at

2014年01月24日

センター試験終わり、雪山入門(三ツ峠山)

「そうゆうのを冬山と言いませんよ(微笑)。冬山とは・・・」
「ああ、わかってます。槍が岳とか谷川岳とか、・・・を言うのですよね?」

「冬の山行き」に挑戦するために、昨秋、机上講座に参加し、
その帰り道、山用品店を見て歩いたときの店員さんとの会話です。

冬山とは呼ばない「雪山」入門レベルの三ツ峠山(1,785m)。
そのために購入した、アイゼン装着可能な靴、そして軽アイゼン(6爪)。

yukiyama


















センター試験の翌日、
雪山デビューとなる三ツ峠山を前にして、
センター終了まで封印してあった靴と軽アイゼンを取り出しました。

まずは靴に慣れるためのウォーキング。
アスファルトだと靴底が早く減るので自然の道で試すのが良いと聞きました。
そこで、家の近くの里山で実施。

satoyama0


















靴慣らしのための強制ウォーキングとは言え、
試験勉強とパソコンの仕事で運動不足になっていた体にほどよい刺激が!
頭もすーっとして気分転換になりました。

綿菓子の雲が浮かぶ青空に、前日のセンター数学で受けた心の傷が
不思議なくらいに癒されました。
畑に植わっている何でもない普通の白菜や大根までが目に新鮮でした。

あの位の失敗ではめげない、気持ちを切り替えて出直そうと思いました。

satoyama2


















その夜は、床に段ボールを敷き、アイゼンの調整と着脱練習。

そして、いよいよ三ツ峠山に登る日が来ました。
もちろん、ツアー、それも入門者向けの特別クラスです。
山岳ガイドさん2名、添乗員さん1名で、16名の参加者を見てくださいました。
恵まれています!

途中、中央道からも河口湖からも富士山の眺めが完璧でした。
ところが、富士山の最高の展望台と言われる肝心の三ツ峠山に登ると、
冬にしては暖かい日和だったせいか、その半分以上が隠れていました。

frommitsutogeyama


















標高差555mを2時間ほど登って山頂に着きました!
初めての軽アイゼン体験は快適でした♪
氷や雪に爪がザクッとめり込む感触が心地良かったです。

アイゼンが大地をしっかり掴んでくれるので、
落ち葉で覆われた坂よりは、はるかに安全かつ楽に下りられました。

frommitsutogeyama2


















日本ブログ村ランキングの下記のカテゴリーに参加しています。

にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へにほんブログ村 アウトドアブログ ハイキングへにほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ  
Posted by MIKO at

2014年01月22日

お詫び 国公立大学のこと

「結果次第では、奈良女子大とかになる可能性もあるんですよね!」
こんなメッセージを、センター試験前にあるブログ友だちから受取りました。

他にも受験応援メッセージやお守りをいただいて、・・・・・
ありがとうございます。

でも、ここではっきりと申し上げなければなりません。
このところ曖昧な書き方ばかりで、肝心のところをぼかしていたので、
今なお難関国公立大学の受験を目指していると思われても無理はありません。

この夢はすでに断念しました。
1. やりたい学問がない(行きたい学部がない)
2. 志望校のセンター足切り点を突破することが困難と判断

やってもよい学問に関しては、旧・東京都立大である現・首都大学に
自然・文化ツーリズムコースがあることを知っているのですが、
これは都市環境学部というれっきとした理系の学部に属するコースで、
センターで理科2科目、二次試験で数3Cと理科2科目があるので無理です。

だから、諦めました。
名大に憧れる、奈良女子が良い、東大に行きたい、首都大を見に行ったなど、
次々に大きな夢を語って、友の期待を集めてしまいました。



今回のセンター試験は、だらだらと続けてきた勉強に
ひとつの区切りをつける意味で受験しました。

ですので、2月に国公立大学の二次試験が待っているわけではありません。
今回のセンター試験で、英語を欠席したことが何よりの証拠です。

今からは初心にかえります。

そもそも、なぜ大学受験勉強を始めたのか?
やるべきときにやらなかった数学を、生涯に一度は勉強してみること、
それが出発点ではなかったか。

ところが途中から、高校の勉強を一通りやることが目標になってきました。
そして、それならばということで、一般入試で大学に行くことを目指したのでした。

初心に帰るならば、数学だけやれば十分ということになります。

国語は、センター試験のあの長大な文章を読んで、大量な問題を
制限時間内にこなすことが、精神的、体力的に大変に苦痛です。
それだけの根気がもうありません。

古文と漢文の勉強を今後も細々と続けていくにしても、
その力試しにセンター試験を利用する必要はないと感じました。

地理、日本史は、人生を豊かにしてくれるし、
センター試験の制限時間内での解答も可能なので、良しとします。

理科は、今回の地学の問題に直面して、能力の限界を感じたと言うか、
あれが出来るほどに勉強を続ける勇気も興味も薄れつつあります。

センター受験料も、2教科なら12,000円で済むので、
いっそ、数学と社会だけ申し込むという方法もあります。

あるいは、スポーツ能力を競うような、特有の誘導に惑わされるような
センター数学は、肌に合わず、今後も力を発揮しきれない可能性があるので、
センターはキッパリ忘れて、数検を目指すという手もあります。



目標を何に絞って、どれをどう勉強していくのか?
取りあえずは、今までの続きをやりながら考えていくことにします。

ただ、片寄らない「総合力」を身につけた人間になりたいという点では
今も変わっていませんので、何らかの試験で成果を確認するしないに関わらず、
総合的な勉強を続けていくことは明らかです。

私が難関大学の学生になることを応援してくださった皆さまには
大変申し訳なく思いますが、ご理解いただければ幸いです。


日本ブログ村ランキングの下記のカテゴリーに参加しています。

にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へにほんブログ村 アウトドアブログ ハイキングへにほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ  
Posted by MIKO at

2014年01月19日

センター試験2日目終了

「今日のセンター、徹夜して行ったらまずいと思う?
まだ、見直したいところがあるんで、寝ちゃったらおしまいなんで・・・」

「そりゃ、まずいでしょう。だって数学でしょ? ・・・・・
それに、大体いつから数学やってるの。もう5年はやってるでしょ?
5年もやってきて、未だにちょっと傾向が違うと出来ないって言う・・・
今夜徹夜したぐらいで変わると思えないね。」

そう子供に言われたので、
「じゃあ、2時間寝て3時に起きて勉強する。」と仮眠を取ったのでした。

5年もやってるのに未だに・・・
こたえるね、その言葉。

(確かに、年数だけはそのくらい経っているけれど、
こっちは勉強が本職のあんたたち学生とは違うんだよ!)

仕事を2つも掛け持ちして生計を立て、家事や雑事もそれなりにこなし、
少しは息抜きも必要なので、常時、勉強しているわけではないのです。

仕事が忙しいときは勉強をやれない期間が3カ月以上続くし、
季節が変わって再び勉強を始めると、前のことを全部忘れているから、
一からやり直し。中だるみして停滞したこともあるしねー。

だから、ギューっと圧縮したら、実質、2年ほどです。

それに、高校生と同じように全科目やらなくちゃ意味がないって、
日本史に地理に世界史、地学に物理に、古文に漢文に、・・・・・って
欲張っちゃったものだから、当然、1科目に費やせる時間は限られます。

まあ、すべては言い訳に過ぎませんがね。

「保護者の方はここから先へは行けません。」などと言われながら、
いい年して若い人の中に、みっともない姿をさらけ出してね〜

でも、年齢制限が設けられていないセンター試験ですから
堂々と受けて良いのですよ! 受験料は18,800円と高めですがね。

とにかく2日目、行ってきました。
理科、地学では、ちんぷんかんぷんの問題が沢山ありました。
今まで見たこともないものが、いっぱい〜
わけがわからず、しかたなく適当にマークしたものがかなりあります。
東進と駿台の総評を見ると、「難化」とのことでした。やっぱり。

数学、もうイヤになっちゃいます。
朝、3時に起きて、4時間かけて河合塾のマーク式問題集をひととおりやって、
感触が良かったので、今日はいけるかな?と期待していたのに・・・

とにかく、数学の試験開始を待っている間、
心臓がばくばくして、心臓発作を起こすのではないか、
周囲に聞えるのではないかと思うほどでした。

やっぱり頭が悪いのでしょうね。
高校生の誰もが、解答用紙にびっしりとマークしているのに、
私の解答用紙にはかなりスキマがあるので、回収を待つ間、恥ずかしかった。
あからさまに見えないように、問題冊子で一部隠したりしました。

そんなセンター最終日でしたが、朝は温かいものを作って
しっかり食べていきました。酒粕入りのほうとうです。

hotocentre


















そして、お守りを準備するのも忘れません。

左、自分で買ってきた太宰府天満宮のもの、
真ん中上、息子の彼女のママが買ってくれたもの、
右、富山の友だちから送られてきた、「すべらサンド」、
真ん中下、自分で買ってきた、伊勢神宮内宮のもの。

centreomamori


















数学が終わって校舎を出るとまだ4時だったので、
キャンパス裏手の里山まで行ってみました。

もちろん、じきに暗くなるので、奥の方までは行きません。
昼間でも淋しいところですからね。
道も複雑で以前に迷ったことがあるし、迷うようなところは、
交通も不便で、ぐずぐずしていると家に帰れなくなりますからね。

直ぐに引き返してきました。
鉄道の駅から我が家の最寄り駅までは、実質乗車時間たったの6分。
試験会場が近くて助かりました。

oyamada


















帰る道すがら、泣けてきました。
センター数学って、どうしてこんなに出来ないのだろうって。

家に帰って、さんざん泣きごとを言ったので、子供になだめられ、
「来年は某大学の経済学部を、数学受験で目指してみたらどう?
ただ、だらだらと勉強を続けて、それ自体が目的化してしまうのではなく、
本当の目標を探すとか、戦略という点も考えてみてもいいし。」と。

某大学の経済学部を提案するなんて、・・・ 本気か冗談か。
その数学は、レベルは高いけれど素直なオーソドックスな出題形式で、
センターと違って比較的努力が報われやすいタイプなのだそうです。

とにかく、センター特有の誘導形式が自分に合っていないようです。
短時間での情報処理スポーツのような点もペースが合わないし。

自分の努力がちゃんと報われるタイプの試験が受けたいです。
子供に言わせれば、センターだって、センターパックを時間内に解く訓練をすれば
処理能力が身についてくるとのことですが。

いずれにしても、今晩、勉強計画を1からリセットします。


日本ブログ村ランキングの下記のカテゴリーに参加しています。

にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へにほんブログ村 アウトドアブログ ハイキングへにほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ  
Posted by MIKO at

2014年01月18日

センター試験1日目終了

校舎に閉じこもっているのが勿体ないくらいに穏やかな冬晴れの日。
里山の自然に囲まれた某大学でセンター試験1日目を受けてきました。

地理B、最後の問題が愛知県の知多半島の地形と愛知県の産業でした。
最初から順番に解いてきて、最後に我が故郷の問題が出てくるなんて・・・
ああ、時間切れにならなくて良かった〜〜
先に全体を見渡してから解き始めるべきですね。

日本史B、う〜ん、どうかなあ?
現代史は手塚治虫が題材に取り上げられていました。
高度成長期も出てきました。

国語は、漢文→古文→論説文→小説の順に解きました。
いつものことですが、時間がまったく足りません!
小説(岡本かの子)は、本文を読まずに設問だけ読んで回答(汗)

toyamamori


















写真のお守りは、富山の友だちが送ってくれたもの。
「すべらサンド」という、「砂 = SAND」で出来たお守りです!!
機関車の車輪とレールの間に「滑り止め」として使う砂だそうです。

suberasand



















JR西日本の富山駅では、このお守りを手に入れるために、
早朝から大勢の保護者やおじいちゃん、おばあちゃんが並ぶそうです。
写真は友だちが送ってくれたものです。

toyamaeki























明日は、理科と数学。
未習分野を残したまま、ついにその日がやってきます。

勉強しても1日後には忘れている。
そんなことの繰り返しでした。

若い人のようには出来なくて当然ですが、
自分なりに、持てる力をぶつけて、くれぐれも不注意をしないようにして、
落ち着いて取り組んできたいです。


日本ブログ村ランキングの下記のカテゴリーに参加しています。

にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へにほんブログ村 アウトドアブログ ハイキングへにほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ  
Posted by MIKO at

2014年01月17日

数学を捨てた10代だった人の、センター直前勉強記録(24)

「今日、授業休みだったよー。」
「センター会場だった。家にセンター受験生がいるのにうっかりしてた。」

まったくその通り。
通っている大学が明日からセンター試験の会場になるので休講なのです。
それに気づかず行ってしまう子供も子供なら、
明日センター受験する身でありながら、子を送り出す親も親です(笑)

18日(土) 地理、日本史、国語
19日(日) 地学、数1A、数2B

保育園から小学校へは、父親による受験準備で小学校合格。
(ニワトリの足が4本と答えて付き添いの母に「落ちた!」と思わせたが)

小学校から中学校へは、エスカレーターで中学受験をせず。
中学校から高等学校へは、推薦の道を選んだので高校受験をせず。
高等学校から大学へは、私大文系にしたので英・国・社1科目だけ。
受験英語は、文通と音読のおかげで何とかなっちゃった。

だから、真剣に受験勉強をした経験がほとんどないのです。
唯一、少しは勉強したと言えるのが、英検1級、独検1級、国家試験など。
でもそれらはすべて大人になってからのことで、しかも語学関連ばかり。

XY座標もチンプンカンプンなら、
円の面積の出し方もつい最近まで知らなかった。
関数と方程式が別物だということも、昨夜初めてしみじみと味わいました。

どうやって、中学と高校を卒業できたのか不思議なくらいに、
数学も理科も社会も国語も、中でもとりわけ数学を、捨てていた10代でした。

そんな人間が、子供の、
「数学をまったくやらずに、このまま人生を終えるつもり?
どんなものか、一度はやってみた方がいいよ。」

の発言をきっかけに、
アラ還で高校数学を始め、明日センターを受験します。
受験できるだけで、とにかく感謝、感謝です。

dakkochan



















こんな人生になるとは知る由もなかった小学校時代、
大流行したダッコちゃんを連れて、名古屋の病院の屋上に立つ。

何で今ごろ唐突にこの写真かと言うと、つい先日、
友だちの実家が昔ダッコちゃんを製造していたと聞いたから。
懐かしくなって古いアルバムからこの写真を探し出したのでした!


センター試験直前勉強記録(24)
2014年1月16日(木)

日本史
『山川 30日スピードマスター日本史』より、元禄・化政文化
文化史があとひとつ残っています(近代文化と大衆文化)
今日やります(試験、明日なのに・・)

数学
『数学2B一問一答』より、
微分積分、指数関数・対数関数、階差数列


日本ブログ村ランキングの下記のカテゴリーに参加しています。

にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へにほんブログ村 アウトドアブログ ハイキングへにほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ  
Posted by MIKO at

2013年10月07日

センター試験の願書を提出しました

centre



















願書の両面のコピーを取って、簡易書留で本日郵便局から送りました。
もう後へは引けません。
って、受験料18,800円も払い込んだ時点で既にその心境でしたが。

相変わらず倹しい暮らしぶりの中、今月は子供の大学の授業料が27万円近く
引き落とされるので、18,800円は痛かったです。

それだけに、少しは結果を出さないとねえ・・・
自分なりに、この3年間に、牛の歩みながらも、
少しは賢くなった、勉強した甲斐があった、と思えるように。

全教科、あまりにも沢山の参考書や問題集に手をつけてしまったので、
どれもこれも中途半端で、やり遂げたという感じがどこにもありません。

残るわずかな日々は、どれか一冊に絞って仕上げるべきですが、
その選択が大いなる悩みの種で、本の谷間で右往左往しています。

それに、相変わらず時間の使い方が下手で、・・・
仕事のスキマ時間に勉強というわけにもいかないのです。

仕事のときは仕事のことだけで頭がいっぱい。

単独で長距離移動するときには、疲れて寝るか、ぼーっと窓の外を見て
頭を空っぽにしたり、あるいは飛行機から、日本の形が地図と同じであることに
改めてしみじみ驚いたり感動したりして、しばし夢中になります。

気がつけばもう目的地に着いていて、貴重なスキマ時間を失っています。

でも、国土の形に感動して見とれたり、新しい発見をしたりすることは、
本に書いてあることをただ鵜吞みするよりは意味のあることかもしれません。

まあ、焦らないで、今月中は仕事中心でいきます。

旅行シーズンが一段落ついて、オフシーズンになれば、
な〜んちゃって、そのときには試験まであと2ヶ月しかないわけですが、
自分の勉強机に張り付いて、朝から晩まで勉強できる日が、きっと来るでしょう!!
その日を夢見て、今は今しかやれないことを頑張ります☆


日本ブログ村ランキングに参加しています。
読んでみて、良かったな、参考になったな、と思われたら、
1日1票、下のいずれかのバナーをクリックして、
応援してくださいね m(_ _)m


にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へにほんブログ村 アウトドアブログ ハイキングへ
  
Posted by MIKO at