m2_ozehiuchigatakem2_fujisunrise_m








2011年12月24日

MIKO出演のTV映像公開(ウィーン少年合唱団と)

知らない間に自分のテレビ出演時の映像がYouTubeで公開されて
世界中の人に見られていたとはね〜 同僚から聞くまで知りませんでした〜

東京オリンピック(1964年、MIKOが中1の年)に来日したウィーン少年合唱団の
一団員と少女MIKOとの 世紀の「ご対面」 を、 ドイツZDF が企画して、
東京オリンピックから29年経った1993年5月に、ドイツに招待されました。

人気の音楽ご対面番組"Melodien für Millionen"での「ご対面」を、
「流浪の民」(Zigeunerleben)を間にはさんで、ご覧くださいませ。

 ドイツの人気司会者Dieter Thomas Heck氏とのインタビュー
 憧れの団員 Walter Pühringer君との、ご対面の瞬間!!

もっとも、この時点で、かつての少年少女は40歳を超えていて(笑)、
それから更に18年経った今年は、そろって還暦(!)でしたが・・・(爆)

いつもここに来てくださっている方への、
ささやかなクリスマスプレゼントになれば幸いです☆
MERRY CHRISTMAS!   FROHE WEIHNACHTEN!

な〜んちゃって、MIKOってこんなヤツだったのか〜と、
がっかりされて、逃げられなければいいのですが・・・(汗)

ZDF "Melodien für Millionen" Wiener Sängerknaben
MIKOインタビュー → 流浪の民 → ご対面 → Walterインタビュー


ご対面後 ⇒ 天使の歌声  ⇒ FINALE


1964年のヴァルター・ピューリンガー君と、1969年修学旅行(阿蘇)でのMIKO
wsk_wp1964miko1969












関連記事
ウィーン少・独語・TV出演(2009年6月6日)
外国語学習と意義-1(2010年1月26日)


いつもここに来ていただき有難うございます☆
1日1回、応援クリックをいただけるとスゴク励みになります(^.^)♪
Klicken Sie hier für die Blog-Rangliste MIKOs.
↓     ↓     ↓
にほんブログ村 受験ブログ 大学受験(本人・親)へブログランキング大学受験  

Posted by MIKO at

2010年06月06日

ウィーン少公演と、数学の進度

wsk_2010_pla






















ウィーン少年合唱団!

10代のほとんど、すなわち小5から大学に入学するまでの8年あまり、
私の心を惹きつけて離さなかった存在。

1964年と1967年の来日組を、
コンサート会場や、ホテルや、ファンレターや、プレゼントで追っかけて、
勉強なんかそっちのけだった・・・。

あまりにも勉強しないので、父を落胆させ、親子関係が悪化すらした・・・。
勉強しなかったから、国公立大学を受けられなかった・・・。

でも、それはそれでいい。

ウィーン少年合唱団があったから、ドイツ語を勉強した・・・。
彼らとめぐり合っていなかったら、今の自分はない・・・。


6月6日(日) サントリーホール

wsk_2010_sun


















10年?ぶりに彼らの生の歌声を聴きました。
美しいボーイソプラノによる絶妙のアンサンブルに、改めて驚きました。

昔のようにオペレッタがないのは残念だけれど、それでも

宗教音楽あり、歌曲あり、民謡に、ワルツに、ポルカに、・・・
果ては、ビートルズの 『Imagine』 や 『Let it Be』、マイケル・ジャクソンや、
SMAPのヒット曲 『世界にひとつだけの花』 まで盛り込まれていた・・・。

それに、『サウンド・オブ・ミュージック』 のなつかしいナンバーの数々!

wsk_2010_prh





















今回のツアー・プログラムです。
銀色のお星様がピカピカ、キラキラしていて、とっても今風!

4月から6月の、まる2ヶ月間のツアースケジュールを見ると、
北は、札幌、函館から、南は、宮崎、鹿児島まで、びっしり!

相変わらず、日本中どこへ行っても人気が衰えないのだなあ。


公演終了後、何人かの団員がホールの外に出てきて、
ファンたちの写真撮影に応えてくれました。

1964年来日の、私がドイツのTV番組で「ご対面!」したWP君は、今エンジニア。
1967年来日の、ソロの素晴しかったMK君は、今、国際的企業の幹部。

この美少年も、あと40年もしたら、同じようになるのかなあ・・・。

wsk_2010_1


















いい年をしてみっともないのですが、自分も何人かの少年からサインをもらいました。

wsk_2010_pro


















今朝は早起きして、数2の指数と対数をちょっと練習したものの、
コンサートに行ったために勉強時間が大幅に減りました。

美しい歌声で日頃の疲れを癒したので、明日からまた一週間、頑張ります!

昔、勉強をサボった代わりに、
今、どうしても、むしょうに、高校の勉強がしたいのです。

しばらくは、指数・対数の練習と、二次関数、三角比、必要・十分条件を、
毎日、必ず1回、何らかの形で繰り返します。

難問に手をつけない代わりに、
一度やった良問を、しつこく何度でも繰り返します。

wsk_2010_aut  
Posted by MIKO at Comments(6)

2010年01月26日

外国語学習と意義 - 1

【追記】後日(2011年クリスマスイブ)、テレビ画像を公開しました。


最近、日本ブログ村のカテゴリー「マルチリンガル」に登録しました。
こんなカテゴリーがあることは、たまたま通りがかりで知りました。

そこで、これを機に、外国語学習に関する自分の経験を大雑把に振り返り、
最後に、外国語学習の意義と、今後の展望を考えてみたいと思います。


英語
一昔(二昔 or 三昔?)前、ほとんどの日本人がそうであったように、
私も中学校1年生のときに、学校の授業で初めて英語に触れました。

当時、主流だった教科書 『Jack and Betty』 を用い、
今日では語り草となった、"This is a pen." 方式の展開でした。

"This" も "is" も "it" も聞き取れず、何だかさっぱりわからない私は、
授業中、先生の後について元気よく復唱するみんなに合わせて、
口パクをやっていました(笑)

なぜ声を出せなかったかと言うと、隣りの席の男の子に聞かれるのが
恥ずかしかったからです。

この頃、ビートルズが登場していなければ、あるいは、次回詳しく書く
海外文通を始めていなければ、私は英語で落ちこぼれていたと思います。


ドイツ語
1964年に来日したウィーン少年合唱団に魅せられたのがきっかけで、
中1から、独学で、ドイツ語を始めました。

当時(1964~67頃)は、『少女フレンド』 や 『マーガレット』 などが
毎週、競い合うようにウィーン少年合唱団関連の記事を載せていました。
これでは、夢中になるなと言われても無理な話です。

vbc_m















この頃のミーハーぶりがきっかけで、29年後、ドイツのZDFテレビ局から
招待されて「Melodien für Millionen」という番組に出演し、かつての団員と
「ご対面」をした話はこちらに ・・・ 「ウィーン少・独語・TV出演」

話をドイツ語に戻します。中1でどうやってドイツ語を勉強したかと言うと、
まず、近所の本屋さんに行って、分厚いドイツ語文法書を買ってきました。

今と違って音声CDなどは一切付いておらず、カラフルな可愛いイラストもなく、
勤勉な大学生がこつこつと勉強するように作られた実に地味な本でした。

当時はそうゆうものしかなかったのです。
とにかく、これ1冊で上級文法まで学べるようになっていました。

私の勉強法は、すべてを声に出して読むやり方です。
家でひとりでやるのですから、他の子に聞かれる心配もありません。

"Das ist ein Buch." とか  "der - des - dem - den" などと、
繰り返し唱えていたことが思い出されます。

英語もまだ始めたばかりでしたから、中1の中間や期末テストでは、
英語の"That is ・・・"と、ドイツ語の"Das ist ・・・"がごっちゃになったり、
英語の"does"が、ドイツ語の"das"になったりして、頭の中が真っ白になり、
苦し紛れの答案を書いて出しました。

クラスメートに、ドイツ語をやっていると言うと、
「英語もマスターしていないのに、ドイツ語やってもねー。
私はまず英語をマスターする!」と反論されました。

これはずっと後になってから思ったことですが、1ヶ国語だって完全には
マスターできないのです。だから、1ヶ国語が仕上がるのを待っていたら、
いつまで経っても次の言葉はやれないわけです。

2ヶ国語、または多言語を同時にやる方が効果的であることについて、
ヒッポファミリークラブの創立者、榊原陽氏が感動的な本を書いています。
これは今回の話の本筋からそれるし、また大変重要な理論でもあるので、
別の機会に単独で触れたいと思います。

次回は、海外文通がもたらした語学の上達について。
  
Posted by MIKO at Comments(12)

2009年06月06日

ウィーン少・独語・TV出演

【追記】後日(2011年クリスマスイブ)、テレビ画像を公開しました。


クルーズなど台数口のお仕事で、大勢のガイドさんとご一緒させていただくと、
大先輩や仲間のお話が聞け、情報を交換し、交流を深められてとても楽しいです。

今回は、あるガイドさんと昔の思い出話に花が咲きました。
彼女と私の間には、1964年に来日したウィーン少年合唱団がきっかけで
ドイツ語を始めたという共通点があるのです。

私が雑誌『合唱界』に投稿した記事に彼女が手紙をくれたことで交流が始まり、
中3か高1から2年ほど文通していました。

その後、十数年もの歳月を音信不通、消息不明のまま過ごし、
26年ほど前のある日、ガイドとして新幹線の中で奇跡的に出会ったのでした。

名前を聞いて、かつてのペンフレンドだということが分かったのですが、
まさか二人とも同じ職業に就いているとは思いもよりませんでした。

先日、長崎から羽田に帰る機内では、ほぼその話題で終始しました。

   追っかけ

東京オリンピックが開催された1964年に来日したウィーン少年合唱団
追っかけていた少女たちの多くが、私たちと同様にドイツ語を学びました。

私は中1から大学生用の参考書で独学。
高校時代は、カトリック教会でシスターが受け持っていた教室に通い、
大学生や社会人に混じって勉強しました。

そんな風にして、ウィーン少年合唱団つながりで文通していたペンフレンドたちは、
大抵ドイツ語を勉強していました。

ガイドや通訳、大学のドイツ語の先生になった人などを何人も知っていますが、
私の高校の同級生などはウィーン少年合唱団のペンフレンドLR君とゴールイン
してウィーン在住の人となりました。

彼女はエキゾチックな美人で、写真を同封してファンレターを送ったのが成功して、
毎日200通にも及ぶ日本からのファンレターの中できらりと輝き、LR君の心を
掴んだのでした。

W_S_Knabe一方、私のお気に入りのWP君(左)に
ファンレターを送る作戦、私の写真では
絶対に振り向いてもらえないと思ったので

他の女子高の綺麗な子の写真を
自分だと偽って送り、


ぬいぐるみや日本人形やLPレコードも送って、
来る日も来る日も返事を待つも、なしのつぶて(泣)

こうなっては、何が何でも大学でドイツ語を勉強して、

他のファンと決定的な差をつけて、
ウィーンまで押しかけないと!

と思って独文を専攻した次第です。

独文に入学すると、1、2年上の先輩たちも、似たり寄ったりの理由でドイツ語に憧れて
独文に入っていたので、その多くはドイツ語圏に留学して、その結果、国際結婚したり、
海外で就職したりしました。

肝心の自分は、後年、念願かなってウィーンに旅行できたものの、
お金がないため留学はできず、まったく別の道を歩むことになりました。

   テレビ出演

あれから何十年も経った1992年8月、
突然、ドイツのテレビ局ZDFから私宛に特別番組への出演依頼が届きました。

1964年に来日したウィーン少年合唱団の憧れのWP君とのエピソードを綴る

「音楽(ご対面)番組」

を制作したいというのです。

なぜ、私の昔話をドイツのテレビ局ZDFが知っているのか?

きっかけは、こうです。
息子が生まれる前にやっていたガイドの仕事でお世話をしたことがある
ドイツ人のご夫婦が、私のウィーン少年合唱団がらみの身の上話を特ダネととらえ、
同番組の出演者候補として内緒で私をテレビ局に推薦していたのです。

こうして、翌1993年の5月、私は会社から2週間の有給休暇をもらって
ドイツへ飛び立ちました。
私ともう一名が招待されたので、その一名は私の息子になりました。

zdf_fra_1993












フランクフルトの空港までテレビ局からお迎えの車が来ました。

背中に小さなヴァイオリンをしょった3才の息子は、生まれて初めて乗った
飛行機の旅に疲れ、抱っこされたまま眠っていました。

Sindelfingenという町まで連れていかれ、番組制作スタッフや、
私と同様に音楽にちなむエピソードで出演依頼を受けた他の人たちとホテルに滞在し、
舞台監督や司会者と打ち合わせしたり、化粧や髪型や衣装のリハーサル、
そして本番さながらのゲネプロを経て、ライブ本番の日がやってきました。

テレビ局が用意したベビーシッターが楽屋で息子と遊んでくれている間に、
番組は進み、とうとう私の出番が来て、ドイツの有名な司会者と手を取り合って
ステージに進みました。

司会者から受けたライブインタビューでは、
ウィーン少年合唱団の1964年来日の思い出話や
ファンレターをいっぱい送ったのになしのつぶてだった話、でもそれがきっかけで
ドイツ語を勉強したことなどを話しました。

その後、はるばるウィーンから呼ばれていた現代のウィーン少年合唱団
「流浪の民」など数曲を披露してくれました。

   ご対面

そしていよいよ、あの瞬間が来ました。
憧れだったあの少年と果たして「ご対面」なるかどうかの。

あらゆるリハーサルはやったものの、この瞬間のリハーサルだけは
ありませんでした。これだけは秘密裏に進められていたからです。

「ご対面」なるか?!

何と、何と、テレビ局は、私ごときのために、オーストリア中を探し回って、
あの少年を見つけていたのです!

こうして、29年の歳月を経て、ついに憧れの少年と対面できました。

その少年は、年を重ねて、昔の面影ばわずか・・・。

これが世の現実です。
人のことは言えません。私も思いっきりオバサンになっていましたから。

zdf_tv_wp_93












左側: 司会の超有名人 ディーター・トーマス・ヘック氏
右側: オッサンとなったWP君
後ろ: 現代のウィーン少年合唱団

テレビ出演の後は息子とミュンヘンに行きました。
街の真ん中のカフェレストランに行くと、見知らぬ老紳士が近づいてきて、

「もしかしたら、あなたは昨晩テレビに出ていらした方ではないですか?」

「はい、そうです。」

すると、さっそく奥さんの方を向いて、
「おい、お前、やっぱり思ったとおり、テレビの人だったよ!」

次に、国境を越えてオーストリア、ザルツブルグのモーツァルト生家に行くと、
売店の年配の売り子さんが、

「私、あなたにどこかで会ったんですけど、どうしても思い出せないわ。」
と頭をかかえます。

そこで、私が、
「あの、私、昨日テレビに出てたんですけど、もしかしたら?」と言うと、

年配の売り子さんはキャアッっと叫んで、
「まあ、信じられないわ!昨日テレビで見た人が私のお店に来るなんて!」

一夜にして、ドイツ、オーストリア、スイスの三カ国で有名になってしまった
MIKOでした。

今ではもう、このテレビ出演の話も、夢かうつつか幻のようになってしまい、
ビデオで再確認しない限り、本当に自分に起きた出来事とは信じられません。

   ミーハーな親とその子供

年少_vn小さなヴァイオリンを背中にしょった
3才の息子の手を引いての
きわめて珍しいドイツ旅行でした。

旅先のホテルでもヴァイオリンを練習♪

どこへ行くにもヴァイオリンがお供しました。

バイエルン州の昔のペンフレンド
(元、レーゲンスブルグ少年合唱団員)の
家に立ち寄って泊まったときも、
そこの6人の子供達と音楽を楽しみました。

子供に音楽のお稽古事をさせたのも、

音楽業界の仕事に長く関わっているのも、

老化で固くなった指関節と闘いながら
この年でヴァイオリンに挑戦しているのも、

元はと言えば、ウィーン少年合唱団
レーゲンスブルグ少年合唱団
影響も大きかったと思います。

名古屋を基点に、岐阜、浜松まで追っかけをやって、
しょっちゅう父や母から叱られていた自分ですが、
何が幸いするのかは、そのときには分からないものです。

先日行なった工作機械の会社の仕事でも、ドイツの現地法人の方たちは
私のこのエピソードを前からよくご存知なので、立ち寄った鎌倉の駅前で
明日(6月7日)のウィーン少年合唱団・鎌倉公演のポスターを見つけたときは、
思いっきり冷やかされてしまいました。(・◇・)ゞ
  
Posted by MIKO at