m2_ozehiuchigatakem2_fujisunrise_m








2015年07月11日

呉線沿線から瀬戸内の旅10-呉と戦争花嫁と復興への道

BAR & GRILL "LILY" BEER ¥160 SMALL BEER ¥100
BAR & HOTEL "OASIS" BEER ¥130 TOM COLLINS ¥100

英連邦朝鮮派遣軍兵士がよく利用したバーの案内カード。
基地の町として賑わった昭和29年(1954年)頃の呉の様子を物語っています。

その頃の物価からすると随分と値の張るビールに見えますが、
1ドル=360円の時代ですから、彼らにはタダ同然。

1british














軍港としての呉の歴史は、明治政府によって呉鎮守府が開庁された1890年から
終戦で呉鎮守府が廃止された1945年に遡ります。

4chinjufu



























6月24日(水)、呉線沿線から瀬戸内の旅が終わりに近づいた日、
江田島小用港から呉に戻り、大和ミュージアム(呉市海事歴史科学館)を訪問。

3yamato


















大和ミュージアムに展示されている10分の1の「戦艦大和」。

戦艦大和は、1941年(昭和16)、呉海軍工廠で当時の最先端技術を集大成して
極秘裏に建造された世界最大の戦艦です。

1945年(昭和20)4月7日、沖縄特攻作戦に向かう途上、米軍の攻撃を受け沈没、
乗員3,332名のうち3,056名が大和と運命を共にしました。

しかし、大和の建造技術とものづくりの精神は生き続け、
世界最大級のタンカー建造や、自動車や家電品の生産など、幅広く応用され、
戦後の日本の復興を支えてきました。

2yamato


















1950年(昭和25)6月28日、「旧軍港市転換法」が公布され、
「平和産業港湾都市」建設への夢が謳われました。

5tenkan




















ところが、その3日前の1950年(昭和25)6月25日、朝鮮戦争が勃発。
英連邦軍(オーストラリア、ニュージーランドなど)の兵士が
呉の基地から朝鮮半島へと大量に派遣されています。

「戦争花嫁」
私がニュージーランドに住んでいたとき、私より年上の日本人女性が何人も、
「戦争花嫁」として英連邦軍兵士と結婚して、現地に住んでいました。

「呉」と「戦争花嫁」という言葉が、私をノスタルジーの世界に誘います。

6koreawar




















朝鮮戦争が終わり、1956年(昭和31)に英連邦軍が撤退し、
呉は、平和産業港湾市として名実ともに新たな時代を歩むことになりました。

21世紀の呉港の様子。

7kureport

















と、そのとき、石崎汽船が目の前を通りました。
四国は愛媛県の松山観光港と広島市の宇品港を結ぶ定期フェリーです。

今年の4月、仕事で広島から松山に行くときに乗りました。
写真の船は、松山から広島に向かっているようです。

ishizakikisen


















最後までお読みいただき、ありがとうございます!
よろしければ、1日1回、下記のいずれかのバナーをクリックしていただけると、
励みになり、とっても嬉しいです☆

にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へにほんブログ村 子育てブログ 大学生以上の子へにほんブログ村 アウトドアブログ ハイキングへ  

Posted by MIKO at

2014年02月22日

「在職厚生年金」と「特別支給の老齢厚生年金」

2014年
2月8日、9日
2月15日、16日
2月22日

これ、最近の週末を書き出したものですが、
この全部が全部、当初の山登りの計画が中止となりました。
記録的な大雪のためです。

こんなに降ると孤立状態となってしまう地域ができること、
また日ごろ当たり前に思っている物資の流通が遮断されてしまうこと、
さまざまな問題が浮上してきました。

遊びがことごとく消えてくさっていたのは最初のこと。
やがて、こんなときに遊びしか頭にない自分を反省しました。

とは言いながら、反省した、その口が乾かないうちに、
また気がむしゃくしゃしてきて、子供に当たり散らかしました。

その根底には、仕事のことがあります。
還暦過ぎてもなお働かなくちゃいけないなんて!
いい加減、遊ばせてよ、もう十分に頑張って働いてきたんだから!

私は2つの、まったく異なる業界の仕事を兼業しています。
その一方の仕事に疲れ果てて、最近ではサボることばかり考えています。
でも、辞められない。
それなりに社会的責任は自覚しているし、辞めたら厚生年金と健康保険から外れる。
だから、続けるより他に選択肢がない。

もう一方の、大好きな、天職であるはずの仕事も、
最近は業界の様子ががらりと変わってしまい、昔ほど魅力を感じない。
原発事故だの、天災だの、テロだの、季節的に極端に片寄る需要のアンバランスなど、
その業界につきものの不安定さは、昔も今も変わらない。
昔と比べて良くなったことなんか、ひとつもない。

そう思い始めると、もうエスカレートする一方。
いつになったら働かないでも済むようになるの?
遊びたい! 遊びたい!! 遊びたい!!!

今の状態が永遠に続くように思えて悲観、悲観。
それで、自然と子供に八つ当たりすることになったわけです。

今は、遊ぶときも、内心、仕事をサボって遊んでいる罪悪感があるのでね。

ところがです。
さんざん喚き散らかした翌日、つまり昨日ですが、
人生をガラリと変えるような朗報を得たのです!!

とっても嬉しいことが、いきなり目の前に開けてきて、
これからの人生に、ささやかな希望と安心が生まれました。

とたんに、むしゃくしゃした気持ちが吹っ飛びました。

「在職厚生年金」の存在を知ったのです!!!

働いている間は年金はもらえない・・・
65才より早く年金を開始すると受給額が減る・・・

そんなふうに世間一般が言っている話を鵜呑みにして、
これまで詳しく調べてみようとすらしなかった・・・

でも、今、年金事務所が教えてくれました。

「在職」しながら、
60才、63才と、段階的に受取れる「特別支給の老齢厚生年金」の存在を。

それを知って、
そうか、それならば、仕事、頑張ろう!
嫌気がさしていた仕事も少しは頑張って、厚生年金を掛け続けよう!
掛け金を払いつつ、同時に年金をもらうのだから、実質は少額だけれど、
無いよりは、うんとマシ。
第一、希望が持てます。

一夜にして、不満のどん底から、前向きの人になりました。


以下は追加情報までに。
世の中には私のような人が他にもいるかもしれません。
60才になると国から送られてくる、A4の緑の封筒をなくした人もいるかも。
私は捨てこそしないものの、昨日、初めて開封しました。

無知ほどオソロシイことはありません。
この、「特別支給の老齢厚生年金」は、65才になる前に請求しないと、
「時効」となり、受給する権利を失うという重大な事実を知るべきです。


日本ブログ村ランキングの下記のカテゴリーに参加しています。

にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へにほんブログ村 アウトドアブログ ハイキングへにほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ  
Posted by MIKO at

2013年01月20日

元横綱 大鵬逝く

元横綱 大鵬が、1月19日午後、世を去りました。亨年72歳。
心よりご冥福をお祈りします。


「柏鵬時代」として一世を風靡した名力士がまた去り、
私の少女時代がますます遠いところへ行ってしまいました。


元横綱 大鵬                    元横綱 柏戸
taiho kashiwado

















千秋楽の柏戸・大鵬戦では、どちらも応援したいのは山々だったけれど、
ほんのちょっと、1ミリメートルほどの差で、柏戸に贔屓したものでした。

でもでもその差はたった1ミリなので、どちらが負けても大ショック。
もう、手に汗を握りしめて、大声を張り上げて観戦していました。



「柏鵬時代」は、まさに日本経済の「高度成長期」と重なっていました。
大相撲の黄金時代でした。

それは、60年安保闘争の少し後に始まりました。

東海道新幹線が開通したのも、
東京オリンピックが開催されたのも、

ビートルズが来日したのも、
日本中の多くの少女がウィーン少年合唱団の追っかけを始めたのも、

トヨタが国産車の自信作を次々に市場に送り出したのも、
学生紛争が激化して東大入試が中止になったのも、

すべて、この時代のことでした。

何もかもが、新幹線のような早さで遠くに行ってしまいました。
あれから50年近い歳月が流れたのだから、年をとるのも当然ですね。

あとは残りの人生をいかに生きるかです。
限りある命を1日1日大切にしなくては!!

というわけで、ボーっとした頭を冷やして、
土曜日からまたNHK高校講座を見ています。


にほんブログ村 受験ブログ 受験生の親へにほんブログ村 旅行ブログ 歩く旅へにほんブログ村 教育ブログ 在宅学習・通信教育へ  
Posted by MIKO at

2012年10月20日

調布市花火大会、秋の宵、亡き人のこと思ったよ

10月20日(土)、午前中は、京王ウォーキングで八王子へ。
約11km、2時間40分ほどの道のりを歩きました。
この日の歩数: 25,457歩(21時現在)

午後は、ほんのちょっとだけベクトルの勉強(成分表示と内積)をして、
それからTsutayaに行き、「千と千尋の神隠し」をようやく借りました。

そして、夕方は、調布市花火大会。
多摩川の河川敷で行なわれるこの花火大会は、昨年は震災のために中止。

今年が30回目。全国でも有数の規模を誇るそうで、
毎年30万人ほどの見物客が訪れると聞きました。

私は、18時から19時まで見物しました。
終了時刻の19時を時計がさすと、その瞬間にピタリと止みました。


うふふ、特等席で見たのです☆
自宅の玄関前に椅子を出して、風邪ひかないように温かくして。

ポン、ポン、って、空を指して、真っ直ぐに伸びて、パッと開くボンボン花火、
まるで、ダリアみたいでした〜

chofuhanabi3


















休みなくひっきりなしに上がる花火。
いっぱい写真を撮りましたが、なかなか良いのが出来ませんでした。

中で、一番よく写っているのが、これです。
これは、実物もすっごく綺麗でした。
18時52分頃なので、フィナーレに差し掛かった頃ですね。

とっても高く打ち上げられるので、
森の向こうなのに、よ〜く見えるのです☆

chofuhanabi1


















日本の夏の風物詩である花火大会が、秋たけなわの今ってのも珍しいですが、
それはそれでなかなか味わい深いものです。

花の生命も短いけれど、花火はもっと一瞬で消えてしまう。

一瞬、一瞬の表情を追いかけながら、今年亡くなった友人たちのことを思いました。
彼女たち、こんな綺麗なものを二度と見られないところに行っちゃったんだなあって。

そう思うと、自分が生かされていて、今年もいっぱい色んな経験を積めることが、
どれだけ有り難いことか、1日1日を大切にしなくてはと、しみじみと思いました。

chofuhanabi2




















にほんブログ村 受験ブログ 受験生の親へにほんブログ村 旅行ブログ 歩く旅へにほんブログ村 教育ブログ 在宅学習・通信教育へ  
Posted by MIKO at

2012年10月14日

一期一会

釧路ツアーの前日キャンセルに始まり、
福岡ツアーの前日キャンセルなど、痛い目に遭った10月でしたが、
それを除けば、お陰さまで、ガイド業で充実した10月前半を過ごしています。

そんなある日、アメリカ・テキサス州のVIPご一行様に同行しました。

昼食会場の、東京 芝 「とうふ屋うかい」

tofuukai














東京タワーの真下にある高級料亭です。
(写真は、同料亭のサイトからお借りしました)

ガイドは別室・別メニューというのが、エージェントのよくやる手配です。
この日も、私のテーブルは別室・別メニューで用意されていました。

しかし、お客様から是非一緒にと懇願されたので、同じお部屋になりました。
お庭に面した明るいお部屋で、次々に運ばれる純日本料理にみなで感激しました。

食後、お庭で、今が見頃の宮城野萩に目を奪われました。

hagi



















お別れの握手のとき、手にぎゅっと握らされた心付。
皆さまの姿が見えなくなるまで、ずっとずっと手を振って、ついにお別れし、
家に帰る途中で見たら、途方もない金額だったので、びっくりしました。

あなたは心から幸せを感じながら、ガイドの仕事をしていらっしゃるでしょう。
あなたの笑顔に、それがよく現れているので、私たちにはよくわかるのですよ。
そんなあなたにガイドしていただける自分たちは、本当に恵まれた、幸せ者です。

そう、皆が、代わる代わる、繰り返し、おっしゃってくださるので、
大そうご満足いただけたことはわかるのですが、それにしてもこの多額の心付け。

どうしても改めて感謝の気持ちをお伝えしなくては気がすまなかったので、
ご宿泊のホテルにお礼のメッセージをお送りしました。

ところが、VIPにつき、本名を伏せて別名でご宿泊されていたため、
ご本人を特定するにあたって、ホテルの方のお手を随分煩わせてしまいました。

ようやくのことで、メッセージが無事届けられたと、
ホテルの交換台からお電話をいただき、ほっと安堵すると同時に、
感謝の気持ちが伝わって本当に本当に良かったと、はらはらと涙が流れました。

頂戴した心付は、仏壇の父母にお供えしました。
今ある自分も、今の仕事を出来るのも、育ててくれた父母のお陰だからです。

一期一会。
生涯に二度と再びお会いできないであろう大勢のすばらしい方々と、
たとえ短い時間でもご縁を結べて、お互いに末永く思い出に刻むことができる
この仕事を、私は自分のライフワークとして、健康な限り続けたいと思います。


にほんブログ村 受験ブログ 受験生の親へにほんブログ村 旅行ブログ 歩く旅へにほんブログ村 教育ブログ 在宅学習・通信教育へ  
Posted by MIKO at

2012年01月22日

勉強記録第9日目+キャリアウーマンとか自由恋愛とか

価値観や社会のあり方って、時代と共に変わりますね。
現代では不可とされることが、別の時代では当たり前のことでした。
例えば、一夫多妻制。 また、自由恋愛。

『常陸国風土記』によれば、筑波山麓は、古来より「歌垣」と言って、
農閑期に未婚男女が集い、歌を交換し、踊って、結婚相手や恋人を見つけ、
自由に性交を楽しむ大規模な行事があったことで知られています。

一体全体、今日の日本のいわゆる常識の土台となっているのは、
国政そのものが儒教でがんじがらめだった江戸時代の名残でしょうかね。

儒教による男尊女卑の影響下では、女性は高等教育を受けなくても良いと、
そんな考え方をする親たちが、ついひと昔前の日本にもいました。
ところが昨今では、女性の社会進出がいちじるしく、女性の経済的自立に伴い、
結婚や恋愛、男女のあり方についての道徳感も変わりつつあります。

歴史を振り返れば、古代日本は女性が活躍する時代でした。
宮中の高貴な方に付くエリート私設秘書の女房たちがいました。
国家に雇われた上級公務員としての女官たちもいました。
重要ポストに就くべく彼女たちは幼い頃から教養を身につけていました。

彼女らを取り巻く貴族社会の結婚は親の出世に影響する一大事でしたが、
庶民の結婚や恋愛はきっと自由でおおらかなものであったことでしょう。

歴史の「今」しか見えなくて、狭い考え方に捉われるのではなく、
もっと広い世界観や価値観があるのだと知ることはとても大切ですね。
これこそ古典や歴史を学ぶ意義であり、上すべりで終わってはなりません。

『マドンナの古文常識』を読みながら、ふとこんなことを思った次第です。

今日は下に『日本史でるとこ攻略法』から頻出重要事項のゴロがあります♪

にほんブログ村 受験ブログ 大学受験(本人・親)へにほんブログ村 受験ブログ


では、昨日の勉強記録です。
【第9日目】2012年1月21日(土)

『センター数学』
数学1A
平面図形 2007
平面図形 2008
二次関数 2008(追試)
ミニ確率  赤白青の数字の書いてある玉の確率

数学2B
数列 2012 (4日連続でやって、かなりスムーズに)
ベクトル 2008 (◎ すらすらと)
ベクトル 2011 (かなりスムーズに。最後だけは難しい。)
微分積分 2010 は、しばらく温めることに。

『頻出重要問題集 地学』(旺文社)
昨日は(も)お休み。

『世界史 一問一答』(山川)
P.24 インダス文明 〜 P.28 インド・中国文明の受容と東南アジア

『日本史 一問一答』(山川)
昨日はお休み。

『日本史でるとこ攻略法』(文英堂)
No.25 塑像と乾漆像の判別法 〜 No.32 三筆

三筆は、去年からのお気に入り語呂です♪( ´▽`)
立ちっぱなし  さがせ!
橘逸勢        空海  嵯峨天皇
平安初期の、弘仁・貞観文化で、唐様ですよ!

『マーク式基礎問題集 古文』(河合塾)
昨日はお休み。

『マーク式基礎問題集 漢文』(河合塾)
昨日はお休み。

『超基礎国語塾 マドンナの古文常識217』(学研)
No.86 朝臣・卿 〜 No.98 乳母

『超基礎国語塾 マドンナの古文単語230』(学研)
昨日はお休み。


古文・漢文の音読は、毎日やらないといけないのですが、眠くて負けました。
勉強したどの文章も最低50回は音読して「質」の向上を図りたいのですが。


にほんブログ村 受験ブログ 大学受験(本人・親)へにほんブログ村 受験ブログ  
Posted by MIKO at

2011年10月06日

97歳、現役キャリアウーマンの生き方に学ぶ

男性60過ぎたら何しようか・・・?じゃない。

60歳なんてピンピン!

エイジレスな仕事をしなくちゃダメ!



ふだんテレビを見ない私が、今朝たまたま息子に、
「お母さん、来て!! 見て!!」と呼ばれて、一緒に見た

97歳、現役報道写真家 笹本恒子さんのインタビューの中の言葉です。


1914年(大正3年)生まれ、1940年に女性報道写真家第一号となり、
戦中戦後の激動の時代を含む歴史の決定的瞬間を記録してこられた笹本さん。

97歳と思えない美しさに加えて、ヘアスタイル、ファッション、ライフスタイル、
すべてに感動し、思わずこの感動を書きとめておかずにはいられなくなりました。

東京山の手のマンションでひとり暮らしをされる笹本さんは、
朝6時に英語を勉強し、その後ラジオ体操をして、1日3食はすべて手作り。
「誰に見せても恥ずかしくない」献立日記を綴っていらっしゃいます。

健康的な食事に加えて、毎日の食卓にワインを欠かさないのも笹本さんの
健康の秘訣のようです。


男性60過ぎたら何しようか・・・?じゃない。

60歳なんてピンピン!

エイジレスな仕事をしなくちゃダメ!



そう、そのとおりですよね〜!!
今月、還暦を迎える私にとって、またとない力強いメッセージです!


笹本さんがこのほど出版された著書です!
『好奇心ガール、いま97歳』




この出版書紹介ページにインタビューの動画(必見!)があるのですが、
ここにもまた感動のメッセージが散りばめられていました!
(厳密な言葉通りではなく、私が書き変えています。)

勉強できるうちに勉強しておかなくてはいけない。

私は才能がないわと言う人がいるけれど、
勉強してみなければわからない。

勉強して、たとえ失敗しても、きっと何かが得られる。

生きている限り、自分で自分を養っていく精神が大切。



58歳にして高校数学に挑戦し、大学再受験という目標を持ったものの、
子供がいなければ天涯孤独、60歳から先どうやってこの孤独を埋めていこうか、
人生はもうエピローグに差し掛かっているのではないのか?

そこはかとなく忍び寄る秋の寂寞の中で必死に何かを追い求めていた私に
またもや「生きる力」を与えてくれた、新たなるメッセージです(^.^)☆彡


ブログランキング ブログ村
ブログランキング・大学受験(本人・親)・日本ブログ村へ
  
Posted by MIKO at Comments(8)