m2_ozehiuchigatakem2_fujisunrise_m








2016年09月05日

楽しかった色々なこと(7月−9月)♪

ブログを更新していないので、何人ものお友達からメールをいただきました。
ご心配いただきありがとうございます!
元気そのもので、楽しいことがいっぱいありました。
楽しかった思い出の写真を少し、下の方に貼り付けます♪

更新できなかった理由:
iPhoneのicloud不調により画像をPCに同期するのが非常に困難なこと、
iPhone内に画像がたまり過ぎて、本体の「storage不足」状態が続いていること、
そうこうするうち、書きたい新しい出来事が次から次へと増えていくので、
処理しきれなくなったこと、
facebookならそれらの苦労がないので、専らfacebookをやっていたこと、etc.

この夏に行なった主なイベントは、
南木曽から妻籠・馬篭・妻籠の中山道往復ハイキング、
恵那の岩村城址ハイキング、
名古屋の秀吉・清正資料館と名古屋能楽堂、
アメリカやドイツの団体との長めのツアー、
イタリアから来日した友達との炎天下の多摩ウォーキング、
『吾妻鏡』勉強会、
能装束の虫干し見学会、
金春流・観世流合同の能楽イベント、
砂川闘争に関する展覧会と映画、
長唄三味線の浴衣会、

そして、またドイツの団体との長めのツアーを昨日関西空港で終了し、
帰り道に、伏見の稲荷山に登って、豊橋の吉田城址で吉田文楽と薪能を観て、
今朝未明に帰ってきました。

長唄三味線の浴衣会
浴衣であっても、袋帯に帯締・帯揚、そして足袋と草履です。

yukataobi


























ドイツの団体と諏訪の旅館で

tour


















妻籠から馬篭峠に到着。
ここから先、馬篭宿まで歩き、ピストンして大妻籠の旅館に宿泊。

magome pass




















馬篭宿からの恵那山の眺めは最高!

mt ena





























岩村城址。
岩村駅から15分ほど歩いた後、城址は山頂にあるので、登りが大変。

iwamura





















武田修能館で行なわれた能装束の虫干し見学に参加。

nocostume



















金春流と観世流の合同での能楽イベントにも参加♪
facebook友達の能楽師さん達にお会いできました☆

konparukanze




















府中市美術館で行なわれた、砂川闘争に取材した郷土の画家の作品展、
「燃える東京・多摩 画家・新海覚雄の軌跡」を見に行き、
砂川事件を描いたドキュメンタリー映画を見ました。

sunagawa


























昨日の朝は、関空で仕事が終わると、その足で京都の伏見に立ち寄り、
稲荷山に登りました。

fushimiinariyama


























稲荷山の後、京都から新幹線で豊橋に行き、
吉田城址での吉田文楽と薪能を鑑賞。

yoshidabunraku


























吉田城址への夜道を照らすのは、豊橋にある東海道二川宿の灯篭。
いつかまた三河へ行けたら、二川宿に寄ってみたいです。

二川宿


























最後までお読みいただき、ありがとうございます!
よろしければ、1日1回、下記のいずれかのバナーをクリックしていただけると、
励みになり、とっても嬉しいです☆

にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へにほんブログ村 子育てブログ 大学生以上の子へにほんブログ村 アウトドアブログ ハイキングへ  

Posted by MIKO at

2016年06月26日

朋之会のお能を見てきました

ぜんちどり?
『善知鳥』 ー これ、そう読むのかな?と思っていました。

先日の熊本地震義援能でチラシを見たことがきっかけて見に行った
朋之会のお能公演。
開演に先立ち武田宗典さんによる番組解説。
その中で、武田さんも「ふつうは読めないですね。」と、おっしゃっていました。

そんな読めない名前が大変多いお能の曲の中から、昨日は、
『小督(こごう)恐(かしこみ)之舞』、
『羽衣』、
『善知鳥(うとう)』
と、狂言『咲嘩(さっか)』を見せていただきました。

武田宗典さんの解説は、巧みにポイントをついた臨場感あふれるものでした!
おかげでより一層楽しむことができました。ありがとうございました!

それにしても、1時間半ほどのお能が3つと狂言1つで、5時間!!
4つのお能を一度に見られる宝生会の五雲会の6時間(!)よりは短いものの、
4時間も経つと、ふつうは集中力との闘いになります(汗)

幸いにして、最後の『善知鳥(うとう)』 は、
漁師に雛を取られて血の涙を流す母鳥と、生物の殺生を生業として地獄に落ちた
漁師のお話であり、地獄での凄惨な責め苦をイメージして観るように言われたので、
睡魔に襲われることなく見れました。

それにしても、シテ方、ワキ方、囃子方、演技の素晴らしさもさることながら、
凛としたその美しくも頼もしい姿・姿・姿は、目の保養にもなりましたわ〜  

hohnokai2506































最後までお読みいただき、ありがとうございます!
よろしければ、1日1回、下記のいずれかのバナーをクリックしていただけると、
励みになり、とっても嬉しいです☆

にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へにほんブログ村 子育てブログ 大学生以上の子へにほんブログ村 アウトドアブログ ハイキングへ  
Posted by MIKO at

2016年06月19日

湯布院の人参りんごジャム

人参りんごジャム。
人参入りというのが珍しかったので、朝食のトースト用に迷わず購入しました。
熊本地震義援能でのボランティア物販で見つけました。
地震は熊本県での局地的な発生でしたが、大分県は阿蘇をはさんで熊本県とは
密接につながっており、観光資源としても両地域は切り離せません。

別府から湯布院を経て阿蘇から熊本市へ抜けるルートは自分も数多く経験。
風評で観光客が減れば、旅館も土産店も観光施設も大打撃。

東北大震災と福島原発の風評で2011年から2年以上開店休業状態を経験した
私たちガイドは、自然災害や人災がたちまちにして自分達の生活を脅かすことを
身をもって知っています。

ジャム1瓶で何かができるとは思っていませんが、小さな行為が積もり積もって、
どこかで何かしらの役に立てばと思いました。
義援能での物販では能楽師の奥様方の働きが素晴らしかったです。

普通のジャムと違って、スムージーのように濃くてどろっとした液体状。
甘過ぎず、バターの上に重ね塗りしても美味しいです。

carrotapplejam























最後までお読みいただき、ありがとうございます!
よろしければ、1日1回、下記のいずれかのバナーをクリックしていただけると、
励みになり、とっても嬉しいです☆

にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へにほんブログ村 子育てブログ 大学生以上の子へにほんブログ村 アウトドアブログ ハイキングへ  
Posted by MIKO at

2016年06月18日

阿佐ヶ谷神明宮に熊本地震義援能を観にいきました

6月17日(金)、5日間のツアーが終わり、一旦旅行荷物を置きに帰宅した後、
出直して、杉並区阿佐ヶ谷神明宮の能舞台へ熊本地震義援能を観に行きました。

囃子(大鼓と小鼓)の師匠が鼓を打たれる上に、日頃の舞台でよく拝見する
能楽師の方々が出演されるので、早くからチケットを手に入れ楽しみにしていました。

梅雨で不安定な天候が続く中、幸い良い天気に恵まれ、客席が並ぶ神社境内には
時折、すーっと涼しい風が吹いてきて快適でしたが、紋付袴や能装束をまとった
能楽師の皆様にとっては、蒸し暑く大変だったことと想像します。

熊本義援能チラシs



























自分にとっては敷居が高かった能楽界の、一流の能楽師の方々と
この義援能をきっかけに、急にfacebookを通じて身近なお友達になれたことは、
この日の素晴らしい仕舞や舞囃子やお能に続く、さらなる宝物となりました。

それにしてもJR阿佐ヶ谷駅徒歩2分の場所にこんな能舞台があったとは!
初めて東京に出てきたとき、隣りの荻窪駅徒歩2分圏内に2年間も住んでいたのに、
阿佐ヶ谷の北口にはついぞ来たことがなかったのです。
何十年?ぶりの阿佐ヶ谷。何だか不思議な気持ちになりました。

asagayashinmeigus


















最後までお読みいただき、ありがとうございます!
よろしければ、1日1回、下記のいずれかのバナーをクリックしていただけると、
励みになり、とっても嬉しいです☆

にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へにほんブログ村 子育てブログ 大学生以上の子へにほんブログ村 アウトドアブログ ハイキングへ  
Posted by MIKO at

2016年06月07日

『井筒』、紫陽花

幼馴染から思春期になり、互いに恥じらい合うようになった男女が
やがて夫婦の契りを結び、死ぬまで夫のことを忘れられなかった妻が、
何百年かの後に、里女の姿を借りた霊となって現れる。
夫 在原業平の形見を身につけ、井戸に男装の自分を映して夫の面影を偲ぶ。

『伊勢物語』他に取材した、世阿弥の夢幻能の代表作『井筒』

寂しい秋のフィルターを通すことによって、この恋物語はいよいよ温かく、
死後何百年という時点から生の時間を凝縮する夢幻能の手法によって、
恋の永遠性が完璧に近くうたいあげられている。


2011年9月に鉄仙会の『井筒』を観たときに書いた拙ブログ記事で引用した
武蔵野大学名誉教授 増田正造先生の言葉を再び引用させていただきました。

今回は、観世流シテ方能楽師「木月孚行 能の会」主催による公演で
木月孚行師がシテを舞われました。
最後に、井戸の中をもう一度のぞく場面は、涙を誘わずにはいられませんでした。

kizukino


























6月4日(土)、国立能楽堂の紫陽花。

そう言えば、1年前の今ごろも、国立能楽堂で紫陽花を撮っていたのでした。

国立能楽堂紫陽花1s



















最後までお読みいただき、ありがとうございます!
よろしければ、1日1回、下記のいずれかのバナーをクリックしていただけると、
励みになり、とっても嬉しいです☆

にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へにほんブログ村 子育てブログ 大学生以上の子へにほんブログ村 アウトドアブログ ハイキングへ  
Posted by MIKO at

2016年05月27日

3ヶ月ぶりのお稽古2題

5月25日(水)、謡と大鼓のお稽古に行ってきました。
最後にレッスンを受けたのがどちらも2月だったので、実に3ヶ月ぶりです。
謡の先生からは、「3ヶ月休んだ割にはまあまあ良くできました。」と言われ、
大鼓の先生からは、2回通して打った後で、「だいぶ思い出しましたか?」と。
一番心配なのが、来週の、これまた3ヶ月?ぶりの、小鼓のお稽古(汗)

写真左が『橋弁慶』の謡本、右が大鼓『小督(駒之段)』の手附です。
謡本は拡大コピーしないと見えない謡えないという情けなさ(涙)
大鼓はどのみち手附を見ながら打つことはないので、拡大する必要はなし。

hashibenkei_kogou_s




















最後までお読みいただき、ありがとうございます!
よろしければ、1日1回、下記のいずれかのバナーをクリックしていただけると、
励みになり、とっても嬉しいです☆

にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へにほんブログ村 子育てブログ 大学生以上の子へにほんブログ村 アウトドアブログ ハイキングへ  
Posted by MIKO at

2016年01月15日

三連休は能楽鑑賞三昧

成人の日の三連休が、3日連続の能楽堂通いとなりました〜

1月10日と11日の2日間を過ごした、宝生能楽堂
ホワイエに飾られた、清酒「寶生」の祝酒

新年の宝生能楽堂酒樽sr

























3日間に鑑賞した公演と番組:

1月9日(土)
普及公演 (於 国立能楽堂)
狂言『麻生』、 能『仲光』

1月10日(日)
宝生会 月並能 (於 宝生能楽堂)
『翁』、 狂言『文蔵』、 能『熊野』、 能『小鍛冶』

1月11日(祝)
銕仙会 定期公演 (於 宝生能楽堂)
『翁』、 能『羽衣』、 狂言『佐渡狐』、 能『鵺』

新年お能三昧sr


















宝生能楽堂の舞台。
正面にお正月飾り。

宝生能楽堂新年舞台飾り飾りs



















『翁』を見るのは初めてで、チケットを入手するのが大変なのに、
いきなり、宝生流と観世流で見ることができたことは、実に幸運でした。

『翁』、ビジュアル的にもスゴ過ぎ!
囃子方も地謡も皆そろって正装で、待烏帽子をかぶっての演奏で、
見とれてしまいました〜〜

それに、三番叟(三番三)の小鼓は、ただただ圧巻と言うしかなく、
また、狂言方による三番叟(三番三)の熱演も、見ごたえ満点でした〜

国立能楽堂で見た『仲光』は、上演されることがめずらしい番組で、
2人の子方の活躍がいじらしかったです。

ちなみに、『仲光』というのは観世流で、同じお能を、
宝生流では『満仲(まんじゅう)』と言うそうです。

『小鍛冶』は、今、長唄三味線で『小鍛冶』に入ったところなので、
お能の『小鍛冶』って、どんなのかしら??と、興味深かったです☆

『羽衣』も泣けましたねえ。
特に、あの「疑いは 人間にあり、天に偽りなきものを」っていうところ、
胸がジーンとしました。

『佐渡狐』は、可笑しくて可笑しくて、笑いまくりました〜

ワキ方の殿田謙吉さん、
10日は宝生会の『熊野』で、平宗盛。
11日は観世流の『鵺』で、旅の僧。
はっきりとよく聞える、良いお声でした。


最後までお読みいただき、ありがとうございます!
よろしければ、1日1回、下記のいずれかのバナーをクリックしていただけると、
励みになり、とっても嬉しいです☆

にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へにほんブログ村 子育てブログ 大学生以上の子へにほんブログ村 アウトドアブログ ハイキングへ  
Posted by MIKO at