m2_ozehiuchigatakem2_fujisunrise_m








2016年05月31日

気鋭のピアニスト川口成彦リサイタル

5月29日(日)、中野坂上のベーゼンドルファー・サロンへ、
気鋭のピアニスト川口成彦のリサイタルを聴きに行きました!
息子とは横浜の中・高在学中からの仲良しで、中・高のときはもとより、
息子がコンクールに参加した大学生のときもピアノ伴奏をしてくれました。

東京芸術大学楽理科、同大学院古楽科を経て、現在アムステルダム音楽院
古楽科修士課程に在学中。
現代のピアノのみならず、フォルテピアノやチェンバロ、クラヴィコードといった
歴史的な鍵盤楽器を用いて演奏活動を展開。
第一回ローマ・フォルテピアノ国際コンクール優勝。

中学時代には我が家にお泊まりにきて、既に当時から素晴らしい演奏を
聞かせてくれたものです。

naru_0529s


























2年ぶりに会った川口君はますます魅力あふれる演奏家に成長し、
清純、誠実な人柄もあいまって、素敵で、まぶしくて、直視できなかった〜(汗)

グリーグで始まり、モーツァルト、シューベルト、ショパン、プーランク、
グラナドス、フランクを経て、グリーグで終わる、多彩なプログラム構成。

超絶技巧の連続でしたが、その間にも、静かな小さな音ひとつをとっても、
そのタッチと息づかいは見事で、抒情豊かな余韻をいたるところ残していました。

選曲にあたっては、作曲者が27歳の彼と同年代のときに書いた作品という点に
注目し、等身大の青春を表現しようとする試みでした。

アンコール曲のひとつ、グリーグの「トロルドハウゲンの婚礼の日」は、
聖光学院中高時代の思い出そのものでした。

2年前に書いた記事「音楽の道とサラリーマンの道、歩む道は違うけれど」
ぜひ併せてお読みください。

この日使用したピアノは、1909年製ベーゼンドルファー Model250(92鍵)

boesendorfer
















最後までお読みいただき、ありがとうございます!
よろしければ、1日1回、下記のいずれかのバナーをクリックしていただけると、
励みになり、とっても嬉しいです☆

にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へにほんブログ村 子育てブログ 大学生以上の子へにほんブログ村 アウトドアブログ ハイキングへ  

Posted by MIKO at

2016年01月17日

天才少年ピアニスト

ハンガリーの天才少年ピアニスト ミハエル・ボロシュ のことを今日知りました。
残念! 遅すぎた!
年末12月30日に東京インターナショナルフォーラムでコンサートがあったのでした!

ハイドン ピアノ協奏曲ニ長調



ハンガリーのテレビ番組から、ミシ君(ミハエル)の素顔と演奏風景



知人が招聘してコンサートを組織していたのに、
師走でバタバタしていて気がつかなかったとは、何とも迂闊でした。

次回チャンスがあれば、是非聞きたいです♪


最後までお読みいただき、ありがとうございます!
よろしければ、1日1回、下記のいずれかのバナーをクリックしていただけると、
励みになり、とっても嬉しいです☆

にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へにほんブログ村 子育てブログ 大学生以上の子へにほんブログ村 アウトドアブログ ハイキングへ  
Posted by MIKO at

2015年05月01日

N響コンサートの後は沖縄料理

4月29日(水)、15:30、渋谷の東急文化村オーチャードホール。
NHK交響楽団オーチャード定期公演です。

この日はロシアプログラム。
ムソルグスキー 歌劇『ホヴァンシチーナ』より前奏曲『モスクワ川の夜明け』
チャイコフスキー ヴァイオリン協奏曲ニ長調(ソロ:松田理奈)
プロコフィエフ 『ロメオとジュリエット』組曲第1番・2番(抜粋)
指揮: アルヴォ・ヴァルマー
コンサートマスター: 伊藤亮太郎

NHKconcert


























『モスクワ川の夜明け』
初めて聞く曲。夜明けの光景が目に浮かぶ。
木管、特ににオーボエが瑞々しい。

『ヴァイオリン協奏曲』
ヴァイオリン協奏曲では、まず3本か4本の指に数えられる名曲。
松田理奈、若々しく豪華な演奏。
肩の空いたオフホワイトのドレス。
胸からスカートまで黒っぽい石がキラキラ散りばめられたデザインがシック。

『ロメオとジュリエット』
これはバレエ音楽だから、バレエの舞台をイメージしながら聞く。
プロコフィエフは大好きな作曲家のひとり。
彼の曲は、その独特のオーケストレーションで、すぐにそれと判る。

打楽器の使い方に特徴があるので、生で「見れた」のは良かった。
木管楽器と金管楽器も存分に登場して、耳と目を楽しませてくれる。

プロコフィエフの木管は、鳥肌が立つわ。
オーボエ、ファゴット、・・・ 素敵!

ところで、このコンサートは知り合いのMさんが行けなくなったので、
チケットを譲ってくださったのです☆ 2枚も!!
そこで、友だちを誘いました。
Mさん、本当にありがとうございました!

友達とは、当然ながら、終演後に飲み食い会。
渋谷センター街で、行き当たりばったりの沖縄料理店へ。

カジキの竜田揚げとチコリの組合せが絶妙。

okinawafood1


















島らっきょうに味噌をつけて食べました。
島らっきょうが好きになりました。

okinawafood2


















もずくのタレに温泉たまごを混ぜる食べ方。

okinawafood3


















油で炒めた枝豆。
この他にも、ゴーヤチャンプルーや、紫いものフライなど、色々。

乾杯は、オリオンビール。
続いて、泡盛と行きたいところだけれど、
ちょっと自信がないので、泡盛とライチとパイナップルのカクテルを。

飲み食い会、友だちがご馳走してくれました。
ありがとうございました!

okinawafood4


















その後、サンマルクカフェで、抹茶白玉アイスとコーヒー。
尽きないおしゃべり。
気がつくと、22時を回っていて、・・・・ (笑)

次回は我が家に泊まりに来てもらうことを約束して、
それぞれ、東京のまるで正反対の方角めざして、家路へと急いだとさ。


最後までお読みいただき、ありがとうございます!
よろしければ、1日1回、下記のいずれかのバナーをクリックしていただけると、
励みになり、とっても嬉しいです☆

にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へにほんブログ村 子育てブログ 大学生以上の子へにほんブログ村 アウトドアブログ ハイキングへ  
Posted by MIKO at

2014年11月27日

シュトイデ弦楽四重奏団+息子の青春謳歌

色々なことが重なって、書くのが遅くなりました。
ひどい風邪をひいて京都から帰ってきた日の翌日、
11月17日(月)、浜離宮朝日ホールにコンサートを聞きに行きました♪

シュトイデ弦楽四重奏団。
ウィーン・フィルのコンサートマスター、シュトイデが率いる、
次世代を担う、ウィーンの今もっとも新鮮なアンサンブルです。

息子が呉市のギャラリーで行なわれる同楽団のチケットを買ったと言うので、
私も東京で同じ楽団の公演を聞くことになりました。

というのも、招聘元が私の元同僚で、息子は子供のときから知っていたので、
私に報告してきたのです。そこで、私が元同僚に連絡を取った結果、
浜離宮朝日ホールにご招待をいただいたという次第です♪

このチラシの写真は別の公演用に作られたものであり、
私が行ったのは、尺八の藤原道山が出ない純粋なカルテットプログラムでした。

steudeflyer















ラヴェル 弦楽四重奏曲 へ長調
ベートーヴェン 弦楽四重奏曲 へ短調「セリオーゾ」
シューベルト 弦楽四重奏曲 ニ短調「死と乙女」

ラヴェルにはまったく陶酔してしまいました〜
そう、陶酔、という言葉がもっともふさわしい。

今年の1月に聞いた、ベルリン・フィルのコンマス、シュタブラーヴァ率いる、
フィルハーモニア・カルテット・ベルリンによる、ラヴェル。
数年前に聞いた、フランスのエベーヌ弦楽四重奏団による、ラヴェル。

いずれも最高に素晴らしかったけれど、聞けば聞くほど好きになっていく
曲なので、新しい印象でどんどんと上塗りされてしまう・・・

それにしても、生演奏はやはり良いですね。
とりわけ、弦楽四重奏などは、生で聞くと、決して退屈しません。

    

それはさておき、瀬戸内沿岸では、コンサートに行く機会が
あまりないようです。そもそもコンサート自体が圧倒的に少ないようで。

岡山や福山あたりまで行けば、それなりにあるのでしょうが・・・

今月はズービン・メータ指揮のイスラエル・フィルを聞くために
はるばる大阪まで出かけたそうです!
もっともせっかく行ったからには、
大阪と京都見物というオマケもあったらしいですが・・・。

それに、駒場祭のコンサートにも帰ってこられるし、
クリスマス定演の練習や本番にも帰ってこられるし、
何てしばしば帰ってくるのかしら(笑)

サラリーマンしながらも、結構、青春を謳歌しているようです♪
そう言えるのも、元はと言えば、人を大切にする企業に就職したからかな?

あんなに大変だった、2ヶ月間に及ぶ怒涛の就職活動も、
今となれば、ほんの一瞬の夢のようです。

瀬戸内海に浮かぶ島々を眺めながら、
イノシシに遭ったりしながら、のどかな通勤を楽しんでいます。

通勤時間1時間半の東京勤務から、通勤時間7分に変わったので、
精神的にも楽なのでしょうね。

母としては、イノシシに襲われないかと本気で心配して、
イノシシ撃退法のサイトを紹介したほどですが ・・・(汗)


それにしても、何度起こしても起きなかった子供が、
よくぞひとりで起きて通勤しているものです(汗)


最後までお読みいただき、ありがとうございます!
よろしければ、1日1回、下記のいずれかのバナーをクリックしていただけると、
励みになり、とっても嬉しいです☆

にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へにほんブログ村 子育てブログ 大学生以上の子へにほんブログ村 アウトドアブログ ハイキングへ  
Posted by MIKO at

2014年07月03日

アナ・ヴィドヴィチのギターリサイタル

anavidovic

























6月30日(月)、渋谷の大和田さくらホールへ、
アナ・ヴィドヴィチのギターリサイタルを聞きに行った。

2012年に続いて2度目に聞くアナのコンサート。
クロアチアが生んだ珠玉の女性ギタリストである。

今回は落ちついてより細部にいたるまでじっくりと聞け、
一層その音楽性に打たれた。

美人ではあるけれど、そのことでもってことさら話題にして欲しくない。
難技巧も随所に顔を出すけれど、それだけで語って欲しくもない。

彼女の音楽性をもっとも良く伝えているのは、紡ぎ出す余韻の豊かさにある。

1曲1曲が終わる、その最後のぎりぎりまで、いえ、それどころか、
最後の音が鳴り終わったその後にまで、どのひとつの音も、呼吸も、
ことのほか大切にしている。

この上なく繊細なピアニシモで消えていくその刹那刹那に命を感じる。

終わったとたん拍手の嵐がその余韻を揉み消してしまうのが残念な点は、
能の舞台が終わった後の、この世のものともあの世のものとも言われぬ余韻を
拍手が消し去り、一瞬にして現実の世界に引き戻される残念さに似ている。

ana



















終演後のサイン会。
そういえば、客席の圧倒的多数を30〜50代の男性で占めていた。
彼らが自らギターを弾く人なのかどうか知らない。

一般にそれほど知名度があるとは思えないので、
少なくともギター音楽ファンで、ギター雑誌を定期購読している
熱心なファンなのかもしれない。

団塊世代の夫婦連れの姿も少なくなかったので、
天使のような純潔さを持つ天才ギタリストを、
あるいは娘のように愛しく思うかもしれない。

私はギターという楽器のことを何も知らない。
それどころか音楽はどれもこれもまったく出来ない。
だから、演奏の良し悪しを語る資格はないし、難しいことは書けないけれど、
涙が出たことだけは確かである。


日本ブログ村ランキングの下記のカテゴリーに
参加もしくは関連する内容を書いています。

にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へにほんブログ村 子育てブログ 大学生以上の子へにほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へにほんブログ村 アウトドアブログ ハイキングへ  
Posted by MIKO at

2014年06月10日

東京大学フォイヤーヴェルク管弦楽団6月公演へのお誘い

今日は息子が出演するコンサートのご紹介です♪

東京大学フォイヤーヴェルク管弦楽団 第31回定期演奏会
知る人ぞ知る、実力派の、アマチュア・オーケストラですよ〜

2014年6月22日(日)
開場 13:30
開演 14:00
新宿文化センター大ホール
入場無料・自由席(カンパ制)

メンデルスゾーン 交響曲第3番イ短調 「スコットランド」
プロコフィエフ 交響曲第1番ニ長調 「古典的交響曲」
ベートーヴェン 序曲「コリオラン」
指揮: 鷹羽弘晃

ご都合が合えば、是非ご来場いただき、
ステキな午後をお楽しみいただければと思います

入場無料ですが、事前にチケットが必要です。
お求めはオーケストラの下記リンクからどうぞ♪
チケットのお申込み

第31回定期演奏会を前にして、
過去の演奏会から、以下の映像をご紹介しますね。

ハチャトゥリアン 「仮面舞踏会」よりワルツ
第24回定期演奏会のアンコールとして演奏されました♪




日本ブログ村ランキングの下記のカテゴリーに
参加もしくは関連する内容を書いています。

にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へにほんブログ村 子育てブログ 大学生以上の子へにほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へにほんブログ村 アウトドアブログ ハイキングへ  
Posted by MIKO at

2014年05月25日

子供がNHKららら♪クラシックに出演

5月24日(土)、NHKの『ららら♪クラシック』に息子が出演しました♪
壮年チャイコフスキーの親しいヴァイオリニスト、イオシフ・コーテクの役で。

80年代からNHKの『N響アワー』の大ファンだった自分は、
その後すっかりテレビを見ない人になったため、こんな新番組があることすら
知りませんでした。子供が出るというから、知った次第です。

スイスでチャイコフスキーと再会して抱き合うところから始まります。
少しずつですが、いくつかの場面で、結構たくさん出ていますよ♪

再放送は、5月26日(月)10:25から。

nhklalala







日本ブログ村ランキングの下記のカテゴリーに
参加もしくは関連する内容を書いています。

にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へにほんブログ村 子育てブログ 大学生以上の子へにほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へにほんブログ村 アウトドアブログ ハイキングへ  
Posted by MIKO at