m2_ozehiuchigatakem2_fujisunrise_m








2016年05月18日

東京大学フォイヤーヴェルク管弦楽団「五月祭」コンサート

わずか1分だけ会った、その1週間後、愚息が再び東京へ。
5月15日(日)本郷の安田講堂。
東京大学フォイヤーヴェルク管弦楽団「五月祭」コンサートのプログラムは、
ベートーヴェン 「コリオラン」序曲
サンサーンス 「序奏とロンド・カプリチオーソ」
ベートーヴェン 「交響曲第5番 運命」第一楽章

五月祭1s


















「序奏とロンド・カプリチオーソ」のソリストは、前田尚徳氏。
東京大学在学中に桐朋学園大学ディプロマコースでダブルスクールをした、
同オーケストラの産みの親。
オケとの絶妙に絡み合った素晴らしい演奏に、ただただうっとり聞き惚れるのみ。

愚息は夏の定期公演に向けて、これからも毎週のように、広島・東京間を
往復することになるでしょう♪ お金がかかるぅっ〜!

五月祭5s


















最後までお読みいただき、ありがとうございます!
よろしければ、1日1回、下記のいずれかのバナーをクリックしていただけると、
励みになり、とっても嬉しいです☆

にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へにほんブログ村 子育てブログ 大学生以上の子へにほんブログ村 アウトドアブログ ハイキングへ  

Posted by MIKO at

2015年04月30日

息子のその後 - 秋吉台国際芸術村

瀬戸内海の海辺に息子を送り出してから、早や10ヶ月。
あまり便りのないところを見ると無事にやっているのだと思います。
ただ仕事がとてつもなく忙しくて、かなり残業しているみたいです。

その息子からこの度、山口県の秋吉台国際芸術村で開催される
秋吉台室内楽セミナーのマスタークラスに参加するとの連絡がありました。

山口県なら家から近いので好都合。
受講料も宿泊費も自分で働いて得たお金で払うのだから、
是非がんばって勉強してきなさいと、エールを送ったことです。

akiyoshidai











画像は、室内楽セミナー「秋吉台の響き」サイトからお借りしました。

漆原啓子、川田知子、須田祥子、大島亮、ライプチヒ・ゲヴァントハウス
首席チェロ奏者のクリスティアン・ギガ―といった著名演奏家の指導を受け、
こうしたプロのアーチストと一緒に演奏した最終日のコンサートでは、

ブラームス  クラリネット五重奏曲
シューマン  ピアノ五重奏曲

の2曲で、第二バイオリンを弾いたそうです。
中味がぎゅっと詰まった充実した4日間だったことでしょう。

両方共、私の大好きな曲です。
演奏会を聞けなくて残念だった!!と思うのは、親馬鹿かな(笑)

今日から再び仕事に戻っているはずです。
サラリーマンやりながら、こうして音楽を続けられる人生って、理想だなあ。


最後までお読みいただき、ありがとうございます!
よろしければ、1日1回、下記のいずれかのバナーをクリックしていただけると、
励みになり、とっても嬉しいです☆

にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へにほんブログ村 子育てブログ 大学生以上の子へにほんブログ村 アウトドアブログ ハイキングへ  
Posted by MIKO at

2014年11月30日

東京大学フォイヤーヴェルク管弦楽団定期公演のお知らせ

今年もまた師走がやってきます。
そこで、またまたコンサートのお知らせです♪

東京大学フォイヤーヴェルク管弦楽団
Feuerwerk Philharmoniker
The University of Tokyo

第32回定期演奏会
2014年12月25日(木)開場18:30、開演19:00(予定)
目黒パーシモンホール大ホール
(東急東横線 都立大学駅より柿の木坂通りを上がり直ぐ左)

第一部
ビゼー / 「アルルの女」第二組曲
サン・サーンス / 歌劇「サムソンとデリラ」より「あなたの声に私の声は開く」
グラズノフ / サクソフォーン協奏曲(サクソフォーン:須川展也)

第二部
リー・ハーライン / 星に願いを
ジミー・ドーシー / Oodles of Noodles
モリコーネ / ニューシネマパラダイス
ピアソラ / オブリビオン
ピアソラ / リベルタンゴ
ララ / グラナダ

指揮 鷹羽 弘晃
独奏 須川 展也(アルト・サックス)

入場無料ですが、予めチケット(自由席)が必要です。
チケットのお申し込みはこちらへ:
東京大学フォイヤーヴェルク管弦楽団ホームページ(チケット)

いつもと違って今回初めて交響曲を含まないプログラムとなります。
アルトサックスの須川展也さんによるサクソフォーン協奏曲がメインです。
須川展也さんの人気により、大混雑が予想されます。

また第二部のオーケストラポップス音楽も、
腕利きぞろいの楽団員で構成されるフォイヤーヴェルクならではの魅力を
存分に楽しんでいただけることでしょう。

クリスマスの夜は素敵なオーケストラで過ごされてはいかがでしょうか?

例年、開場前には長蛇の列が出来ますので、
チケットを入手されたお客様はなるべく早めに会場にお越しになることを
お勧めします。


最後までお読みいただき、ありがとうございます!
よろしければ、1日1回、下記のいずれかのバナーをクリックしていただけると、
励みになり、とっても嬉しいです☆

にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へにほんブログ村 子育てブログ 大学生以上の子へにほんブログ村 アウトドアブログ ハイキングへ  
Posted by MIKO at

2014年08月02日

Inland Sea - 子供の近況 瀬戸内から

年をとればとるほど月日の経つのは早いもので、もう8月です。

7月は我が家にとって大きな転換期でした。
この春ひとり立ちした子供が遠いところ - 瀬戸内 - に移り住んだこと。

このほど、子供から写真が送られてきました。
寮の近くの海岸です。

1strand


















同じく、近くの海岸から、日没の様子。

2sunset



















日中はこんな感じの浜です。

3inlandsea


















寮は山の途中にあって、そこへ行く道にはイノシシが出るそうです。

4path























会社の部活動をどれにするか、あれこれ体験しているみたい。
サッカー部、サイクリング部、ボート部、など。

会社のグラウンド。
この日はサッカーの体験入部をしたそうです。

5fussball
















とにかく不便なところで、お店が一軒もないので、何か買いたければ隣り町。
その隣り町へ行くにも交通の連絡が悪いので、車がないとかなり不便なようです。

幸いなことに、卒業式の頃に通い始めた教習所で、転勤前に免許が取れたので、
ローンで中古車を買うことにしたそうです。
自分でローンを組むなんて、つくづく親の手から離れたのだなあと実感。

あいにくヴァイオリンを弾く機会はないようです。
寮では音を出せないし、オーケストラもないし、・・・・・

東京に帰ってきたときに弾くしかないです。
次のコンサートは12月ですが、それまで腕を磨く機会がないのは残念。

逆に言えば、もともと運動好きなのに音楽ばかりやってきたので、
今は、好きな運動をやれる絶好のチャンス到来と考えることも出来ます。


日本ブログ村ランキングの下記のカテゴリーに参加しています。
よろしければ1日1回、いずれかのバナーをクリックして応援いただけると
励みになります m(__)m
にほんブログ村 子育てブログへにほんブログ村 アウトドアブログ ハイキングへにほんブログ村 シニア日記ブログへ  
Posted by MIKO at

2014年05月25日

子供がNHKららら♪クラシックに出演

5月24日(土)、NHKの『ららら♪クラシック』に息子が出演しました♪
壮年チャイコフスキーの親しいヴァイオリニスト、イオシフ・コーテクの役で。

80年代からNHKの『N響アワー』の大ファンだった自分は、
その後すっかりテレビを見ない人になったため、こんな新番組があることすら
知りませんでした。子供が出るというから、知った次第です。

スイスでチャイコフスキーと再会して抱き合うところから始まります。
少しずつですが、いくつかの場面で、結構たくさん出ていますよ♪

再放送は、5月26日(月)10:25から。

nhklalala







日本ブログ村ランキングの下記のカテゴリーに
参加もしくは関連する内容を書いています。

にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へにほんブログ村 子育てブログ 大学生以上の子へにほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へにほんブログ村 アウトドアブログ ハイキングへ  
Posted by MIKO at

2013年12月23日

コンサートが大成功に終わりました

feuerwerk20131222


















風が冷たい、師走のお忙しい時期に、昨夜はすみだトリフォニーホールまで
東京大学フォイヤーヴェルク管弦楽団第30回定期演奏会にお越しいただきまして、
有難うございました。

座席数が1801のホールの3階席まで埋め尽くす超満員の聴衆の皆さまを前に、
楽団員は熱演しました。
プログラムノートが品切れになるほどの大盛況でした。

楽団員の平均年齢が年々高齢化?の一途をたどっており、
OG・OB社会人の占める割合が増えてきているので、あと何年かしたら
「カンパ」が要らなくなるのではないか?との締めの言葉には笑いましたが、
社会人となっても永遠に在籍し続けたいと思える団体にまで成長できたのは、
回を増すごとに増える熱心なファンの皆さまのご支援のお陰だと思います。

フットサル試合あり、花火大会あり、海や山での遊びあり、
そして、コンサート前夜は焼き肉をモリモリ食べて元気をつける伝統のある、
バリバリの体育会系団体ですが(笑)、

ひとたび音が鳴るや、その緻密で繊細、そしてエネルギッシュな演奏には
驚かされます。

盛大な打上げの後、本日午後戻ってきた子供は、
抜け殻のように疲れきっていて、交わす言葉もないまま布団の上に崩れました。

本人から感想を聞きたいところですが、今日は静かに見守ります。
陰で見守る以外に何も出来なかった母も、肩の荷が下りたのかどっと疲れが出て、
今日は昨日の華やかさとは裏腹に、脱力感、虚無感の中です。

このコンサートを一つの区切りとして、
子供には現実の厳しさを直視し、将来に向けて前進して欲しいし、
母も4週間後に控えたセンター試験を一つの区切りとして、
自分自身の将来の生き方を探していきたいと思います。

コンサートにご来場くださいました皆さまには
改めて、その多大な応援ご支援に心からお礼を申し上げます。

末筆ながら、皆様におかれましては、健康にお過ごしになり、
良いお年をお迎えになられますようお祈りしております。


日本ブログ村ランキングの下記のカテゴリーに参加しています。

にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へにほんブログ村 アウトドアブログ ハイキングへにほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ  
Posted by MIKO at

2013年12月18日

東京大学フォイヤーヴェルク管弦楽団 - YouTube(3)ドヴォルザーク8番

東京大学フォイヤーヴェルク管弦楽団第30回定期演奏会を前にして、
過去の演奏会の映像から、以下をご紹介します。

ドヴォルザーク 交響曲第8番「イギリス」より第3楽章〜フィナーレ
第24回定期演奏会で演奏されました。

少々見づらい映像で申し訳ありません。



第30回定期演奏会のお知らせ

2013年12月22日(日)
開場 18:30
開演 19:00
すみだトリフォニーホール 大ホール
(JR総武線・メトロ半蔵門線 錦糸町)
入場無料・自由席(カンパ制)

ウェーバー 歌劇「オベロン」序曲
ブルッフ  クラリネットとヴィオラのための二重協奏曲 ホ短調Op.88
ブラームス 交響曲第4番 ホ短調 op.98

指揮: 原田幸一郎
独奏: クラリネット 亀井良信  ヴィオラ 須田祥子


ご都合が合えば、是非ご来場いただき、
ステキな夕べをお楽しみいただければと思います

入場無料ですが、事前にチケットが必要です。
チケットのお求めは、下記メールアドレスへどうぞ♪

tickets@feuerwerk-philharmoniker.com
1.氏名(ふりがな)
2.郵便番号
3.ご住所
4.チケットご希望枚数


日本ブログ村ランキングの下記のカテゴリーに参加しています。

にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へにほんブログ村 アウトドアブログ ハイキングへにほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ  
Posted by MIKO at