m2_ozehiuchigatakem2_fujisunrise_m








2016年06月06日

研修が終わりました〜

楽しい研修が終わった後は、六本木の居酒屋で打ち上げの飲み会でした。
飲み会の写真を撮るのを忘れたので、代わりに修了証(上半分)を。

沢山のためになる内容がぎっしり詰まった研修。
参加費を払っても受けたい内容なのに、無料で参加させていただいた上に、
食べたり飲んだりまでさせていただき、感謝です・・

この研修で学んだことを、これからしっかりと身に付けてゆき、
ますます明るく、元気に、ポジティブに仕事にのぞみたいと思います☆

bestaetigung













最後までお読みいただき、ありがとうございます!
よろしければ、1日1回、下記のいずれかのバナーをクリックしていただけると、
励みになり、とっても嬉しいです☆

にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へにほんブログ村 子育てブログ 大学生以上の子へにほんブログ村 アウトドアブログ ハイキングへ  

Posted by MIKO at

2016年06月05日

明治神宮の現在+虎ノ門ヒルズの研修ランチ

建築物も周りの森も、写真ですよ〜
しかも、実物大!
写真から、本物の建築物と森へと、繋がっているのがスゴイ。

このほど修復工事期間に入った、東京の明治神宮です。
研修3日目、6月3日のことでした。

meijishrinenow


















さて、この日の研修ランチは、虎ノ門ヒルズ3Fの「音音(おとおと)」。
ワインやお酒を楽しめる、新しい形の和食レストランのチェーン。

焼魚おいしい、天ぷらおいしい、じゃがいもの煮っころがしもGOOD!
お味噌汁も最高で、・・・ 結局、何もかも美味しかったのです〜

虎ノ門ヒルズ音音ランチ


















最後までお読みいただき、ありがとうございます!
よろしければ、1日1回、下記のいずれかのバナーをクリックしていただけると、
励みになり、とっても嬉しいです☆

にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へにほんブログ村 子育てブログ 大学生以上の子へにほんブログ村 アウトドアブログ ハイキングへ  
Posted by MIKO at

研修2日目、朝の銀座と紫陽花

6月2日、朝6時45分にカプセルホテルを出ると、銀座はまだとても静か。
息子の会社の本社ビルを見上げてみる(笑)
今は広島県で働いているのだけれど、何か感慨深い。

息子の会社に感慨を覚えるなんて変かしら?
息子の彼女のお母さんは娘の会社のビルを見上げて思わず写真を撮った。

娘であろうが息子であろうが、共に大変だった就職活動の熱い思い出が、
そこにはいっぱい詰まっている。
雇ってくれた会社に感謝と感動の気持ちを抱くのは、娘も息子も関係ない。

jphos2

























通り沿いの歩道に、紫陽花。
さあ、気持ちを、子育ての思い出から、自分の仕事に切り替えて、
研修2日目が楽しみ。
新橋のカフェVELOCEでゆっくり朝食にしよう。

ajisaiginzachuodori


















最後までお読みいただき、ありがとうございます!
よろしければ、1日1回、下記のいずれかのバナーをクリックしていただけると、
励みになり、とっても嬉しいです☆

にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へにほんブログ村 子育てブログ 大学生以上の子へにほんブログ村 アウトドアブログ ハイキングへ  
Posted by MIKO at

2016年06月04日

銀座の素敵なカプセルに泊まったよ♪

女性専用フロアの静かな広いラウンジ。
電源がたくさんあるカウンターでは、仕事や勉強ができるし、
ソファとテーブルでは、食事したり、読書したり、くつろいだりできます☆

6月1日から3日間、ドイツの大手旅行会社と日本の大手旅行会社の共催による
研修に呼んでいただき、その間、体を労わるために連泊した、銀座のカプセルです♪

bayginza2


















シャワー室、トイレ、洗面台は、数も、明るさも、清潔度も、文句なし。
バスタオル、タオル、作務衣、歯ブラシなど、泊まりに必要なもののすべてが
個別ロッカーの中の、手提げバッグの中に入っています。

カプセルベッドも広くて清潔でピッカピカ、お布団もふかふか。
電源と目覚ましもついて、1泊3,500円〜。

つい先日お世話になった日本橋室町のお洒落なカプセルホテルも含めて、
これから頻繁に利用させていただくことになりそうです(^−^)

bayginza1


















最後までお読みいただき、ありがとうございます!
よろしければ、1日1回、下記のいずれかのバナーをクリックしていただけると、
励みになり、とっても嬉しいです☆

にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へにほんブログ村 子育てブログ 大学生以上の子へにほんブログ村 アウトドアブログ ハイキングへ  
Posted by MIKO at

2014年09月28日

子供と母のその後(2)

前回の続き。
長崎から広島。到着後、まずはJR西日本フェリーで宮島へ。

山に興味がなかったときと興味が出てきてからでは、
同じ島を見ても、真っ先に山に目が行っちゃいます。
あんなにでこぼこした険しい山が続いていたんだー!

1miyajima


















広島に戻ると宿泊先はシェラトンホテル。
あんまりにも素晴らしい部屋に、ただただ感動♪

4sheraton


















子供がはるばる広島まで会いに来てくれました。
私の希望でお好み村へ。

2okonomi





















ベーシックな広島風お好み焼きとビールで乾杯。

3okonomi





















この後、駅に戻って駅ビルのUCCコーヒーでケーキセット。

21時過ぎ、新幹線で帰って行く子供を改札で見送る。
ちょっぴりしんみり・・・
寮までは、新幹線を利用しても1時間15分ほどかかるみたいです。

翌朝、シェラトンから工事中の新幹線口ロータリー前を見下ろす。

5hiroshima


















広島の後、母は箱根へ。
9月24日から25日にかけての箱根は雨と霧でほとんど何も見えず。
良かったのは、山のホテルのケーキとコーヒー、そして旅館のお風呂と露天風呂、
食事だけでした。

9月25日、鎌倉へ着くと雨はどこへやら?
汗ばむほどの陽気と日差しの中、大仏様はいつもどおり。

6kamakura





















9月26日、都内観光で、朝いちばんに高尾山へ。
修験道の山伏姿の僧侶が次々に目の前を通り過ぎました。
さすが、高尾山♪

7takaosan


















行きも帰りも電車から富士山がばっちり見えたのに、
高尾山山頂に着くと、よりによって富士山だけ雲に隠れて、ああ残念!

行きはケーブルカー、帰りはリフトで、超楽ちん。

8takaolift


















9月27日、東武のスペーシアで日光へ。
中禅寺湖畔より、男体山と湖畔の紅葉。

11nantai


















文句のつけようがないお天気。
中禅寺湖・歌が浜より。

10chuzenji


















立木観音の紅葉(イチョウ)

tachiki



















同じ9月27日(土)、子供は四国(愛媛県)の石鎚山(1982m)に
登っていたようです。

まさか山登りをしているなんて、思いもよりませんでした!
それにしても、つい先日道後温泉に行ったばかりだというのに、
またまた愛媛県。
うらやましい・・・

四国も日光と同様に、青空が広がっていますね〜

ishizuchi1






















ええっー?! こんなオソロシげなところに、登ったの??
わあー、やめてほしいなあ。

って、母だってしばしば山に登るくせに、自分のことは棚に上げて、
子供が危ない山に登ると、大丈夫かしらって、本当に心配になる。

ishizuchi2





















四国最高峰であるばかりでなく、西日本最高峰でもある石鎚山。
紅葉が始まっていますねー。

ishizuchi3





















このブログが気にいったら、ブログ・バナーに1日1クリックをお願いしますね。
バナーの背景の画像は、
私の赤ちゃん、2013年7月の尾瀬燧ケ岳、2014年7月ひょうたん島と大三島です。
にほんブログ村 子育てブログへにほんブログ村 アウトドアブログ ハイキングへにほんブログ村 シニア日記ブログへ  
Posted by MIKO at

2014年06月27日

クビになりました−悪徳旅行会社に泣くお客様

何かと問題なテーマなので、そのブラック旅行会社の名前は伏せます。
しかし、この会社のことは、JATA(日本旅行業協会)に通報しました。

実現不可能な旅程、重大な誤りを含むツアーを、
海外のエージェント経由で、エンドユーザー(旅行者)に販売している。

そんなツアーを買ったお客様がこの春、多数来日されました。

私が担当したお客様だけを例にとっても、
「こんな酷い内容だとは知らなかった! どうしてくれる!!」
と、半泣き状態で、興奮して訴える、75歳前後の夫妻。

「(実際にツアーを作っている)ランドオペレーターを自分たちは選べない。
こんな酷いランドオペレーターを使うならば、二度とお宅では旅行を申し込まないと、
帰ったら国の旅行会社に訴える!」
と、顔を真っ赤にして訴える、80歳前後の夫妻。

「午後15時半に箱根の旅館に着いたら、その日はもう何も観光できない。
翌朝は、9時には東京に向けて出発なので、箱根をまったく見れなかった。」
と、落胆する40代の夫妻。

etc. etc. 枚挙にいとまがありません。


そのおかしな旅程のほんの一部を紹介しましょう!

某超一流ホテルで朝食後、すぐに築地市場を見学し、
9時半ごろに、「早めのランチ」として、ひとり5,000円のお寿司を食べる。

10時半ごろに、築地を出て、鎌倉ツアーへ向かう。
北鎌倉で円覚寺と明月院、また、鶴岡八幡宮、報国寺、長谷を巡って、
ランチはすでに築地で済ませたであろうから、鎌倉での休憩時間は無し。

箱根の1泊10万円以上の高級旅館への到着時間が 19時となっている。


また別の裕福なお客様、快適な旅のためならお金は惜しまないはずなのに、
ガイドも斡旋員も付けずに、単独で、
日光中禅寺 → 宇都宮 → 東京 → 名古屋 → 高山 に向かわせる。

Japan Rail Pass利用のため、事前に列車の予約が出来ないので、
お客様は来日後に、自分で座席の予約に行かなければならない。

費用節約型のバックパッカーでもあるまいし、
富裕層に Japan Rail Pass を提案すること自体がどうかしている。

「のぞみ」も「みずほ」も使えないのですよ!
来日してからしか、座席を予約できないのですよ!
繁忙期なら席がないかもしれないから、必然的に「こだま」の自由席ですね!

あるいは、費用を安くあげるだけでなく、列車の予約をする手間から、
この旅行会社は逃れているとも考えられますね。

とにかく、とにかく、お客様自らが列車を予約するわけですが・・・

そのために提案されている、列車の運行スケジュールが、
3月15日のJRダイヤ改正前のもの!!!!!
実際の旅行はそれより後なので、そこに書かれた列車は存在しない。

旅行会社たるものが、古いダイヤの列車を提案するとは!

しかもしかも、重いスーツケースを持っているのに、
名古屋での、新幹線から在来線への乗り継ぎ時間が、たったの 7分(!!)

あのですねー、日本人でも旅慣れない人なら、これ、出来ませんよ。
お年寄りなら、きっと泣きますよ。
日本人でも添乗員付きで国内旅行をする人は多いです。

名古屋駅をよく知る私でも、スーツケース持って7分の乗り継ぎはコワいです。
ましてや、高齢の外国人です! 英語の通じないこの国で。


また、あるお客様に渡された、広島から京都への移動スケジュールは、

広島 → 新大阪 → 在来線で姫路方向に戻る → 快速で京都へ向かう

といった、あり得ない提案でした。
まったくの、ど素人が作成した日程です。

京都が大阪より東にあることさえ知らないのか?!
今通ってきたばかりの西へ一旦戻って、また東に行くと京都がある???

気ちがいです。
こんな列車を提案されたお客様は、それを携えてみどりの窓口に行きます。
JRの窓口の方が、呆れてしまって、どう対応すべきか途方に暮れるでしょう。

この旅行会社は、そんな、ど素人を雇い、上司がその仕事を監督していない。
監督しきれないほど沢山のツアーを抱えるな!


また、移動時間があまりにもきちきちに見積もられているため、
京都到着後、道に迷ってホテルに行くのに手間取り大幅に時間を失い、
京都での日本文化体験プログラムに間に合わなかったケースも多いそうです。
もちろん、日本文化体験そのものも、そのために払ったお金もパアです。

なぜ、駅ホームでの乗せ込みや、送迎だけでも、斡旋員をつけないのか?


要するに、この旅行会社は、費用を投じるべきところに投じず、
お客様だけで長距離移動をさせることにより、価格を低く抑え、
次々に客を獲得する一方で、反面、妙なところで無駄使いをしている。

一流ホテルの豪華朝食の直後に、築地で5,000円の寿司を食べさせる??
お仕着せもよいところ。実際、お客様は「お寿司は不要!」と言いました。

また、新宿へは戻らず片道利用ならば、箱根フリーパスは小田原発着として、
新宿・小田原間の片道の差額分を払えば良いのに、新宿発着で発券している。
まあ、これは微々たる額なので目をつむるとしても、

一泊10万円もする旅館に19時に着くようなバカげた旅程を組んでいる。
これじゃあ、せっかくの旅館を楽しむ時間がなくて、勿体ないですね。

また、あるお客様には、JR日光から中禅寺湖まで単独で行かせる。
日光駅から中禅寺湖畔までの動線がイメージできていないお客様は、
着いてみて初めて、イロハ坂を超えた遠い山の上にあると知り、
往復タクシー利用を余儀なくされ、思わぬ高額の出費となってしまった。

もちろん、そのお客様ははるばる単独で「やまびこ」と在来線を乗り継いで、
日光に辿り着いたのですから、中禅寺がさらに遠い山の上と知ったときの
落胆は容易に想像できます。


と、まあ、数え上げたらキリがないほど、欠陥商品のオンパレード。
旅行は、やり直しのきかない商品です。

台風が来ようが、富士山が見えなかろうが、それはそのときの運。
しかし、旅行内容が根本的に非現実的で、欠陥だらけではどうしようもない。


そこで、現場のお客様の、落胆、嘆き、怒りを見ている私は、
より快適で楽しい旅を味わってもらいたい一心で、さまざまな提案をした。

また、今後のツアー内容についても、時間をかけて吟味し、
明らかに問題となりそうな箇所を、事前に指摘した。


すると、すると、その結果、私は、クビになりましたー!!


その際の、この旅行会社の中堅幹部の言い分が、また凄いですよー。

どんどんと社員が増えているので、不完全なツアーが今後も出てくるので
あなたには、今後は仕事の依頼を控えます
、と。

幹部自ら、不完全な内容のツアーを今後も作って販売し続けることを、
宣言しているのです!

そして、ツアーをより良くしたいがために、骨身をくだいて助言する
誠実で熱心なガイドを、要らない、と考える愚かさ!

経験の浅い未熟な会社で、社員がみな素人であるからこそ、
なおのこと、経験豊かなガイドの声に耳を傾けるべきではないですか。

もちろん、その会社の都合もあるでしょうから、
すべてを受け入れることが出来ないのはわかっています。

あくまでも、改善のための提案、相談に過ぎないのですが、
そのためにガイドをクビにするとは、・・・・・ 前代未聞です。


そこで、それなら、こっちから願い下げですよ!
と言って、7月と8月に決まっていた2本のツアーから手を引きました。

皮肉なことに、4月に、関西・山陽ツアーを、共に大成功に導いた、
スイスの旅行会社の社長から、是非また私と一緒に仕事をしたいと、
ここ数日来、facebookの通知や、メールが来ています。

でも、私は、この日本のランドオペレーターとは縁を切ったのね。
あなたの会社が同様にそこと縁を切ってくれるなら別ですけれどね。

まことに残念きわまりないことです。
お客様や海外のエージェントは、私を望んでくださっているのです。


とにかく、予定していたツアーから手を引きました。

ある近い同僚からは、
「何とも危険な会社ですね。
こうして優秀なガイドさんも顧客も失ってゆく典型的な例ですね。
よくよくのご決断だったと存じます。ご英断、評価します。」

別の同僚からは、
「ガイドには横のつながりがあり、悪徳会社の噂はすぐに広まるので、
そのうちガイドの方から仕事を受けなくなるでしょう。」

また別の同僚から、
「他のガイドが被害に合わないといいですが。
こうゆう会社は、逆に日本のインバウンド業界から締め出すべきですね。」

また別の同僚からも
「こんな会社と関わらない方がいいですよ。私も会社名覚えておきます。
そんな会社はこちらからさらばです。結局、この会社も自分で自分の首を
締めることになると思います。」

と、メールが来ました。


それはそうなんですが、そして、同僚の言葉は励みになりましたが、

やはり、悔しくて、今週はまる2日間、泣きましたね。
こちらの尽力がかえって裏目に出て、理不尽な扱いを受けたこと!

それと同時に、ガイドの身分の低さ、不安定さを、改めて嘆きましたね。


これからは、たとえ仕事の数が減っても、ガイドを大切にしてくれる、
良心的な旅行会社の仕事だけを、引き受けていきたいと思います。



日本ブログ村ランキングの下記のカテゴリーに
参加もしくは関連する内容を書いています。

にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へにほんブログ村 子育てブログ 大学生以上の子へにほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へにほんブログ村 アウトドアブログ ハイキングへ  
Posted by MIKO at

2014年03月19日

ドタキャンツアーと確定申告

夜20時ごろ、
「すみませんが、お客様用に傘を買っておいていただけますか?」

「いいですよ、ただし、もうこんな時間だし、買うとしても100円のですよ!
でも、おそらく何本かは車に積んであると思うのでドライバーさんに聞いてみます!」

夜21時ごろ
「すみませんが、お客様と連絡が取れなくなりました。
もう飛行機に乗っているはずの時刻なのに、乗っていないようなのです!
おそらく、成田着がずっと遅れると思うので、早朝から来なくていいですよ。
到着してから来てくれればいいです。」

「そんなわけにはいきません。ここから2時間半はかかるので、到着後では
遅すぎます。いずれにしても、明朝は予定通りスタンバイすることにします。」

夜22時ごろ
「すみませんが、お客様と連絡が取れて、日本行きを断念したそうです。
ですから、あなたもホリデーを取って、どうぞゆっくりしてください。」

「えっ? 1日遅れで来日するとかじゃなくて、ツアー全部ですか?!?」

「はい、ツアー全部、5日間、すべてキャンセルです!」

絶句・・・

3月13日の夜、アジアの旅行会社から1時間ごとに入った電話のやり取りです。
さっそく日本のエージェント担当者に報告。

こうして、私は、5日間の仕事を失いました。そうでなければ、
高山や金沢や京都に行って、今晩帰ってきたはずなのですが・・・

ちなみに、このグループのために、私は前日、新幹線のグリーン車や指定席を
取るために、みどりの窓口に並んでいました。

ドタキャンになって、今度は、払戻しのためにみどりの窓口に並びました。
特急指定席は前日取消手数料が3割。乗車券は1枚につき210円。

ずっと前から決まっていた別の仕事は他の人に譲って、こちらを優先するように
言われていたので、結局、何もなくなってしまいました。

ホリデーだって? ふざけんじゃねえ!

とにかく、交渉して、キャンセル料8割を2日分もらうことで合意。
悔しいけれど、運と思っていさぎよく諦めることも大切。

tax























キャンセルのおかげで、良いこともありました。
ちっともやる気のしなかった確定申告が一気にはかどったのです!

私は、3種類の仕事を掛け持ちし、わずかな給与所得と事業所得があり、
支払元も10軒ほどあるので、確定申告は義務です。

でも、そうでなくても、扶養家族がいて税金が還付される自分にとっては、
確定申告は年に一度のお楽しみとして、どっちみちやることです。
ただ、事務処理が煩雑なので、なかなか重い腰が上がらないだけ。

ホリデーになったおかげ?で、その地味な作業が終わりました。

来年はもう扶養家族がいないから、還付のメリットを喜べるのも
おそらく今回が最後です。


日本ブログ村ランキングの下記のカテゴリーに
参加もしくは関連する内容を書いています。

にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へにほんブログ村 子育てブログ 大学生以上の子へにほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へにほんブログ村 アウトドアブログ ハイキングへ  
Posted by MIKO at