2016年07月12日

のどかな里山ウォーキング(黒川の谷戸)

多摩丘陵に定住し、ここで老後を送ることに、何の不足もない。
神奈川県川崎市麻生区黒川の里山。
東京都の町田市、多摩市、稲城市との県境であり市境である。
ここには、日本の原風景がふんだんに残っている。

kurokawa_satoyama



















谷戸に広がる麦畑や田んぼを渡る風が爽やか。
穂を撫でていく風の仕草に見とれて、しばし佇んでしまう。

kurokawa_satoyama2



















ここの尾根は分水嶺で、あちら(南西・町田)側に流れる水は鶴見川に、
こちら側(北東)に流れる水は三沢川となり、黒川から先は稲城市内を流れて、
川崎市多摩区布田で多摩川に注ぐ。

その三沢川の源流が、ここ神奈川県と東京都の県境・市境あたりにある。
電源開発(Jパワー)西東京変電所(東京都町田市真光寺)の北側になるが、
あたりは、ケモノ道?ばかり?っぽい。

源流が見たくて黒川から歩いてみても、ここから先は入れない。
写真の左を流れるのが、確認できた最後の地点で、源流の直前。

misawagawa



















それにしても残念。
このあたりの三沢川はどぶ川で、安全対策と不法投棄防止のために、
網のフェンスでおおわれてしまっている。

不法投棄監視中の警告と並んで、参議院比例代表・自民党の選挙ポスター。
この写真を撮ったのは選挙に行く日だったので、今は外されているかも。

misawagawa_warning



















リンゴ畑。
ここでは、柿、梨、リンゴ、トウモロコシ、里芋、サツマイモ、トマト、ナス、
キュウリ、カボチャなど、たくさんの果物や野菜が、元気に育っている。

ringonoki



















どちらを向いても絵になる。
近藤勇や沖田総司や土方歳三が歩いた布田道がこの山の上を通り、
あの道、その道、この道、どれをとっても、行く先には感動が待っている。

多摩丘陵に住んで15年。
とりわけ、ここ黒川から小野路にかけての里山は、
歩けば歩くほど、新しい発見、感動に満ちあふれ、飽きることがない。

kurokawa_satoyama3



















最後までお読みいただき、ありがとうございます!
よろしければ、1日1回、下記のいずれかのバナーをクリックしていただけると、
励みになり、とっても嬉しいです☆

にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へにほんブログ村 子育てブログ 大学生以上の子へにほんブログ村 アウトドアブログ ハイキングへ