2016年07月07日

近藤・土方が歩いた布田道、里山と谷戸を行く

6月26日(日)、近藤・土方らが歩いた布田道の続き。
変電所や墓苑のある道を降りて左に進むと、そこはもう川崎市麻生区黒川。
自分の日常的なウォーキングエリアのひとつに戻ってきました。

それでも、柿生発電所は初めて見たし、その手前角に石仏があることにも
今回初めて気がつきました。

sekibutsukurokawa




















いつもの道じゃつまらないので、反対の方角に寄り道してみます。
黒川海道と呼ばれるこの道、さびしいけれど一応整備はされているようです。
この先を登って行くと、黒川高区配水池というものがあるようです。
そこは、尾根沿いの防人の歩いた道(よこやまの道)に繋がっているのでしょう。

kurokawa4michi



















時刻は17時半。
周りはまだ明るいけれど、山中は暗いので進むのをやや躊躇します。
と、そのとき、こんな警告が!!

マムシ! Poisonous Snakes!

蒸し蒸しする季節なので、いつ藪から出てくるかもしれません。
というわけで、マムシ怖さに、引き返すことにします。

poisonus snake



























布田道に戻る道すがら、田んぼの脇に、紫陽花。

ta_ajisai



















その先には、カボチャ畑。

pumpkin


















こちらは、梨園を見下ろしたところ。
稲城もそうですが、ここ川崎市麻生区黒川の谷戸では梨栽培がさかんです。

nashi_orchard



















立派な梨が育っています。

pears



















そして、こちらは、柿。

kaki



















で、トマト。

tomato





















布田道の黒川の最後(最初?)の地点には汁守神社があり、その向かいには、
農協の農産物直売所「セレサ川崎」があります。

近藤勇や土方歳三がここを歩いた150年前にも道沿いの農地が
耕されていたのでしょうか。
果樹栽培はもっと後から始まったのかもしれません。

いずれにしても、今でも淋しいので、当時は?

あるいは、小野路に集まった物資を調布の布田に運搬する道だったので、
かえって、もっと人の往来があったのかもしれません。
ひっそりと静まり返ってしまったのは、近年のことかもしれません。

ここは、東京都と神奈川県の境界線の近くで、
小田急電鉄の黒川、もしくは、京王電鉄の若葉台が最寄駅となります。

小田急電鉄の、はるひ野駅も目と鼻の先にありますが、
それは、ここ8〜10年あまりの間に急激に宅地造成されたところです。

私が引っ越してきた15年前には、昼でも歩くのをためらうような
淋しい淋しい谷戸が、黒川のあちこちに点在していました。
今でもその点では、変わりないと思います。

だた、周辺の宅地化がめざましいというだけです。
こののどかな里山の風景を後世に残していきたいです。


最後までお読みいただき、ありがとうございます!
よろしければ、1日1回、下記のいずれかのバナーをクリックしていただけると、
励みになり、とっても嬉しいです☆

にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へにほんブログ村 子育てブログ 大学生以上の子へにほんブログ村 アウトドアブログ ハイキングへ