2016年06月28日

家康柩御成道と古代中世の古街道を歩く

6月26日(日)、我が家の近くの「家康御成道」を歩く。
御成道とは家康の遺骨柩を久能山から日光へ搬送する千人行列が通った道のこと。

まずは、相模国から武蔵国の全体が見渡せる概観図。
このうち、太い横向きの赤い破線が、我が家のある多摩丘陵一帯。

kantokodo





























このうち多摩丘陵に焦点を当てると、下の図に。
幾筋もの尾根が走っていて、鎌倉街道、旧鎌倉街道、鎌倉裏街道、
奥州古道、奥州廃道、古代東海道、日野往還、瓜生黒川往還、布田道などが通り、
家康柩の御成道は、これらの道とあちこちで重なる。

tamakaidos



























70年代から入居が始まった多摩ニュータウンの造成により、
これらの旧街道は昔の姿を失ってしまったものの、あちこちにその遺構が存在。

我が家からもっとも近い「よこやまの道」(画像の緑のベルト)は古代東海道
ないしは古代の軍事道と一部重なり、多摩市と町田市の境の一本杉公園あたりで、
家康の御成道と交差。

yokoyamamap



















万葉集に収録された、防人の妻が詠んだ和歌が、よこやまの道を象徴する。

akakomawo




















さて、肝心な家康の御成道は、多摩ニュータウンの団地の中のそこここに、
それらしいと思われる道が残っているものの、何より絶対的に感動的なのは、
町田の小野路にあるピアノカフェ・ショパンの裏山に忽然と姿を現す道だ。

chopincafe

























これが、それ。

onarimichichopin




























そして、一本杉公園の池のほとりの山の藪をかきわけたところ、
真下に姿を見せた道も、それ。

ipponsugi_ieyasumichi


















ぐるぐる歩き回って、小野路の小島邸(小島資料館)の前に出た。
近藤勇らが出稽古に通った、小野路の名主、故小島鹿之助の家だ。
小島鹿之助は新撰組の強力な支援者だった。

この日は休館日なので入れない。
本来ならばここで終わったはずのウォーキングが、さらなる展開を見せる。
そうゆうところがすごいと、我ながら感心。

kojimashiryokan


















最後までお読みいただき、ありがとうございます!
よろしければ、1日1回、下記のいずれかのバナーをクリックしていただけると、
励みになり、とっても嬉しいです☆

にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へにほんブログ村 子育てブログ 大学生以上の子へにほんブログ村 アウトドアブログ ハイキングへ