2016年05月31日

気鋭のピアニスト川口成彦リサイタル

5月29日(日)、中野坂上のベーゼンドルファー・サロンへ、
気鋭のピアニスト川口成彦のリサイタルを聴きに行きました!
息子とは横浜の中・高在学中からの仲良しで、中・高のときはもとより、
息子がコンクールに参加した大学生のときもピアノ伴奏をしてくれました。

東京芸術大学楽理科、同大学院古楽科を経て、現在アムステルダム音楽院
古楽科修士課程に在学中。
現代のピアノのみならず、フォルテピアノやチェンバロ、クラヴィコードといった
歴史的な鍵盤楽器を用いて演奏活動を展開。
第一回ローマ・フォルテピアノ国際コンクール優勝。

中学時代には我が家にお泊まりにきて、既に当時から素晴らしい演奏を
聞かせてくれたものです。

naru_0529s


























2年ぶりに会った川口君はますます魅力あふれる演奏家に成長し、
清純、誠実な人柄もあいまって、素敵で、まぶしくて、直視できなかった〜(汗)

グリーグで始まり、モーツァルト、シューベルト、ショパン、プーランク、
グラナドス、フランクを経て、グリーグで終わる、多彩なプログラム構成。

超絶技巧の連続でしたが、その間にも、静かな小さな音ひとつをとっても、
そのタッチと息づかいは見事で、抒情豊かな余韻をいたるところ残していました。

選曲にあたっては、作曲者が27歳の彼と同年代のときに書いた作品という点に
注目し、等身大の青春を表現しようとする試みでした。

アンコール曲のひとつ、グリーグの「トロルドハウゲンの婚礼の日」は、
聖光学院中高時代の思い出そのものでした。

2年前に書いた記事「音楽の道とサラリーマンの道、歩む道は違うけれど」
ぜひ併せてお読みください。

この日使用したピアノは、1909年製ベーゼンドルファー Model250(92鍵)

boesendorfer
















最後までお読みいただき、ありがとうございます!
よろしければ、1日1回、下記のいずれかのバナーをクリックしていただけると、
励みになり、とっても嬉しいです☆

にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へにほんブログ村 子育てブログ 大学生以上の子へにほんブログ村 アウトドアブログ ハイキングへ