2016年05月26日

如水会ウォーク&スタディ2-東京都埋蔵文化財センター

5月22日(日)、如水会の支部イベント2は、東京都埋蔵文化財センターへ。
何年か前に自分でも行ったことがあるのですが、
今回は学芸員の方から解説を受けることができたので大変勉強になりました。

我が家から見えるのと同じ富士山と丹沢山地を望む多摩ニュータウンの上に
展示されている棒グラフが、時代ごとの遺跡の分布を示しています。
真ん中より左の、赤やピンクが緑が、縄文時代
真ん中より右の、紫系が、奈良・平安時代

これからわかるように、弥生時代と古墳時代には人口が激減し、
奈良時代から平安時代にかけて、人口が急増しています。

画像の下の平らな丘は、竪穴住居のある縄文集落のイメージ図です。

tamanewtown



























『南多摩 発見伝 丘陵人の宝もの(遺跡から見た多摩丘陵の歴史)』
という特別展に焦点を当てて解説を受けました。

flyer






















出土品の中で特に印象に残ったのが、つい先ほど歩いてきたばかりの
稲城市大丸の大丸城跡遺跡から発掘された、経筒とその中身です。

末法思想が流行した平安時代の11世紀ごろ、上流階級の人々は、
こぞってさかんに写経をして、筒や甕などに収めて、祈ったと言われます。
そのルーツは藤原道長に遡るようです。

写真下、手前に見える、ギザギザしたものが、大丸城跡遺跡で見つかった
経筒の中身、つまり写経されたものです。
写真では分かりづらいのですが、実物でははっきりと文字が見えました。

kyozutsu























それでは、外に出てみましょう。
縄文時代の竪穴住居が並んでいます。

tateana
















竪穴住居の中で焚き火を囲んで座ります。
縄文人の一家団欒を思い描いてみましょう。

tateanafeuer

















屋根の内側はきっとこんな感じだったのだろうなあと想像してみます。
屋根は萱で葺いていたとしても上に土をかぶせていた可能性もあるそうです。

縄文時代の平均寿命は男性30歳前後、女性25歳前後と推定されているとのこと。
女性の寿命が男性より短いのは、お産のせいではないかと想像します。

竪穴住居内部2s


















多摩は、防人、東国武士団、鎌倉滅亡、新撰組など、さまざまな歴史が残る
興味の尽きない土地です。これを機に、さらにこの地区を隅々まで歩いてみたいと
心から思った次第です。

イベントの締めくくりは、多摩センター駅のお寿司屋さんでの懇親会。
昼からビールやお酒を飲んで、お寿司屋さんのフルコースを楽しみました〜

sushi



















最後までお読みいただき、ありがとうございます!
よろしければ、1日1回、下記のいずれかのバナーをクリックしていただけると、
励みになり、とっても嬉しいです☆

にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へにほんブログ村 子育てブログ 大学生以上の子へにほんブログ村 アウトドアブログ ハイキングへ