2011年02月19日

中受生徒の快挙と、子供に勉強教わる

「僕の生徒、中学入試で、快挙をやってくれたー!!」
子供が算数の個人指導をしていた男の子の第一志望校補欠合格ニュースが入り、
結果、挑戦のつもりで受けた1校を除いて、5校全部に合格できました。
中学入学後は、引き続き、数学を教えることになりそうです。

そんな子供に、一昨日、代ゼミ模試の二次関数を教えてもらいました。
定義域に、いきなり、見たこともない、 t ≦ x ≦ t + 2  が出てきて、
解説書を読んでもちんぷんかんぷんだったので、助けを求めたのです。

わかりやすく教えてくれたので、「お前、教え方うまいねえ!!」と言うと、
「だから、塾講やってるでしょ!」と言われてしまいました。

講師の適性がありそうな子ですが、今は自ら、世界史、物理、倫理に取り組み中。
世界史なんか、停滞、中断ばかりの母親を、とっくに追い越したことでしょう。