子育てと仕事と音楽と生涯学習
m2_ozehiuchigatakem2_fujisunrise_m








2016年09月05日

楽しかった色々なこと(7月−9月)♪

ブログを更新していないので、何人ものお友達からメールをいただきました。
ご心配いただきありがとうございます!
元気そのもので、楽しいことがいっぱいありました。
楽しかった思い出の写真を少し、下の方に貼り付けます♪

更新できなかった理由:
iPhoneのicloud不調により画像をPCに同期するのが非常に困難なこと、
iPhone内に画像がたまり過ぎて、本体の「storage不足」状態が続いていること、
そうこうするうち、書きたい新しい出来事が次から次へと増えていくので、
処理しきれなくなったこと、
facebookならそれらの苦労がないので、専らfacebookをやっていたこと、etc.

この夏に行なった主なイベントは、
南木曽から妻籠・馬篭・妻籠の中山道往復ハイキング、
恵那の岩村城址ハイキング、
名古屋の秀吉・清正資料館と名古屋能楽堂、
アメリカやドイツの団体との長めのツアー、
イタリアから来日した友達との炎天下の多摩ウォーキング、
『吾妻鏡』勉強会、
能装束の虫干し見学会、
金春流・観世流合同の能楽イベント、
砂川闘争に関する展覧会と映画、
長唄三味線の浴衣会、

そして、またドイツの団体との長めのツアーを昨日関西空港で終了し、
帰り道に、伏見の稲荷山に登って、豊橋の吉田城址で吉田文楽と薪能を観て、
今朝未明に帰ってきました。

長唄三味線の浴衣会
浴衣であっても、袋帯に帯締・帯揚、そして足袋と草履です。

yukataobi


























ドイツの団体と諏訪の旅館で

tour


















妻籠から馬篭峠に到着。
ここから先、馬篭宿まで歩き、ピストンして大妻籠の旅館に宿泊。

magome pass




















馬篭宿からの恵那山の眺めは最高!

mt ena





























岩村城址。
岩村駅から15分ほど歩いた後、城址は山頂にあるので、登りが大変。

iwamura





















武田修能館で行なわれた能装束の虫干し見学に参加。

nocostume



















金春流と観世流の合同での能楽イベントにも参加♪
facebook友達の能楽師さん達にお会いできました☆

konparukanze




















府中市美術館で行なわれた、砂川闘争に取材した郷土の画家の作品展、
「燃える東京・多摩 画家・新海覚雄の軌跡」を見に行き、
砂川事件を描いたドキュメンタリー映画を見ました。

sunagawa


























昨日の朝は、関空で仕事が終わると、その足で京都の伏見に立ち寄り、
稲荷山に登りました。

fushimiinariyama


























稲荷山の後、京都から新幹線で豊橋に行き、
吉田城址での吉田文楽と薪能を鑑賞。

yoshidabunraku


























吉田城址への夜道を照らすのは、豊橋にある東海道二川宿の灯篭。
いつかまた三河へ行けたら、二川宿に寄ってみたいです。

二川宿


























最後までお読みいただき、ありがとうございます!
よろしければ、1日1回、下記のいずれかのバナーをクリックしていただけると、
励みになり、とっても嬉しいです☆

にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へにほんブログ村 子育てブログ 大学生以上の子へにほんブログ村 アウトドアブログ ハイキングへ  

2016年07月12日

のどかな里山ウォーキング(黒川の谷戸)

多摩丘陵に定住し、ここで老後を送ることに、何の不足もない。
神奈川県川崎市麻生区黒川の里山。
東京都の町田市、多摩市、稲城市との県境であり市境である。
ここには、日本の原風景がふんだんに残っている。

kurokawa_satoyama



















谷戸に広がる麦畑や田んぼを渡る風が爽やか。
穂を撫でていく風の仕草に見とれて、しばし佇んでしまう。

kurokawa_satoyama2



















ここの尾根は分水嶺で、あちら(南西・町田)側に流れる水は鶴見川に、
こちら側(北東)に流れる水は三沢川となり、黒川から先は稲城市内を流れて、
川崎市多摩区布田で多摩川に注ぐ。

その三沢川の源流が、ここ神奈川県と東京都の県境・市境あたりにある。
電源開発(Jパワー)西東京変電所(東京都町田市真光寺)の北側になるが、
あたりは、ケモノ道?ばかり?っぽい。

源流が見たくて黒川から歩いてみても、ここから先は入れない。
写真の左を流れるのが、確認できた最後の地点で、源流の直前。

misawagawa



















それにしても残念。
このあたりの三沢川はどぶ川で、安全対策と不法投棄防止のために、
網のフェンスでおおわれてしまっている。

不法投棄監視中の警告と並んで、参議院比例代表・自民党の選挙ポスター。
この写真を撮ったのは選挙に行く日だったので、今は外されているかも。

misawagawa_warning



















リンゴ畑。
ここでは、柿、梨、リンゴ、トウモロコシ、里芋、サツマイモ、トマト、ナス、
キュウリ、カボチャなど、たくさんの果物や野菜が、元気に育っている。

ringonoki



















どちらを向いても絵になる。
近藤勇や沖田総司や土方歳三が歩いた布田道がこの山の上を通り、
あの道、その道、この道、どれをとっても、行く先には感動が待っている。

多摩丘陵に住んで15年。
とりわけ、ここ黒川から小野路にかけての里山は、
歩けば歩くほど、新しい発見、感動に満ちあふれ、飽きることがない。

kurokawa_satoyama3



















最後までお読みいただき、ありがとうございます!
よろしければ、1日1回、下記のいずれかのバナーをクリックしていただけると、
励みになり、とっても嬉しいです☆

にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へにほんブログ村 子育てブログ 大学生以上の子へにほんブログ村 アウトドアブログ ハイキングへ  

2016年07月07日

近藤・土方が歩いた布田道、里山と谷戸を行く

6月26日(日)、近藤・土方らが歩いた布田道の続き。
変電所や墓苑のある道を降りて左に進むと、そこはもう川崎市麻生区黒川。
自分の日常的なウォーキングエリアのひとつに戻ってきました。

それでも、柿生発電所は初めて見たし、その手前角に石仏があることにも
今回初めて気がつきました。

sekibutsukurokawa




















いつもの道じゃつまらないので、反対の方角に寄り道してみます。
黒川海道と呼ばれるこの道、さびしいけれど一応整備はされているようです。
この先を登って行くと、黒川高区配水池というものがあるようです。
そこは、尾根沿いの防人の歩いた道(よこやまの道)に繋がっているのでしょう。

kurokawa4michi



















時刻は17時半。
周りはまだ明るいけれど、山中は暗いので進むのをやや躊躇します。
と、そのとき、こんな警告が!!

マムシ! Poisonous Snakes!

蒸し蒸しする季節なので、いつ藪から出てくるかもしれません。
というわけで、マムシ怖さに、引き返すことにします。

poisonus snake



























布田道に戻る道すがら、田んぼの脇に、紫陽花。

ta_ajisai



















その先には、カボチャ畑。

pumpkin


















こちらは、梨園を見下ろしたところ。
稲城もそうですが、ここ川崎市麻生区黒川の谷戸では梨栽培がさかんです。

nashi_orchard



















立派な梨が育っています。

pears



















そして、こちらは、柿。

kaki



















で、トマト。

tomato





















布田道の黒川の最後(最初?)の地点には汁守神社があり、その向かいには、
農協の農産物直売所「セレサ川崎」があります。

近藤勇や土方歳三がここを歩いた150年前にも道沿いの農地が
耕されていたのでしょうか。
果樹栽培はもっと後から始まったのかもしれません。

いずれにしても、今でも淋しいので、当時は?

あるいは、小野路に集まった物資を調布の布田に運搬する道だったので、
かえって、もっと人の往来があったのかもしれません。
ひっそりと静まり返ってしまったのは、近年のことかもしれません。

ここは、東京都と神奈川県の境界線の近くで、
小田急電鉄の黒川、もしくは、京王電鉄の若葉台が最寄駅となります。

小田急電鉄の、はるひ野駅も目と鼻の先にありますが、
それは、ここ8〜10年あまりの間に急激に宅地造成されたところです。

私が引っ越してきた15年前には、昼でも歩くのをためらうような
淋しい淋しい谷戸が、黒川のあちこちに点在していました。
今でもその点では、変わりないと思います。

だた、周辺の宅地化がめざましいというだけです。
こののどかな里山の風景を後世に残していきたいです。


最後までお読みいただき、ありがとうございます!
よろしければ、1日1回、下記のいずれかのバナーをクリックしていただけると、
励みになり、とっても嬉しいです☆

にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へにほんブログ村 子育てブログ 大学生以上の子へにほんブログ村 アウトドアブログ ハイキングへ  

2016年07月06日

近藤・土方が歩いた布田道を逆(小野路)から

6月26日(日)、「家康柩・御成道」ウォーキングの帰り道、
せっかくなので、近藤・土方らが小島家への出稽古で歩いた「布田道」を、
復路コース(つまり調布方面へ帰るときのルートとして)歩いてみました。

小野路の小島資料館の近くで街道を外れて山中に入ると、まずは切通し。

sekiyakiridoshi



















8分ほど歩くと、「布田道」(Fudamichi Path)と書いた道標が現れます。

fudamichi



















ここで、視界が明るくなり、田園風景が広がります。

fudamichihatake


















さらに行くと道が分岐しますが、これはその地点を振り返って撮ったもの。
次に来るときには逆コースで来るので、その分岐点を記憶しておくためです。

fudamichi2


















さらに7分ほど歩くと、交通量のある現在の鎌倉街道の別所。
「布田道」はここで、街道を渡り、真光寺地区へと入っていきます。
(あくまでも、出稽古から帰るときの復路として書いています)

ただし、この画像は、今来た方向を振り返って撮ったもの。
次に来るときには、この方向へ歩いていくからです。

家の近所だけれど、まだ十分に歩き切っていない道に人を案内するには、
どの方向から歩いても大丈夫なように下見しておく必要があります。

新選組のために毎年来日する外国人女性と来月この道を歩くからです☆

kamakurakaido




















さて、とても悩ましい五叉路の登場。
道標がない上、持っていたイラスト地図も不明瞭なので、思わず唸った。
ちなみに、ここは富士山がよく見える眺望地点です(この日は見えず)。

4ways






















さて、右に進路をとり、途中から左の山道に折れると、ますますあやしい。
幸い、山合いの猫の額ほどの土地で農作業しているおじさんを見つけたので、
変電所、つまり布田道の続く方角を尋ねると、「この先だよ!」とのこと。

それにしても、「この先」の道が、人が入り込める道には見えなかったので、
おじさんの言ったこと、果たして本当なのかしら?と、不安がよぎる。

が、敢えて進むと、いきなり視野が明るく開け、変電所が現れました!!
電源開発株式会社(J パワー)の西東京変電所です。

jpowerhendenjo


















変電所の下の狭い谷合いには、農地が広がっていました。
近藤・土方らは、変電所が建っていなかった150年前に、こんな里山を、
いや、もっと十倍も寂しい山道を歩いて、出稽古に通ったのでしょう。

jpowerhatake


















さて、三度目の道の不安!
変電所のフェンスの先に「布田道」は続いているはずなのに、
フェンスが終わるところが、またまた、けもの道みたい!!

こんなところに入り込んで大丈夫かしら?
でも、これより他に道はないしなあ・・・ (・。・;)

jpowerfudamichi



















一見あやしげな道も少し行くと普通の道になり、ひと安心(^−^)

fudamichi3



















そして、ついに、「この道で正しかった!」と確信が持てた、道標。
「新選組 近藤・土方の歩いた道  布田道」

何でもっと早く現れてくれなんだ?!

fudakondohijikata



















道標の隣りには、お地蔵様が佇んでいます。
近藤・土方らも、このお地蔵様に見守られて歩いたのでしょうか?

ちなみに、この地点は、東京多摩霊園と町田いずみ浄園の境界なので、
写真の柵の向こうは、すべてお墓です(・。・;

昼でも歩くのをためらうぐらいだから、夜はこわくて歩けないね〜

この後、布田道は、イラスト地図では途切れているのですが、
おそらく、川崎市麻生区の黒川の汁守神社の方へと続くはずです。
こうなれば、我が日常生活の行動範囲内。

でも長くなるので、続きは次回ということで。

jizo






















最後までお読みいただき、ありがとうございます!
よろしければ、1日1回、下記のいずれかのバナーをクリックしていただけると、
励みになり、とっても嬉しいです☆

にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へにほんブログ村 子育てブログ 大学生以上の子へにほんブログ村 アウトドアブログ ハイキングへ  

2016年06月30日

今日の富士山(明日山開き)&ほうとう

スウェーデンのお客様のアテンド2日目は富士山五合目(スバル口)。
下界からは何も見えなかったのに、五合目では青空(^−^)
山開きを明日に控え、今夜五合目の神社で安全祈願のお祭りがありました。
真っ赤な富士山をかたどったお神輿の写真が下に続きます。

fujisan30062016


















fujimikoshi














昼食は、河口湖大橋の向こうの「ほうとう不動」で、ほうとう。
そして、今夜は箱根の温泉旅館に泊まっています♪

hotofudo

















最後までお読みいただき、ありがとうございます!
よろしければ、1日1回、下記のいずれかのバナーをクリックしていただけると、
励みになり、とっても嬉しいです☆

にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へにほんブログ村 子育てブログ 大学生以上の子へにほんブログ村 アウトドアブログ ハイキングへ  

2016年06月28日

家康柩御成道と古代中世の古街道を歩く

6月26日(日)、我が家の近くの「家康御成道」を歩く。
御成道とは家康の遺骨柩を久能山から日光へ搬送する千人行列が通った道のこと。

まずは、相模国から武蔵国の全体が見渡せる概観図。
このうち、太い横向きの赤い破線が、我が家のある多摩丘陵一帯。

kantokodo





























このうち多摩丘陵に焦点を当てると、下の図に。
幾筋もの尾根が走っていて、鎌倉街道、旧鎌倉街道、鎌倉裏街道、
奥州古道、奥州廃道、古代東海道、日野往還、瓜生黒川往還、布田道などが通り、
家康柩の御成道は、これらの道とあちこちで重なる。

tamakaidos



























70年代から入居が始まった多摩ニュータウンの造成により、
これらの旧街道は昔の姿を失ってしまったものの、あちこちにその遺構が存在。

我が家からもっとも近い「よこやまの道」(画像の緑のベルト)は古代東海道
ないしは古代の軍事道と一部重なり、多摩市と町田市の境の一本杉公園あたりで、
家康の御成道と交差。

yokoyamamap



















万葉集に収録された、防人の妻が詠んだ和歌が、よこやまの道を象徴する。

akakomawo




















さて、肝心な家康の御成道は、多摩ニュータウンの団地の中のそこここに、
それらしいと思われる道が残っているものの、何より絶対的に感動的なのは、
町田の小野路にあるピアノカフェ・ショパンの裏山に忽然と姿を現す道だ。

chopincafe

























これが、それ。

onarimichichopin




























そして、一本杉公園の池のほとりの山の藪をかきわけたところ、
真下に姿を見せた道も、それ。

ipponsugi_ieyasumichi


















ぐるぐる歩き回って、小野路の小島邸(小島資料館)の前に出た。
近藤勇らが出稽古に通った、小野路の名主、故小島鹿之助の家だ。
小島鹿之助は新撰組の強力な支援者だった。

この日は休館日なので入れない。
本来ならばここで終わったはずのウォーキングが、さらなる展開を見せる。
そうゆうところがすごいと、我ながら感心。

kojimashiryokan


















最後までお読みいただき、ありがとうございます!
よろしければ、1日1回、下記のいずれかのバナーをクリックしていただけると、
励みになり、とっても嬉しいです☆

にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へにほんブログ村 子育てブログ 大学生以上の子へにほんブログ村 アウトドアブログ ハイキングへ  

2016年06月26日

朋之会のお能を見てきました

ぜんちどり?
『善知鳥』 ー これ、そう読むのかな?と思っていました。

先日の熊本地震義援能でチラシを見たことがきっかけて見に行った
朋之会のお能公演。
開演に先立ち武田宗典さんによる番組解説。
その中で、武田さんも「ふつうは読めないですね。」と、おっしゃっていました。

そんな読めない名前が大変多いお能の曲の中から、昨日は、
『小督(こごう)恐(かしこみ)之舞』、
『羽衣』、
『善知鳥(うとう)』
と、狂言『咲嘩(さっか)』を見せていただきました。

武田宗典さんの解説は、巧みにポイントをついた臨場感あふれるものでした!
おかげでより一層楽しむことができました。ありがとうございました!

それにしても、1時間半ほどのお能が3つと狂言1つで、5時間!!
4つのお能を一度に見られる宝生会の五雲会の6時間(!)よりは短いものの、
4時間も経つと、ふつうは集中力との闘いになります(汗)

幸いにして、最後の『善知鳥(うとう)』 は、
漁師に雛を取られて血の涙を流す母鳥と、生物の殺生を生業として地獄に落ちた
漁師のお話であり、地獄での凄惨な責め苦をイメージして観るように言われたので、
睡魔に襲われることなく見れました。

それにしても、シテ方、ワキ方、囃子方、演技の素晴らしさもさることながら、
凛としたその美しくも頼もしい姿・姿・姿は、目の保養にもなりましたわ〜  

hohnokai2506































最後までお読みいただき、ありがとうございます!
よろしければ、1日1回、下記のいずれかのバナーをクリックしていただけると、
励みになり、とっても嬉しいです☆

にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へにほんブログ村 子育てブログ 大学生以上の子へにほんブログ村 アウトドアブログ ハイキングへ